罠の戦争

罠の戦争|ネタバレ最終回ラスト結末まで!最後は復讐できる?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ドラマ『罠の戦争』(2023年1月16日放送スタート)の各話あらすじ、視聴率などをまとめています。

Contents

ドラマ「罠の戦争」の全話あらすじネタバレ

第1話あらすじ

衆議院議員・犬飼孝介(本田博太郎)の第一秘書を務める鷲津亨(草彅剛)が、忙しく飛び回り、献身的に仕える。

鷲津の過去

奨学金の返済が始まった頃、会社が倒産。

途方にくれているとき、犬飼が助けてくれたから、今の暮らしがある。

犬飼は「本当は温かい人だ」と信じていた。

ある日、大臣就任後初の政治資金パーティーが行われる。

蛯沢眞人(杉野遥亮)

不穏な動きを見せる青年・蛯沢眞人(杉野遥亮)が招待客に紛れ込み、

手には生卵を持ち、犬飼の様子をうかがっていて・・・。

泰生(たいき/白鳥晴都)が意識不明の重体に

そんな中、鷲津亨の息子・泰生(たいき/白鳥晴都)何者かによって歩道橋から突き落とされ、

脳の出血があり意識不明の重体だと知らせが入る。

見舞いにきた犬飼は、

「不幸な事故だった。謝って歩道橋から落ちた。

そういうことにしてくれ。」

と言う。

さらに、これを飲まなければ、家族は露頭に迷うぞと脅迫する犬飼。

「分かりました。」

と答える亨の心には、復讐心が燃え上がる!!

罠の戦争【1話ネタバレ感想】面白いと大絶賛!草なぎ剛の演技が最高!

 

第2話あらすじ

泰生(白鳥晴都)が歩道橋から突き落とされた事件をもみ消そうとする犬飼(本田博太郎)に、激しい怒りの炎を燃やす亨(草彅剛)は、

息子の命を軽んじた犬飼を失脚させようと決意。

政策秘書の虻川(田口浩正)を排除する

私設秘書の梨恵(小野花梨)、新人秘書の眞人(杉野遥亮)の協力を得て、

まずは大臣の懐刀である、政策秘書の虻川(田口浩正)を排除する作戦に打って出る。

裏帳簿

亨は、虻川の生命線ともいえる裏帳簿を何とかして手に入れようと画策。

眞人は仕事を教わる名目で、朝から虻川と一緒に犬飼の地元へ。

一方の虻川は、亨が自分を陥れようとしていることをすでに察知していた。

そして、亨が雑誌記者の熊谷由貴(宮澤エマ)と手を組み、

犬飼の息子・俊介(玉城裕規)の不正を暴こうとしていることを知った虻川は…。

 

罠の戦争【2話ネタバレ感想】パワハラ虻川と犬飼のバカ息子を潰す!

 

第3話あらすじ

鷹野(小澤征悦)の調べによると、泰生(白鳥晴都)の一件は当初、事件として捜査されていたが、何者かの圧力により事故扱いになったという。

亨(草彅剛)は犯人を探し始めるは、犬飼はそれに気づき阻止する。

永田町では、亨(草彅剛)は虻川(田口浩正)に変わって政策秘書へと昇進し、犬飼の政治生命を絶つために必要な材料を集めようと、「裏帳簿」を調べ始める。

犬飼俊介(玉城裕規)

裏帳簿には、事務所資金が俊介(玉城裕規)のために私的流用されていることが記されていた。

お坊ちゃん気質なうえに気が短い俊介は、逆上してあちこちで暴力沙汰を起こし、そのたびに示談金を支払って解決していたのだ。

俊介が逆恨みで暴力を振るったことを知った亨は、すぐさま泰生の事件を思い出し、その脳裏には、ある疑惑が。

運転手の牛尾(矢柴俊博)に目をつけ、事件当日の犬飼親子の様子を聞き出そうとするが失敗する。

そんな中、鶴巻憲一(岸部一徳)ら有力者との会合の場で、犬飼は亨を罵倒し頭からワインをかける。

ちょうどその頃、俊介、犬飼の悪行が明らかになり親子で警察のメスが入る。

鷹野は、いまこそ亨に「政界に進出して力を持て」と進言する。

罠の戦争【3話ネタバレ考察】裏帳簿と犬飼の息子の秘密

 

