ブギウギ

ブギウギ【最終回ネタバレ3月29日】キャスト大集合!感動のラストステージ

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

NHK連続テレビ小説「ブギウギ」第126回(3月29日放送)は、スズ子の歌手人生の集大成・ラストステージが始まります。

スズ子のラストステージを観客席から見守るのは、これまでスズ子と関わりのあるあの登場人物キャストが大集合しています!

それでは「ブギウギ」3月29日【最終回(第126回)】のネタバレと感想を見ていきましょう。

Contents

「ブギウギ」3月29日(第126回)第25週「世紀のうた 心のうたの注目ポイント

  • スズ子のさよならコンサートに涙!
  • これまでのキャストも大集合

「ブギウギ」3月29日(第126回)キャスト

【出演】趣里,草彅剛,木野花,田中麗奈,菊地凛子,近藤芳正,市川実和子,水上恒司,橋本じゅん,新納慎也,安井順平,黒田有,水澤紳吾,森永悠希,翼和希,清水くるみ,伊原六花,片山友希,三浦りょう太ほか

「ブギウギ」3月29日(第126回)あらすじネタバレ

スズ子のさよならコンサート

スズ子(趣里)のさよならコンサートが始まります。

客席には、懐かしい多くの面々が駆けつけています。

茨田りつ子(菊地凛子)、娘の愛子(このか)らが見守る中、最後のステージに登場するスズ子。

スズ子の思い

歌を愛し、家族を愛し、義理と人情に満ち、ズキズキ・ワクワクしながら、多くの人々に歌で勇気を与え続けた歌手・福来スズ子の最後のステージ。

感動的なステージ

照明が落ち、静まる客席・・・。

その中で、羽鳥善一(草彅剛)のピアノ伴奏が静かに始まります。

スズ子は、「東京ブギウギ」を心を込めて歌い始めます。

最終回はこれまでのキャストが大集合!

ついにブギウギが最終回を迎えます。

最後は、歌手・福来スズ子のラストステージです。

観客席には、これまでスズ子と関わりのある登場人物が大集合しそうです!

  • 茨田リツ子(菊地凛子)
  • ラクチョウのおみね(田中麗奈)
  • 元マネージャーの山下(近藤芳正)
  • 羽鳥の妻麻里(市川実和子)

梅丸少女歌劇団(USK)からも来ていると思います。

  • 林嶽男(橋本じゅん)
  • 橘アオイ(翼和希)
  • リリー白川(清水くるみ)
  • 秋山美月(伊原六花)
  • 桜庭和希(片山友希)
  • 股野義夫(森永悠希)
  • 松永大星(新納慎也)
  • 辛島一平(安井順平)

坂口(黒田有)、小田島大(水澤紳吾)、

そして、愛助(水上恒司)もスズ子のラストステージを見守っていることでしょう。

みなスズ子の歌声に魅了され、感動の涙を流します。

スズ子は、ステージにキスをして降りました。

「ブギウギ」3月29日(第126回感想

ブギウギがついに最終回を迎えました。

ステージの指揮者は、服部隆之さんでしたね!

もう、最後のスズ子の東京ブギウギは圧巻でした!!

ドレスもすごく素敵でしたね。

最後は、スズ子の家で、愛子、大野、タケシ、小田島親子に

この世は義理と人情だと笑顔のスズ子が印象的でした。

上京した際の下宿の女将・小村チズ(ふせえり)さんも来て欲しいですが、最後まで登場しなかったね・・・

最終回の結末

最終回は、スズ子のさよならコンサートを描いた感動的な結末でした。

スズ子は、歌手としての活動を辞める決断をしながらも、未来に向けて希望を持って歩んでいくという結末でした。

このか【子役】ブギウギの愛子役がかわいい!出演作とプロフィールは?朝ドラ『ブギウギ』で、スズ子の娘・愛子が小学生になりました。 小学生になった愛子役を演じている子役は、このかちゃんです。 こ...
ブギウギ【愛子役は小野美音ちゃん】出演作とプロフィールは?朝ドラ『ブギウギ』で、スズ子の娘・愛子が登場しました。 愛子役を演じている子役の、小野美音ちゃんのプロフィールやこれまでの出演作品...
ブギウギ|鈴子の実母は誰?ツヤが引き取った理由に号泣!朝ドラ「ブギウギ」において、鈴子の母ツヤが実は彼女の本当の母親ではないという衝撃の事実が明らかになりました。 この驚きの事実が浮か...

「ブギウギ」公式サイト

第125回次の記事

 

ABOUT ME
はるはる
ドラマライター歴10年。 脚本の勉強後、フリーランスのドラマライターとして活動。ドラマに関する記事を執筆中。 ドラマのネタバレや考察、展開予想をする際には、ドラマの脚本を勉強した経験を活かし、ドラマの裏側や制作意図を踏まえた考察を心がけています。 また、ドラマファンの視点に立って、ドラマの面白さや魅力をわかりやすく伝えることを大切にしています。 このブログでは、最新のドラマのネタバレや考察、展開予想を、いち早くお届けします。ドラマをもっと楽しむための情報を、ぜひお楽しみください。