ブギウギ

ブギウギ1月10日ネタバレ【69回】歌は生きるための力

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

朝ドラ ブギウギ【第69回】(1月10日水曜日放送)のあらすじとネタバレと、感想をまとめました。

\「U-NEXT」で朝ドラ「ブギウギ」をイッキ見!/

Contents

ブギウギ【第69回】(1月10日水曜日放送)あらすじ

劇場が再開。久しぶりの公演に、スズ子(趣里)は少し不安を抱えていた。

一方、りつ子(菊地凛子)も、慰問先の出来事が忘れられず、心に傷を負っていた。

引用:Gガイド番組表

ブギウギ【第69回】キャスト

【出演】趣里,菊地凛子,近藤芳正,水上恒司,陰山泰,えなりかずき,富田望生,国木田かっぱ,伊藤えん魔,山岡樹,奥本智海,成瀬潤,大村昇汰,土井大之,湯田歩夢,廣田昇平,水江琉斗,【語り】高瀬耕造

ブギウギ【第69回】ネタバレ(1月10日水曜日放送)

ラッパと娘が戻ってきた!

劇場が再開し、スズ子(趣里)たちが久しぶりの公演に臨む様子から始まります。

楽団員たちは曲順をワクワクしながら話し合います。

再開の第1曲目に選ばれたのは、戦争中に歌うことが難しかった「ラッパと娘」!!

ようやく制限なしに歌う喜びを抱えたスズ子は本番に向けてステージの感覚を思い出そうと努力しますが、同時に不安も抱えています。

一方、同じ公演に出演する茨田りつ子(菊地凛子)は、慰問先の鹿児島での特攻隊員たちの姿が忘れられず、心に傷を負っていました。

スズ子の心に深く影を落としており、公演への不安が募っています。

前みたいにお客様は喜んでくれるだろうか・・・。

不安に思うスズ子を勇気づけたのは、愛助でした。

スズ子の歌には力がある!!

背中をおしてもらったスズ子。

歌は生きるための力

本番当日。

久しぶりにつけまつ毛を付けて準備していると、りつ子の浮かない顔がありました。

東京の自宅は全焼で一からやり直しだというりつ子の歩みはどこか重く、ある出来事への苦悩が感じられます。

慰問先で、若者たちが「心置きなく行けます!」と言ったあの表情が忘れられなかったのです。

歌は、生きるための力になるものだと思ってきたりつ子にとって、あの時の経験は辛いものでした。

これを聞いたスズ子は、それなら今から「生きるための歌を歌おう!!」と言います。

りつ子は、心を入れ替えてステージに立つと、

戦争が終わり、平和な日々が続くことを祈るように「雨のブルース」を歌い上げました。

一方で、スズ子と楽団員たちは「ラッパと娘」を歌い上げ、劇場に新たな息吹をもたらします。

ブギウギ【第69回】の感想(1月10日水曜日放送)

ブギウギの第69回では、劇場再開の舞台裏やキャラクターたちの心情が織り交ぜられました。

スズ子の代表曲「ラッパと娘」が戻ること、

スズ子とりつ子の対照的な心の葛藤が見事に描かれていました。

りつ子の心の葛藤や傷つきながらもステージに立つ勇気は感動でした。

りつ子の歌声には、お客様たちも心揺さぶられていました。

これまで、りつ子から多くのヒントを得てきたスズ子ですが、

今度はりつ子がスズ子から元気と勇気をもらう番になったようです。

「ブギウギ」関連記事

朝ドラ「ブギウギ」これまでのあらすじ

 

第68回第70回

ABOUT ME
はるはる
ドラマライター歴10年。 脚本の勉強後、フリーランスのドラマライターとして活動。ドラマに関する記事を執筆中。 ドラマのネタバレや考察、展開予想をする際には、ドラマの脚本を勉強した経験を活かし、ドラマの裏側や制作意図を踏まえた考察を心がけています。 また、ドラマファンの視点に立って、ドラマの面白さや魅力をわかりやすく伝えることを大切にしています。 このブログでは、最新のドラマのネタバレや考察、展開予想を、いち早くお届けします。ドラマをもっと楽しむための情報を、ぜひお楽しみください。