第4話あらすじ

「権力をふりかざす奴と闘いたいなら、お前も力を持て」――。

鷹野(小澤征悦)から、次の総選挙で犬飼(本田博太郎)の地盤を継いで出馬するよう打診された鷲津(草彅剛)

犬飼が事実上の引退に追い込まれ、犬飼の息子を差し置いて選挙に立候補することになった亨。

鶴巻(岸部一徳)からも党の公認を約束されるが、肝心の選挙資金が足りない。

鶴巻と鷹野は、地元の有力者で後援会長の鰐淵益男(六平直政)を味方につけるよう助言するが、取り付く島もない。

亨は、後援会長の母親が徘徊し川に入るの捨て身で助け、後援会長にを味方につることに成功する。

 

数日後、鶴巻のパーティーに向かう亨と可南子に、

鴨居と鷹野(小澤征悦)は、「永田町へようこそ」と、もう後戻りできないと歓迎し・・・。

犬飼の息子・俊介は、「俺が出馬するはずだったのに!」と騒ぎ立て、バカ息子をつまみ出せと指示する鶴巻。

ついに衆議院が解散し、総選挙がスタート。

そんな中、蛍原(小野花梨)は、蛯沢(杉野遥亮)の兄が融資の相談に来た時に対応し「善処します」と答えたのは亨だったことに気づき・・・。

罠の戦争【4話ネタバレ考察】亨が選挙に出馬!犯人は大物の中に?

 

第5話あらすじ

泰生(白鳥晴都)を突き落とした犯人を明らかにするため、正式に出馬を決めた鷲津(草彅剛)だったが、

その矢先、対立候補として人気フリージャーナリストの有馬保奈美が現総理の竜崎(高橋克典)側から立候補。

 

鶴巻(岸部一徳)は、突如現れた刺客にいまいましそうな表情を浮かべる。

翌日、鶴巻から選挙資金として500万を渡された亨は、それが罠だと気づき、事務所内にスパイがいること、そして警察を動かせる猫田正和(飯田基祐)が糸を引いていると察する。

罠をくぐり抜け、亨は、見事選挙に当確!

議員になった亨は、警察で息子の事件を調べてくれと直訴するが、

「本当に敵に回したらいけない相手は総理ではなく、弦巻幹事長だ」

と気づくことに・・・。

引用:https://www.fujitv.co.jp/b_hp/wana/index.html

罠の戦争【5話ネタバレ考察】総理竜崎(高橋克典)の刺客とは?!

 

第6話あらすじ

晴れて代議士となった鷲津(草彅剛)は、泰生(白鳥晴都)の事件の隠ぺいを指示した人物が鶴巻(岸部一徳)だと知り、弦巻の身辺を探り始める。

弦巻がお忍びで訪れている場所に「秘密」があると察した鷲津亨は、熊谷由貴(宮澤エマ)の助けを得て、弦巻が医師の家を訪れ、政治家として致命的な体調不良を隠しているていることを知る。

 

さらに、竜崎総理(高橋克典)から、息子・たいき(白鳥晴都が突き落とされたあの日、

幹事長(弦巻)は急に予定をキャンセルして、幹事長室で朝まで誰かと密談していたと聞く。

事件当日の防犯カメラをチェックすると、幹事長室に入っていく鴨井(片平なぎさ)の姿があり・・・。

 

その頃、犬飼(本多博太郎)が失脚したことで亡き兄の復讐(ふくしゅう)を果たしたはずの眞人は、亨についていくと決心する。

罠の戦争【6話ネタバレ】本当の敵は弦巻幹事長!

 

第7話あらすじ

鴨居大臣(片平なぎさ)に、20代の息子・鴨居フミヤがいることが判明。

息子は高校時代に暴力事件を起こしていることも。

鷲津は鴨居の息子が犯人だと確信する。

 

しかし、弱者の支援に力を入れる鴨井を心から尊敬している可南子(井川遥)には、本当のことを言い出せない。

 

熊谷由貴(宮澤エマ)の聞き込みにより、事件当日、「OL風の女性」がたいきくんがつき落とされるところを見たと言っていた証言を得る。

鷲津亨は、鴨居大臣に罠をしかける。

鴨居大臣は、息子が犯人だと全てを認め「贖罪」するが、

私以外に、男社会の永田町で総理になれる人間がいる?

