アンチヒーロー

ドラマ「アンチヒーロー」第6話ネタバレの見どころを徹底解説!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ドラマ「アンチヒーロー」第6話ネタバレの見どころを徹底解説していきます。

赤峰柊斗、事務所での密談を目撃

主人公の赤峰柊斗(北村匠海)は、夜の事務所に明かりが点いていることに気づきます。

そこで、明墨正樹(長谷川博己)と緋山啓太(岩田剛典)が江越という人物について話しているのを見つけ、咄嗟に隠れます。

しかし、明墨にはすぐに見つかってしまいました。明墨は「控訴審の打ち合わせだ」と説明しますが、赤峰は何か不審なものを感じ取ります。

紫ノ宮飛鳥、父との対話

紫ノ宮飛鳥(堀田真由)は、父親である倉田功(藤木直人)に弁護士として面会します。

しかし、倉田は

「弁護の必要はない」

と断り、全てを受け入れるつもりでいると告げます。

納得がいかない紫ノ宮は、面会後に伊達原泰輔(野村萬斎)から

「身内の弁護はやめたほうが良い」

と忠告されます。

志水裕策の事件の裏

赤峰と紫ノ宮は、志水裕策(尾形直人)の事件が冤罪であり、何かが隠蔽されていると確信します。

緋山が倉田と接触していたことや、倉田が口を閉ざしていることがその証拠です。

沢原麻希の新たな担当弁護士

新たな依頼者・沢原麻希(珠城りょう)は、有罪判決を受け、明墨が新たな担当弁護士となります。

沢原は出版会社の内部情報を流出させたとされ、その証拠としてUSBメモリに指紋が付いていました。

しかし、沢原には全く身に覚えがありません。

明墨は調査を開始し、上田其一(河内大和)が加崎達也(相島一之)という議員と関わりがある可能性を探ります。

瀬古成美との接触

一方、判事の瀬古成美(神野三鈴)は、休日を利用してボランティア活動をしていました。

そこに明墨が現れます。

瀬古は明墨の接触はルール違反だと言いますが、明墨は偶然だと笑い飛ばします。

瀬古は、今回の沢原の判決にに同情を示します。

自分が判事になったころを思い出し、今もなお社会で活躍する女性が生きづらい社会であることを嘆きます。

赤峰と松永理人の再会

赤峰は松永理人(細田善彦)に会い、再審を一緒に戦ってほしいと訴えます。

しかし、松永は無実を証明するのは難しいと感じて、もう諦めています。

赤峰は必ず証拠を掴むと松永に約束します。

控訴審の予期せぬ展開

控訴審では、明墨が上田に仕掛けたGPSが暴露され、沢原の新証拠は認められない事態に陥ります。

明墨は特に行動を起こしません。

そんな明墨の様子に赤峰は驚きます。

赤峰は過去の事件を振り返ります。

明墨の本当のターゲットは判事の「瀬古」であることに気づきます。

12年前の事件と現在の謎

紫ノ宮は、12年前の糸井家の事件を担当していた伊達原と、牧野紗耶(近藤華)が志水の娘である可能性を疑います。

そして、明墨が狙っているのは瀬古であることを確信します。

明墨の策略

明墨は全てが計画通りで、瀬古との接触やGPSの暴露も罠だったことが明らかになります。

上田と加崎の関係を暴くための作戦だったのです。

「あいつの闇を白日の下にさらす」と決意する明墨。

瀬古と伊達原の関係

その頃、瀬古は伊達原と会い、明墨の行動を笑います。

しかし、伊達原は明墨に対して油断しないよう警告します。

明墨がこれまでに多くの敵を出し抜いてきたことを知っているからです。

アンチヒーロー第6話の感想

緊迫感がすごい!

「第6話は一気に物語が動いて、緊迫感が半端なかったですね。

明墨の策略がどんどん明らかになっていくのが見ごたえありました。

もうすでに次回が待ち遠しいです。

キャラクターの成長に感動

赤峰と紫ノ宮の成長が素晴らしいです。特に紫ノ宮が父親に弁護士として向き合うシーンは感動しました。彼らがどうやって真実にたどり着くのか応援したいです。

ますます謎が深まる

毎回少しずつ謎が解けていくのが面白いですね。

明墨の本当の狙いがまだ完全には分からないので、次回の展開が気になります。

志水裕策の事件も気になるところです。

瀬古と伊達原が怪しい

瀬古と伊達原の関係が怪しすぎる。明墨が彼らをどうやって追い詰めるのか・・・。

相手も法律を知り尽くしていますから、激しい攻防線が繰り広げられるでしょう。

複雑な人間関係

キャラクター同士の関係が複雑で、毎回新しい発見がありますよね。

上田と加崎の関係も気になります。

過去の事件がどう絡んでくるのか、ますます気になります。

リアルな社会問題の反映

女性が生きづらい社会というテーマがリアルで考えさせられました。

沢原のエピソードは共感できる部分が多く、ちょっと彼女に同情してしまいました。

無実が証明されることを願っています。

第6話と次回に繋がる考察

第6話では、赤峰と紫ノ宮が志水裕策の冤罪事件の裏に隠された真実に迫り、明墨の狙いが徐々に明らかになりました。

次回は、この謎がさらに深まる展開が予想されます。

1. 明墨の真の目的

明墨の行動は一貫して謎めいていますが、彼の真の目的は何なのでしょうか。

判事の瀬古成美が12年前の事件に深く関与していることが示唆されています。

明墨がどのようにして彼女の過去を暴き出すのか、そしてその過程でどのような新しい証拠が出てくるのかが見どころです。

2. 赤峰と紫ノ宮の追及

赤峰と紫ノ宮は、明墨の策略を理解し始めていますが、彼らはどのようにして真実にたどり着くのでしょうか。

赤峰は明墨の過去の事件を見直し、紫ノ宮は自身の家族の過去と向き合います。

若い二人の探偵的な活動が、次回の大きな焦点となりそうです。

3. 志水裕策の冤罪事件

志水裕策の事件の真相が明らかになるかもしれません。

彼の無実を証明するための決定的な証拠が見つかるのか、それとも新たな困難が立ちはだかるのか、目が離せません。

4. 瀬古と伊達原の動向

瀬古と伊達原の関係もますます怪しくなっています。

彼らが明墨の計画にどう対処するのか、また明墨がどのようにして彼らの不正を暴くのかが次回の大きな見どころです。

まとめ

「アンチヒーロー」第6話は、赤峰や紫ノ宮が事件の真相に迫る緊迫感あふれる展開でしたね!

明墨の策略や、隠された関係性が次々と明らかになり、視聴者を引き込む内容でした。

今後の展開がますます楽しみになる一話でした。

ABOUT ME
はるはる
ドラマライター歴10年。 脚本の勉強後、フリーランスのドラマライターとして活動。ドラマに関する記事を執筆中。 ドラマのネタバレや考察、展開予想をする際には、ドラマの脚本を勉強した経験を活かし、ドラマの裏側や制作意図を踏まえた考察を心がけています。 また、ドラマファンの視点に立って、ドラマの面白さや魅力をわかりやすく伝えることを大切にしています。 このブログでは、最新のドラマのネタバレや考察、展開予想を、いち早くお届けします。ドラマをもっと楽しむための情報を、ぜひお楽しみください。