ブギウギ

ブギウギ|村山愛助の最期に涙!愛助のモデルとドラマの展開

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

朝ドラ「ブギウギ」の中で、水上恒司さんが演じるのは演芸会社「村山興業」の御曹司、村山愛助です。

愛助のキャラクターにはどんな展開が待っているのでしょうか?

さらに、そのモデルとなった吉本穎右さんにも注目です。

物語が織りなす人間ドラマに期待が高まります。

この記事では、ブギウギに登場する村山愛助の生涯と最期、そのモデル吉本穎右(よしもと えいすけ)さんについてまとめました。

Contents

1. 村山愛助の役どころ

水上恒司さんが演じる村山愛助は、「村山興業」の御曹司として登場します。

元々スズ子の大ファンだという愛助は、スズ子とこれからどんな成長や葛藤を経ていくのでしょうか?

愛助はスズ子の大ファン!

愛助は、巡業先のスズ子に会い、感激のあまりスズ子の魅力や音楽について饒舌に語ります。

スズ子は、若いわりには熱心なファンだと関心しつつ、どこか弟の六郎の面影がある愛助が印象に残ります。

病弱な愛助

スズ子に出会ってからというもの、愛助は大量の手紙を贈ったり、蓄音機を聞きに来ないかと誘ったり、猛アプローチをします。

猛アタックにより、心動かされたスズ子ですが、9歳年下の愛助と付き合うことに葛藤します。

また、幼い頃から身体が弱かった愛助も、学徒出陣にも出れず、自分の存在意義が分からなくなりますが、母の手紙によって自分が出来ることを精一杯やるだけだと奮起し、

スズ子に正面から告白し、スズ子はその思いを受け止めました。

スズ子と愛助の交際がスタートするが・・・

二人の交際が始まる中、戦争は激しさを増し、空襲警報から逃げるスズ子と愛助!

愛助は、激しく咳き込み「喀血」してしまいます。

医師の診断によると、愛助は「結核」でした。

愛助は一時は結核が治ったものの、再発していたのです。

当時は多くの人が命を落とす病で、スズ子は懸命に愛助を看病します。

反対していた坂口は、スズ子の懸命な姿に心打たれ、三鷹に家を用意し、二人はそこに住むことに。

スズ子の看病によって、愛助は次第に回復します。

穏やかな日々の中、二人は愛を深めていきます。

大阪に戻る愛助

しかし、二人の日々はそう長くは続きませんでした。

愛助の母トミが具合いが悪いという知らせが入ります。

スズ子の後押しもあり、愛助は実家の大阪に戻ることに。

愛助は、家業の跡取りとして仕事をしつつ、母の看病をするようになります。

 

しかし、愛助は再び結核が悪化。

東京に戻ることができなくなってしまいます。

東京に戻ったなら、結婚しようと約束していたにもかからわず、愛助は起き上がることができないくらい悪化していきます。

新しい命

愛助の身体を心配するスズ子は、お腹に愛助との子供が宿っていることを知ります。

身重のスズ子は愛助に手紙で知らせ、

愛助は子供には「えい子」と名付けてほしいと書いて送り、子供の誕生を心待ちにしていました。

愛助の最期

あと10日足らずで子供が産まれるという時、愛助は結核により大阪で命を落としてしまいます。

スズ子と、我が子に会うことは叶いませんでした。

そして、愛助の後を追うように、母トミも他界。

スズ子は、愛助との間に産まれたえい子を、一人で育てることを固く決意します。

 

2. 吉本穎右さんについて

村山愛助のモデルとなったのは吉本興業の創業者・吉本せいさんの次男、吉本穎右(よしもと えいすけ)さんです。

吉本興業の礎を築き、実際に人気歌手の笠置シヅ子さん(スズ子のモデル)との交際でも知られています。

しかし、1947年、24歳の若さでこの世を去っています。

まとめ

朝ドラ「ブギウギ」では、愛助とスズ子の愛の物語と、束の間の幸せが描かれます。

しかし、二人の愛は本物で、愛の結晶である娘のえい子が誕生します。

愛助のモデルとなった吉本穎右さんの生涯を元に、愛助の生涯がどう描かれるのでしょうか。

儚くも生きた証を残した愛助のエピソードは必見です。

「ブギウギ」関連記事

 

ABOUT ME
はるはる
ドラマライター歴10年。 脚本の勉強後、フリーランスのドラマライターとして活動。ドラマに関する記事を執筆中。 ドラマのネタバレや考察、展開予想をする際には、ドラマの脚本を勉強した経験を活かし、ドラマの裏側や制作意図を踏まえた考察を心がけています。 また、ドラマファンの視点に立って、ドラマの面白さや魅力をわかりやすく伝えることを大切にしています。 このブログでは、最新のドラマのネタバレや考察、展開予想を、いち早くお届けします。ドラマをもっと楽しむための情報を、ぜひお楽しみください。