息子を告発したいならどうぞと切り捨て・・・。

罠の戦争|考察!弦巻幹事長と鴨居の関係は?【7話ネタバレ】

 

第8話あらすじ

鴨井(片平なぎさ)の地位をおびやかす鷲津(草彅剛)の行動をこれ以上見過ごせないと判断した鶴巻は、

鷲津を永田町から排除するよう鷹野(小澤征悦)に命じる。

そんな中、ついに息子たいきが目が意識を取り戻す!

鴨居大臣(片平なぎさ)が病室を訪れ、息子文哉(味方良介)の罪を謝罪する。

そんな中、鴨居の息子・文哉(味方良介)がやってきて・・・。

文哉の気持ちを十分理解した鴨居大臣は、涙を流す。

 

本格的に鷲津潰しにかかる弦巻幹事長は、鷲津に一番近い人物「鷹野(小澤征悦)」にその任務を任せる。

しかし、鷹野は、あくまでも鷲津の味方。

「二人で倒すぞ!」

と弦巻を幹事長の座から引きずりおろし、古い政治を一新することを誓うが・・・。

弦巻幹事長の罠にかかり、大ピンチを迎えた鷲津亨。

そんな中、鴨居大臣が議員辞職すると緊急会見を行い・・・。

罠の戦争【8話ネタバレ考察】弦巻との全面戦争勃発!たいきが目覚める?!

 

第9話あらすじ

鴨井(片平なぎさ)が、泰生(白鳥晴都)を転落させたのは息子の文哉(味方良介)だと公表し、議員を辞職。

名前こそ出さなかったものの、鶴巻(岸部一徳)が警察に圧力をかけたことをにおわせたため、永田町には激震が走り、対応に追われる鶴巻派は大混乱。

鷲津(草彅剛)を追い詰めた矢先、鴨井に足元をすくわれる形となった鶴巻は、思わぬ事態に苦々しい表情を浮かべる。

幹事長をつぶすなら今しかない――。

鶴巻が事件の隠ぺいに関与していたことを裏づけ、追いうちをかけたい鷲津は、鶴巻が口封じに更迭させたと思われる事件の管轄署の元署長・辰吉から証言をとるべく、その行方を追う。

 

一方、世論の反発が高まったことを受け、クリーンな政治を印象づけたい竜崎(高橋克典)は、一連の疑惑を徹底的に調査すると報道陣の前で明言。

事実上、総理が味方になったといっても過言ではない状況に、追い風を受けた鷲津は…。

引用:https://www.fujitv.co.jp/b_hp/wana/index.html

罠の戦争【9話ネタバレ考察】鷲津亨の不気味な笑みで四面楚歌に!

 

第10話あらすじ

内閣総理大臣補佐官に抜てきされた鷲津(草彅剛)は、総理のお墨付き議員として躍進するが、ある日、週刊誌に政治資金規正法違反の疑いを取りざたされ、流れは一変。

政界内には怪文書が出回り、立場が危うくなる。

鷲津は、幹事長を退いた鶴巻(岸部一徳)の仕業だとにらみ、虻川(田口浩正)が鶴巻の私設秘書として永田町に戻ってきたことにも一抹の不安を覚える。

しかし、竜崎(高橋克典)のある一言で、いつの間にか芽生えた政治家としての野心に火がつき、今度こそ鶴巻を完全に排除すると竜崎に宣言する。

後日、由貴(宮澤エマ)が鷲津の留守中に事務所へやって来て、鷲津に頼まれたあるものを置いて帰る。

権力を使って記事をつぶされて以来、由貴は鷲津への信頼を失っていたが、ある思いから協力する気になったらしい。

しかしそれは、ある人物の差し金だった――!

鶴巻の不正を暴くことに躍起になる鷲津は、次第に代議士としての本来の職務をおろそかにするようになり、貝沼(坂口涼太郎)は愚痴をこぼす。

梨恵(小野花梨)眞人(杉野遥亮)もまた、怪文書の一件で、誰が事務所の内情をもらしたのか疑心暗鬼になっていた。

そして可南子(井川遥)も、多忙を理由に家庭を顧みず、人が変わったかのような夫に複雑な思いを抱いていて…。

引用:https://www.fujitv.co.jp/b_hp/wana/index.html

罠の戦争【10話ネタバレ考察】蛯沢眞人が全てを知り逆襲!?

