アンチヒーロー

アンチヒーロー第7話ネタバレ考察!青山がホラー!緋山の無実を信じたい

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「アンチヒーロー」第7話では、瀬古の弾劾裁判と冤罪の解決。

しかし、エピソードの終盤には新たな謎が浮上。赤峰が緋山の作業着を確保し、緋山の無実を信じたい気持ちが揺れる中、青山の行動がホラー映画のように不気味さを増していました。

果たして明墨は本当に緋山を無罪にするのか?そして、青山の真意とは?

本記事では、第7話のネタバレと考察を深掘りし、疑念に迫ります。

アンチヒーロー第7話のネタバレ

明墨正樹と無罪工作

明墨正樹(長谷川博己)は、ある人物と接触し、無罪にするための策を練っていました。

一方、瀬古成美(神野三鈴)と伊達原泰輔(野村萬斎)は、富田の件でどう配慮するか話し合っていましたが、伊達原は富田に良い顔をすることに疑問を呈していました。

明墨の計画と弾劾裁判

明墨は、弾劾裁判で瀬古を追い詰めようと考えていました。

加崎達也(相島一之)との関係を突き止めれば、瀬古を崩せると踏んでいる明墨。

彼の法律事務所のメンバーたちは、証拠を掴むために探りを入れ、加崎が開くパーティー会場に潜入します。パーティーでは富田誠司(山崎銀之丞)が乱入し、瀬古の名前を叫びます。

瀬古は富田を別室に誘導し、自分を排除したのは瀬古だと問い詰めましたが、瀬古は富田の罪を軽減しようと尽力していると話します。その場面を明墨たちは録音していました。

小杉和昭の裏切り

実は、明墨が会いに行っていた相手は小杉和昭(渡辺邦斗)。

富田だけが釈放され、小杉に全ての責任を押し付ける計画に気づいた小杉は明墨側に寝返り、全てを話します。

これにより、松永理人(細田善彦)の事件が冤罪であり、証言が捏造されていたことが判明。

松永の裁判で証言を頼み、了承を得ました。

赤峰柊斗(北村匠海)はそのことを松永に報告し、無罪を約束します。

しかし、この動きを菊池大輝(山下幸輝)に撮影されていて…。

明墨の再挑戦

数日後、先日の話をなかったことにされる明墨たち。小杉は加崎の秘書になっていたのです。

明墨は沢原麻希(珠城りょう)に協力を求め、今度は富田に接触して瀬古と小杉が結託していると告げ口します。

さらに、富田正一郎(田島亮)の件も小杉に嵌められていると伝え、瀬古たちが再度富田を逮捕しようとしていると警告します。沢原の調査でその裏付けを得ました。

瀬古との対峙

明墨は瀬古に会い、最後に真実を教えて欲しいと話しましたが、瀬古は話にならないと言い立ち去ろうとします。

「あなたは養護施設の子供たちに顔向けできる行動ができますか?」

と問いかけるも、瀬古は罪を裁く裁判官が罪を犯すことはないと断言します。

富田の告白と裁判の行方

富田は瀬古に賄賂を渡したと取材を受け、実は全て罠だったのです。

動画は拡散され、瀬古は加崎にも伊達原にも見捨てられます。

訴追請求者が富田で、代理人が明墨による瀬古の弾劾裁判が決まりました。

法廷に独り残された瀬古に明墨は「自業自得だ」と告げます。

女の生きにくさを変えるために動いていると主張する瀬古に、沢原を邪魔に感じた男たちに手を貸したことを語る資格はないと断じます。

再審と無罪判決

富田は汚職の罪を認め、自首したことで瀬古の弾劾裁判が始まり、沢原も無罪が決まりました。

松永の再審も始まり、赤峰と松永は裁判所へ。

赤峰は松永が被害者であり、警察検察弁護士裁判官が全てを見捨てたと話し、冤罪を作らないための責任と覚悟を訴えます。

判決は「被告人は無罪です」と下され、松永は涙を流し、赤峰に感謝を伝えます。

新たな戦い

沢原は別の出版社に転職が決まり、明墨は彼に情報を渡します。

同時に糸井家一家殺人事件が冤罪かもしれないというニュースが流れ、牧野紗耶(近藤華)はパニック発作を起こします。

志水裕策(尾形直人)は再審を拒否し、明墨は娘の紗耶の話をして説得を試みますが失敗。

拘置所から出た明墨は、緋山啓太(岩田剛典)から江越の居場所が掴めたと連絡を受けます。

明墨の決意

明墨は寝込む紗耶に会いに行き、苦しめている原因が自分にあると告白。

その頃、明墨の机にある糸井家事件のファイルに目を通していた紫ノ宮飛鳥(堀田真由)は、青山憲治(林泰文)に話しかけられ驚きます。

赤峰は緋山の自宅を訪れ、江越について全てを話すよう迫ります。

感想

瀬古がついに終わり、いくつもの冤罪が解決されましたね!

明墨正樹(長谷川博己)たちの努力が実を結んだシーンには胸が熱くなりました。

特に松永理人(細田善彦)の無罪が確定した瞬間は感動的でした。

涙ながらに感謝を伝える松永と、それに応える赤峰柊斗(北村匠海)のやり取りは、本当に心に響きました。

松永さんの苦しみと、赤峰の執念が勝ったね!北村匠海くん、かっこよかったわぁ。

一方で、赤峰が緋山啓太(岩田剛典)の作業着をばっちり確保していたシーンには驚きました。

証拠を押さえたことで緋山が追い詰められるかと思いきや、私はまだ彼が無罪であることを願っています。

緋山が殺人犯だなんて信じたくないですし、明墨もそんなことはしないと思います。彼が目的のために人を罪に陥れることは絶対にしないはずです。

青山憲治(林泰文)がホラー映画のようだった!

