イップス

イップス第7話ネタバレ感想!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

イップス第7話は、心に傷を負って休養を命じられていた森野(バカリズム)に、ミコ(篠原涼子)が気晴らしに行こうと提案します。

二人はマネージャー・初田豊(勝村政信)に連れられ、物を自由に破壊できる“物ぶっ壊し体験”施設でストレスを発散することに!

この体験中、元フィギュアスケーターの皇真白(村上佳菜子)と偶然出会います。

真白からの連絡でミコはフィギュアスケーターの倉科吹雪(青山凌大)に会うことになりますが、そこで思いもよらない事件が発生します。

イップス第7話のネタバレと感想をまとめています。

イップス第7話ネタバレ

森野とミコのストレスを発散!

監禁事件以来、休養を命じられている森野(バカリズム)。

その彼を気晴らしに誘うミコ(篠原涼子)。

彼らはミコのマネージャー・初田豊(勝村政信)に連れられ、室内の物を自由に破壊できる“物ぶっ壊し体験”施設でストレスを発散することに。

ここで彼らは、順番を待っていた元フィギュアスケーターの皇真白(村上佳菜子)と出会います。

皇真白との出会い

皇真白は、ワールドフィギュアを日本人として初めて2連覇し、“氷上のジャンヌダルク”の異名を持つ選手でした。

引退後はコーチとして、将来が楽しみなフィギュアスケーター・倉科吹雪(青山凌大)を指導しています。

吹雪の大ファンであるミコは、森野に止められているにもかかわらず、真白に声をかけます。

真白がミコのことを知っていたことで調子に乗ったミコは、彼女と連絡先を交換します。

真白からの連絡

数日後、ミコのスマホに真白から連絡が入ります。

吹雪もミコの大ファンで、ミコに会いたいと言っているとのこと。

喜んだミコは、早速真白が選手たちを指導しているスケートリンクへと向かいます。

選手たちの練習を見学後、ミコは真白と共に吹雪がいるというトレーニングルームを訪れます。

トレーニングルームでの異変

トレーニングルームに到着すると、

そこには真白に代わって吹雪のコーチに就任することになった奥森美音(清水くるみ)が倒れており、

側には吹雪がいました。

驚いたミコは、真白から110番に連絡するように言われます。

しばらくすると、警視庁捜査一課の樋口一之(矢本悠馬)らがやって来て、容疑者として吹雪は連行されます。

しかし、ミコはこの展開に釈然としません。

ミコと森野の捜査

現場にやっと復帰できた森野と共に、ミコは独自の捜査を開始します。

彼らは吹雪のアリバイを崩し、決定的な証拠を見つけるために奔走します。

真白が事件に関与している可能性を疑い始め、細かい手がかりを集めていきます。

真白の犯行を暴く

捜査を進める中で、森野とミコは徐々に真白の行動に不審な点が多いことに気付きます。

彼らは慎重に証拠を集め、最終的には真白の犯行を示す決定的な証拠を見つけ出します。

追い詰められた真白は、ついに犯行を認めざるを得なくなります。

事件の背後には、フィギュアスケート界の競争や嫉妬が絡んでいました。

真白は、吹雪を守るために奥森美音を排除しようとしたのです。

しかし、その方法が極端すぎて逆に自らの身を滅ぼす結果となりました。

ミコと森野の活躍により、事件は解決し、吹雪の無実が証明されます。

新たなスタート

事件が解決し、森野は再び復帰することができました。

ミコは、今回の事件を通じて新たな人間関係を築くことができ、前向きな気持ちで日々を過ごすことができるようになりました。

物ぶっ壊し体験での偶然の出会いが、彼らにとって大きな転機となったのです。

イップス第7話感想

今回のエピソードは本当に見応えがありました!

監禁事件以来、心に傷を負っていた森野を気遣うミコの優しさが印象的でした。

休養中の森野を“物ぶっ壊し体験”に誘うことで、彼の心のストレスを少しでも解消しようとするシーンに、ミコの優しさが感じられました。

そして、そんな場所で偶然出会った元フィギュアスケーターの皇真白。

村上佳菜子ちゃんが出演していて、リアルだったね!

真白が吹雪の大ファンだということを聞いたミコのテンションが上がるシーンには、こちらまでワクワクしました。

憧れの人と直接会えるなんて、ファンなら誰しもが夢見る瞬間ですよね。

その後の展開で、真白と連絡先を交換するくだりも自然な流れで、ミコの親しみやすい性格がよく表れていました。

しかし、その後の事件展開には驚かされました。

スケートリンクでの美音の倒れたシーンから始まり、真白が吹雪のコーチとしての立場を利用していた事実が明らかになるまで、一瞬も目が離せませんでした。

ミコと森野が協力して真相を突き止める過程は、スリル満点で、探偵ドラマのような楽しさがありました。

特に、ミコの直感と森野の冷静な分析が見事にマッチして、コンビとしての魅力を再確認できたのが良かったです。

最終的に真白の犯行が暴かれるシーンでは、彼女の抱えていた葛藤やフィギュアスケート界の厳しさが垣間見え、単なる悪役として描かれていない点に共感しました。

スポーツの世界では、一つのミスや誤解が大きな問題に発展することが多いですが、それを超えた人間ドラマとしての描写がとても丁寧でした。

そして、事件解決後に描かれた森野の復帰とミコの前向きな姿勢には、心が温かくなりました。

今回の出来事を通じて、二人の絆がさらに深まったのが感じられましたし、彼らの成長が今後のストーリーにどのように影響していくのか楽しみです。

全体を通じて、ストーリーの展開が緻密でありながら、キャラクター一人一人の心情描写も細やかで、視聴者としてとても感情移入できました。

 

次回のエピソードでも、ミコと森野の新たな挑戦や人間関係の変化がどのように描かれるのか、期待が高まります。

特に、ミコの成長と森野の復帰がどのように物語に影響を与えるのか、目が離せませんね!」

まとめ

「物ぶっ壊し体験」から始まった今回の物語。

偶然の出会いが引き起こした事件を通じて、ミコと森野のチームワークが事件解決の鍵となりました。

次回のエピソードでは、さらに深まる二人の関係や、新たな展開に期待したいです!

ABOUT ME
はるはる
ドラマライター歴10年。 脚本の勉強後、フリーランスのドラマライターとして活動。ドラマに関する記事を執筆中。 ドラマのネタバレや考察、展開予想をする際には、ドラマの脚本を勉強した経験を活かし、ドラマの裏側や制作意図を踏まえた考察を心がけています。 また、ドラマファンの視点に立って、ドラマの面白さや魅力をわかりやすく伝えることを大切にしています。 このブログでは、最新のドラマのネタバレや考察、展開予想を、いち早くお届けします。ドラマをもっと楽しむための情報を、ぜひお楽しみください。