 

最終話あらすじ

鷲津(草彅剛)を陥れるために怪文書をばらまいた犯人は眞人(杉野遥亮)だった。

その動機が、亡くなった兄の陳情を鷲津が取り合わなかったことだと察した梨恵(小野花梨)は、眞人に当時の状況を説明。

しかし眞人は、納得するどころか、秘書として尊敬できる先輩であり、ひそかに思いを寄せる梨恵が、真実を知りながら鷲津をかばっていたことにショックを受け、もう誰も信じられないと、ある場所へ向かう。

一方、副大臣のポストを逃したことで鷹野(小澤征悦)と決裂した鷲津は、総理官邸に呼び出される。

竜崎(高橋克典)によると、すっかり欲深くなった鷹野が、現在のポストに飽き足らず、さらなる権力を手にしようと竜崎の周辺をかぎまわっているという。

竜崎から、鷹野を黙らせるだけのスキャンダルをつかめと命じられた鷲津は、今後のためにもなんとか総理に恩を売ろうと、早速、梨恵に鷹野の身辺を探るよう指示。

すると梨恵は、やりきれない表情で、ある人物に相談を持ちかける。

息子・泰生(白鳥晴都)の事件をきっかけに、永田町にはびこる悪しき秩序を排除すべく国会議員にまで上り詰めた鷲津。

しかし、次第に権力という名の魔物に取りつかれ、さらなる力を欲するようになると、代議士・鷲津亨を支えてきた秘書や、志を同じくして闘ってきた鷹野や由貴(宮澤エマ)、そして可南子(井川遥)との関係にも異変が!?

権力にとらわれた鷲津に待ち受ける未来とは――!?

引用:https://www.fujitv.co.jp/b_hp/wana/index.html

罠の戦争【最終回ネタバレ】鷲津亨は議員を辞める?!ラスト結末は?

 

ドラマ「罠の戦争」の視聴率一覧

ドラマ「罠の戦争」の視聴率一覧です。

放送回 放送日 視聴率(%)
第1話 1/16 9.3
第2話 1/23 9.4
第3話 1/30 8.3
第4話 2/6 8.7
第5話 2/13 8.3
第6話 2/20 8.2
第7話 2/27 8.3
第8話 3/6 7.9
第9話 3/13 7.9
第10話 3/20 7.6
最終話 3/27 8.7

 

 

ドラマ「罠の戦争」のキャスト登場人物

鷲津亨(わしづ とおる)演 – 草彅剛

主人公。犬飼大臣の公設第一秘書。20年前、どん底に陥っていた時に手を差し伸べてくれた犬飼に恩義を感じ、身を粉にして誠心誠意尽くしてきた。息子・泰生の歩道橋での負傷を事故で済ませるよう犬飼から迫られ、泰生を負傷させたことを隠蔽しようした人物たちへの復讐を誓う。

鷲津家

鷲津可南子(わしづ かなこ)演 – 井川遥

亨の妻。

鷲津泰生(わしづ たいき)演 – 白鳥晴都

亨と可南子の息子。何者かに歩道橋から突き落とされ、瀕死の重傷を負う。

 

犬飼大臣とその関係者

蛯沢眞人(えびさわ まさと)演 – 杉野遥亮

議員秘書見習い。元植物学の研究者。犬飼を慕った兄が亡くなったことから、犬飼に恨みを抱いている。

蛍原梨恵(ほとはら りえ)演 – 小野花梨

私設秘書。高圧的な先輩秘書・虻川のパワハラ、セクハラに悩む。

貝沼永太(かいぬま えいた)演 – 坂口涼太郎

公設第二秘書。犬飼と虻川側の人間。

犬飼俊介(いぬかい しゅんすけ)演 – 玉城裕規

犬飼大臣の息子。大臣秘書官。父の後継者になるつもりでいる。お坊ちゃまでわがまま、すぐカッとなる性格。父の秘書も務めるが、仕事をしない。地元の建設会社から賄賂を受け取ったスキャンダルを記者の熊谷に嗅ぎつけられている。

虻川勝次(あぶかわ かつじ)演 – 田口浩正

政策秘書。犬飼大臣の言いなり。蛍原に対するパワハラ・セクハラが問題になる。亨の策略で蛍原へのパワハラを鴨井大臣が知ることとなり、更に熊谷に記事にされ追い込まれる。