そして、青山憲治(林泰文)が紫ノ宮飛鳥(堀田真由)に話しかけるシーンは、まるでホラー映画のようでしたね!

突然の展開に思わずドキッとしてしまいました。

青山さん、なんだか怖いよって思わずツッコミたくなりました。

今回のエピソードは、本当に見どころが多かったです。

特に瀬古成美(神野三鈴)が法廷で孤立するシーンでは、彼女の強がりや自分を正当化する言葉が虚しく響きました。

明墨が「自業自得でしょ」と告げる場面には、なんとも言えない感情が込み上げてきました。

女の生きにくさを変えるために動いていたという瀬古の主張も、結局は自分の欲望に負けてしまった結果がこれなのだと感じさせられました。

また、沢原麻希(珠城りょう)が新しい出版社へ転職する決意を固めるシーンも印象的でした。

彼女の強さと決断力には感心しますし、彼女の新しいスタートが成功することを願っています!!

そして、明墨が彼女に情報を渡す場面には、次の展開への期待感が高まりました。

最後に、明墨が牧野紗耶(近藤華)に会いに行き、

「君を苦しめている原因は、全て私のせいだと話に来たんだ」と語るシーン…。

ここで明墨の人間味が垣間見え、彼の複雑な心情が伝わってきました。彼の決意と行動には、これからも目が離せません。

次回の展開がどうなるのか、今から待ちきれません!

冤罪が次々と解決していく中で、まだまだ謎が残っている部分も多く、次回も楽しみにしています。

明墨の活躍と、他のキャラクターたちの成長を見守りながら、ドラマの結末に向かっていきたいと思います。

アンチヒーロー第7話考察!

「アンチヒーロー」第7話では、瀬古の弾劾裁判と冤罪の解決が描かれました。しかし、新たな謎やキャラクターの動向が視聴者の関心を引き続けています。以下では、特に注目すべきポイントについて考察します。

1、迫田孝也さんは江越役?

考察:  迫田孝也さんが演じる江越が未だ登場しない!!

彼の出演が少ない理由として、「ハリー・ポッター」の舞台出演が挙げられます。このため、スケジュールの都合でドラマでの露出が制限されている可能性があります。

しかし、江越の登場が少ないことが逆に彼のキャラクターへの興味を引き、物語の重要な伏線になっているかもしれませんね。今後、彼の登場が物語のキーとなる場面で劇的に展開していきそうです。

ここに文字を入力してください

江越ってまだ出てこないけど、実は登場が遅いことが伏線になってるのかな?

 2、糸井家殺人事件の犯人は誰?再審は行われるのか?明墨が犯したことは?紗耶に何を話す?

考察: 糸井家殺人事件の真犯人については、依然として謎が多く残っています。

明墨が事件に深く関与していることが示唆されており、その真相解明が今後のストーリーの核心になるでしょう。再審が行われるかどうかは、明墨の行動と志水裕策の意志次第です。

明墨は、冤罪の証拠を集めることで、再審の実現に向けて動いていますが、志水が再審を拒否する姿勢を崩していません。

紗耶に対して明墨が話す内容は、彼女の父親である志水が無実であること、そして彼女の苦しみが自分の過ちによって引き起こされたことへの謝罪と、父親の無罪を証明するための決意でしょう。紗耶の反応次第で、物語はさらに深い人間ドラマへと展開する可能性があります。

糸井家殺人事件の真犯人って誰なんだろう?明墨が紗耶に何を話すのかも気になる…。

3、緋山は殺人犯?作業着バッチリ血痕!

考察: 緋山が殺人犯である可能性が浮上しています。

赤峰が確保した作業着には血痕が付着しており、これが決定的な証拠となるかもしれません。

しかし、緋山が無実であって欲しいという気持ちも強いです。

明墨が緋山を無罪にするために奔走する姿が描かれていますが、物語が進むにつれて、緋山の真の姿が明らかになるでしょう。

緋山が無実であれば、作業着の血痕の説明が必要です。

誰かが緋山を陥れるために仕組んだ罠である可能性もあります。緋山の登場は、ドラマのサスペンスを一層高めていますよね。

緋山の作業着に血痕があるってことは本当に殺人犯なのかな?それとも誰かにハメられたのかも…。

結論

「アンチヒーロー」第7話では、瀬古の弾劾裁判と冤罪解決の展開に加え、江越の未登場や糸井家殺人事件の再審、緋山の疑惑が視聴者を引きつけています。

これらの要素が絡み合い、物語はさらに複雑で興味深い方向へ進んでいます。

次回の展開に期待が高まります!

ABOUT ME
はるはる
ドラマライター歴10年。 脚本の勉強後、フリーランスのドラマライターとして活動。ドラマに関する記事を執筆中。 ドラマのネタバレや考察、展開予想をする際には、ドラマの脚本を勉強した経験を活かし、ドラマの裏側や制作意図を踏まえた考察を心がけています。 また、ドラマファンの視点に立って、ドラマの面白さや魅力をわかりやすく伝えることを大切にしています。 このブログでは、最新のドラマのネタバレや考察、展開予想を、いち早くお届けします。ドラマをもっと楽しむための情報を、ぜひお楽しみください。