アンチヒーロー

アンチヒーロー【第5話ネタバレ感想】紫ノ宮パパの隠蔽と緋山再登場!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

アンチヒーローの第5話は、紫ノ宮が、父倉田刑事に隠蔽は本当なのか迫ります。

事件の裁判が行われる中、明墨は倉田のある事実をつきつけ・・・

そして第5話では、緋山(岩田剛典)が再登場しました!

さっそく、「アンチヒーロー」第5話のネタバレと感想を見ていきましょう。

「アンチヒーロー」第5話ネタバレ

明墨が料亭に向かうと、伊達原検事正(野村萬斎)が待っていました。

伊達原は、

明墨がかつて検事として、志水(緒形直人)を担当し、そして死刑囚にした

と言います。

 

そのころ紫ノ宮(堀田真由)は赤峰(北村匠海)に、明墨が自分を利用していると言います。

6年前、大学卒業式の際、両親が離婚して母と暮らしていた紫ノ宮は、久しぶりに父・倉田刑事(藤木直人)に晴れ姿を見せに行くと、明墨が父と玄関先で言い争いのようになっているところを目撃していました。

明墨は、父に対して隠蔽や不正を訴えていました。

当時の紫ノ宮はそれが何のことかわかりませんでしたが、今となっては、倉田の娘だから自分が明墨に声をかけられこの事務所に入ったことを知ります。

 

事務所に戻った明墨に紫ノ宮は、あの時、父に不正を隠蔽したと言っていたけれど、

それは12年前の糸井事件のことか?すべてを教えてくれと言います。

しかし明墨は、紫ノ宮が言う通り、あなたを利用しているのだから、お互いに知りたいものは一致しているはずだと言い・・・。

紫ノ宮は父倉田を説得

明墨は、まず、倉田刑事が関与している3件の不同意性交事件に関わる人物同士が結託していることに気づき、その関係性を崩すことから始めます。

明墨は宇野弁護士(和田聰宏)に、不倫を家族にバラすとそそのかします。

そして赤峰は被害者の仙道絵里(早見あかり)に近づき、被害者のあなたが「嘘」をついていたならば、メディアが大注目し、一生苦しむことになると忠告します。

また、紫ノ宮は父・倉田刑事会うため実家に帰ります。

紫ノ宮は、弁護士という仕事上、いつもボイスレコーダーを持ち歩き、会話を録音していますが、父との対話は録音を停止して、二人だけで話しました。

幼い頃の紫ノ宮は、父のような警察官になりたいと尊敬していました。

しかし今はそんな父が、わからなくなったと言います。

糸井一家殺人事件の後から、父が変わった裏には、隠蔽があるのではないか?

その事件で志水(緒形直人)が冤罪で捕まっているけれど、何をしたのか?

紫ノ宮は父を問い詰めますが、父は、口を割りません。

紫ノ宮は、法廷で明らかにすると言い、実家を出ていきます。

 

家を出ると、紫ノ宮を心配した赤峰が待っていました。

親を騙すのは辛いだろうという赤峰に、最初から覚悟はできているという紫ノ宮。

 

第2回公判。

法廷に入るとえみは、泣き始めます。

赤峰に問い詰められて脅迫されたと言います。

検事は、ここぞとばかりに、弁護士が被害者を脅迫するなどありえないと責めます。

しかしえみは一変!!

実は赤峰に相談に乗ってもらったと言い始めます。

これは、明墨が警察に協力すれば来栖は釈放される、我々に協力すれば、来栖は地獄に落ちると彼女に知恵をつけていて、それをえみは法廷で実行したのです。

えみは、自分を苦しめた来栖にも、苦んでほしい思いから明墨に協力します。

 

メディアは一斉に、警察が被害者に「こう言え」と指示していたならば、彼女の罪はそう重くないだろうと報道します。

明墨は、記者会見を開き、今回警察が行った行為はありえないこと。

過去に遡って事件を調べるべきだと言います。

 

また、明墨は、来栖の弁護を宇野弁護士にも戻すことにしました。

倉田の逮捕

一方、紫ノ宮は父・倉田刑事の家を訪れると、荷物をまとめていました・

家を引っ越すことにしたと言う父。

捜査一課の大西部長(松角洋平)を守るために隠蔽をしたんでしょう?と尋ねる紫ノ宮。

そんな中、千葉県警捜査ニ課が家にやってきます。

逮捕令状が出て、父は連行され・・・。

 