牛尾光司演 – 矢柴俊博

専属運転手。

犬飼孝介(いぬかい こうすけ)演 – 本田博太郎

鶴巻派の内閣府特命担当大臣。面倒事は秘書に丸投げし、成功は自分の手柄、失敗は秘書のせいと考える。

民政党

竜崎始(りゅうざき はじめ)演 – 高橋克典

総理大臣。鶴巻(岸部一徳)の力で総理になれたとは思っていない。

猫田正和(ねこた まさかず)演 – 飯田基祐

竜崎総理の政務秘書官。

鴨井ゆう子(かもい ゆうこ)演 – 片平なぎさ

厚生労働大臣。鶴巻派の女性議員。初の女性総理大臣を狙う。差別もハラスメントも絶対に許さない。

鷹野聡史(たかの さとし)演 – 小澤征悦

鶴巻派の代議士。二世議員。亨とは旧知の仲。

鶴巻憲一(つるまき けんいち)演 – 岸部一徳

党の幹事長。鶴巻派のトップ。

小鳩莉子演 – 新原ミナミ

鴨井大臣の秘書。

石亀正弘演 – 村本明久

鶴巻憲一の秘書。

熊谷由貴(くまがい ゆき)演 – 宮澤エマ

悠談社「週刊新時代」の記者。亨から接触を図られ、息子を負傷させた犯人への復讐に協力することになる。

小鹿(こしか)演 – 水川かたまり(空気階段)

衆議院議員会館の事務員。
放送開始日 2023年1月16日スタート
放送日時 毎週月曜 夜10時【月10】
放送局 フジテレビ系列
脚本 後藤法子
音楽 菅野祐悟
エンディング 香取慎吾×SEVENTEEN「BETTING」
演出 三宅喜重
宝来忠昭
話数 10話

 

\2023年冬ドラマ/

https://kokodora.com/2022/12/11/getready_cast/

夕暮れに手をつなぐ【キャスト相関図】広瀬すず&永瀬廉ドラマは期待できる?ドラマ「夕暮れに、手をつなぐ」は、2023年1月よりTBS火曜ドラマ枠でスタートします! 広瀬すずさん主演で、永瀬廉さんとの共演が...
100万回言えばよかったのあらすじ原作脚本まとめ|佐藤健ドラマはいつから?ドラマ「100万回言えばよかった」が、2023年に放送されることが決定しました! 主演は、井上真央さんで、佐藤健さん、松山ケンイチさん...

https://kokodora.com/2022/12/21/hoshifuru_yoruni%e2%88%92cast/

https://kokodora.com/2022/12/19/themis%e2%88%92cast/

罠の戦争【キャスト相関図】草彅剛の復讐劇は登場人物が生き物シリーズ!2023年1月スタートの新月10ドラマは「罠の戦争」です。 主演は、草彅剛さんで、「銭の戦争」「嘘の戦争」に続くシリーズものになり...

https://kokodora.com/2022/12/18/ninja_cast/

https://kokodora.com/2022/12/16/sukisukiwanwan%e2%88%92cast/

https://kokodora.com/2022/12/20/hamaruotoko%e2%88%92cast/

リバーサルオーケストラ【キャスト相関図】門脇麦が天才バイオリニストに?新月9ドラマ「リバーサルオーケストラ」が2023年1月からスタートします! 主演は、門脇麦さんです。 地元のポンコツなオーケ...

\31日間の無料トライアル中に解約すれば料金は一切かかりません/


※この記事は執筆時点の情報です。詳細はU-NEXT公式サイトをご確認ください。

前の記事 次の記事

ABOUT ME
はるはる
ドラマライター歴10年。 脚本の勉強後、フリーランスのドラマライターとして活動。ドラマに関する記事を執筆中。 ドラマのネタバレや考察、展開予想をする際には、ドラマの脚本を勉強した経験を活かし、ドラマの裏側や制作意図を踏まえた考察を心がけています。 また、ドラマファンの視点に立って、ドラマの面白さや魅力をわかりやすく伝えることを大切にしています。 このブログでは、最新のドラマのネタバレや考察、展開予想を、いち早くお届けします。ドラマをもっと楽しむための情報を、ぜひお楽しみください。