紫ノ宮は明墨に電話をして、父が連行されたことを伝えます。

どうしていいのかわならなくなる紫ノ宮に、明墨は口封じかもしれないと言います。

やけに逮捕が早いことに違和感を感じるものの、不当な事ではないと言い、

弁護士としてその思いをしっかりとぶつけるべきだと言うのでした。

アンチヒーロー第5話の感想

アンチヒーロー第5話は、とうとう紫ノ宮パパこと、倉田刑事が捕まってしまいました。

元々、紫ノ宮は、倉田姓だったのかな?両親が離婚して、母方の姓を名乗り「紫ノ宮」になつたんでしょうね。

倉田は、上司である捜査一課の大西部長(松角洋平)を守るために、糸井一家殺人事件で隠蔽をして、結果的に志水が逮捕されて今、死刑囚になっているんですよね。

そして当時、その事件の担当検事は明墨。

明墨は冤罪と分かっていて志水を死刑囚にしてしまったことから、弁護士に転身したのでしょう。

また、倉田の娘が紫ノ宮と知っていて自分の弁護士事務所で雇っているのは、倉田も上司に頼まれて隠蔽したいわば被害者。

そして大西部長の上にも、それを指示している黒幕がいるのでしょう。

電話を切る時、明墨が紫ノ宮に

「気をつけて帰っておいで」

と言った言葉が、ものすごく温かくて、じーんときました。

明墨は、紫ノ宮を利用していたのではなく、こうなることを予測していて彼女を守りたかったんだと思います。

紫ノ宮に、弁護士としてやるべきことをやれといった意味は、これから倉田の弁護を紫ノ宮がやる可能性もありますね。

緋山再登場!

そしてラストシーンは、緋山(岩田剛典)が登場しました。

赤峰は、緋山がゴミ処理場で殺害した時の作業着やハンマーを捨てているところを目撃して、なぜ明墨は有罪を無罪にしたのか、その理由が分からずにいます。

緋山を泳がせた理由は、はやり緋山も12年前の糸井一家殺人事件に関わっているということでしょう。

来週は、緋山と糸井一家殺人事件の関係が明らかになるのではないかと思います!

「アンチヒーロー」関連記事

アンチヒーロー第3話ロケ地|横浜のクラブと居酒屋の撮影場所アンチヒーロー第3話のロケ地は、事件の現場のクラブ、そして近くの居酒屋のロケ地撮影地をまとめました。 アンチヒーロー第3話ロケ地 h...
アンチヒーロー第4話ロケ地|ラーメン屋と料亭の撮影地はどこ?アンチヒーロー第4話(5月5日放送)の、ラーメン屋、料亭のロケ地撮影地をまとめました。 アンチヒーロー第4話ロケ地 ラーメン屋【ラー...
アンチヒーロー第5話ロケ地|カフェ料亭や幼稚園の撮影地はどこ?アンチヒーロー第5話(5月12日放送)の、カフェ、料亭、幼稚園のロケ地撮影地をまとめました。 アンチヒーロー第5話ロケ地 カフェ【R...
アンチヒーローお墓のロケ地|モモセレイコの墓地の撮影地アンチヒーローに登場した「モモセレイコ」が眠るお墓・墓地のロケ地撮影地をまとめました。 アンチヒーローお墓・墓地のロケ地 モモセレイ...
アンチヒーローのパンがアンチサンド発売!美味しかった?どこに売ってる?日曜劇場「アンチヒーロー」とコラボした「アンチサンド」というパンが発売されています。 「アンチサンド」の実際のサイズ感や、味、美味しか...
アンチヒーロー緑川(木村佳乃)元夫と伊達原が結託!誰が演じる?【考察】日曜劇場「アンチヒーロー」の第5話で、緑川検事の(木村佳乃)は離婚歴がることが判明しました。 元夫、そして伊達原検事正(野村萬斎)...
アンチヒーロー|赤峰(北村匠海)とコンビニ店員の関係は冤罪事件!アンチヒーローの第2話では、裁判の後、赤峰(北村匠海)が見ていたノートには、びっしりとある事件の詳細が書かれていました。 事件の内...
アンチヒーロー|小国智浩は緒形直人!再審請求で明墨が冤罪を晴らす?ドラマ「アンチヒーロー」は、小国智浩の再審請求というシーンが何度も映り込んでいます。 死刑判決を受けた死刑囚役を演じる緒形直人さん小国智浩役で、主人公の明墨正樹が真実を追求する姿が最大のテーマになりそうです。 この記事では、小国智浩の再審請求と、明墨の関係について考察しました。...
アンチヒーローはVIVANTから14人も出演!伏線に繋がる?TBS日曜劇場「アンチヒーロー」には、2023年放送の大人気ドラマ「VIVANT」から14人の豪華俳優陣が出演しています! 『VIVA...

https://kokodora.com/2024/05/09/antihero_tsuna

ABOUT ME
はるはる
ドラマライター歴10年。 脚本の勉強後、フリーランスのドラマライターとして活動。ドラマに関する記事を執筆中。 ドラマのネタバレや考察、展開予想をする際には、ドラマの脚本を勉強した経験を活かし、ドラマの裏側や制作意図を踏まえた考察を心がけています。 また、ドラマファンの視点に立って、ドラマの面白さや魅力をわかりやすく伝えることを大切にしています。 このブログでは、最新のドラマのネタバレや考察、展開予想を、いち早くお届けします。ドラマをもっと楽しむための情報を、ぜひお楽しみください。