アンチヒーロー

アンチヒーロー【第1話ネタバレ感想】長谷川博己さんの悪い顔が堪らない!!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「アンチヒーロー」の第1話(4月14日放送)は、ゾクゾクする日曜劇場が帰ってきました!

主人公の明墨弁護士役の長谷川博己さんが、たまりません!!

さっそく「アンチヒーロー」第1話のネタバレ、感想です。

「アンチヒーロー」キャスト相関図

引用:https://www.tbs.co.jp/antihero_tbs/chart/

 

アンチヒーロー【キャスト相関図】登場人物を全員写真付きで紹介!2023年7月より放送されるドラマ「アンチヒーロー」は、 それではさっそくドラマ「アンチヒーロー」のあらすじ、原作、概要、キャスト...

アンチヒーロー第1話注目ポイント!

  • 主人公・明墨弁護士(長谷川博己)はいい人なの?ダークヒーロー爆誕!?
  • 町工場の殺人事件の真相は?
  • 明墨の過去と周辺人物たちに注目

面白い日曜劇場が始まったよ!!

アンチヒーロー第1話ネタバレ

あなたは人を殺しましたか?

明墨弁護士事務所の所長・明墨(長谷川博己)は、拘置所の犯人に問いかけます。

あなたの人生に関わった人、全てが殺人犯と関わりのある人として世間で生きづらくなる。

法律というルールでは許されても、世間では許されない。

私があなたを無罪にする、この機会をどう捉えるかはあなた次第と問いかけます。

 

明墨弁護士事務所では、緋山という男性の殺人事件を扱います。

警察は、工場勤務の緋山(岩田剛典)は残業させられ、工場長と言い争いが起こってしまいます。逆上した緋山は鈍器で2回頭を殴ったというもの。

新人の赤嶺弁護士(北村匠海)は、検察が4つも証拠を出してきていることから、よくて情状酌量だと言います。

しかし、証拠があれば、こちらにとっては有利。証拠を揃えたいだけだという明墨。目撃者で事件現場の工員・緒方(一ノ瀬ワタル)に話しを聞きます。しかし、随分と練習したような口調がきになる明墨は検察に仕込まれていると確信します。

また、近視の赤嶺は、緒方が退社後にメガネを取りに来たときに発見したという点が気になります。

警察の証拠を握りつぶすのが弁護士のしごとだ

と、紙をくしゃくしゃに握りつぶす明墨に、圧倒される赤嶺は、さっそく第一発見者の緒方の素性を調べ始めます。

 

一方、検察では、ガチガチに証拠を固めたし、そんなに簡単に殺人犯を覆されるはずがないという姫野検事(馬場徹)に、緑川検察官(木村佳乃)は、確かな証拠を掴んでいるのではないか?と言います。

裁判当日。被告人の妻を証人に立てた明墨。姫野検事は、気でも狂ったかくらいの勢いで明墨に迫ります。

姫野検事は、被告人の緋山を激しく責め立てます。裁判長(井上肇)は、被害者の妻の証言を求めます。しかし妻は法廷に来ておらず、どうにか時間を稼ごうとする明墨。

するとドアが開き・・・被害者の息子湊くんが証人としてやってきます。湊くんはボール遊びが好きで、よくお兄ちゃん(緋山)と良く遊んでいたと言います。部屋に飾っていたワンちゃんのぬいぐるみの上にあったボールを取ってくれたという湊くん。つまり、検察が証拠として出していた緋山の指紋は、ボールを取ったときに着いたものということです。

明墨は、被害者の妻で、湊くんの母に、緋山はこのままだと殺人者として死刑執行を待つ身になるかもしれないと告げ、ある事案では、実際は罪を犯していないのに、証拠が捻じ曲げられて殺人犯となり、10年もくらい牢屋で死刑執行を待っている人がいる事を話し、被害者の妻に湊くんが証言台に立つよう説得していました。

 

湊くんを自宅に送ると、湊くんはボール遊びしようと男性工員(前原瑞樹)を誘うと、またワンちゃんの上にのっちゃうよ!と笑う工員。四宮は、それを明墨に話したかと確認すると、話したと答えます。

 

一方、自宅に戻った明墨は、愛犬ゴールデンレトリバーのリードを買ったよと微笑む沙耶(近藤華)と話すと、思わず笑顔になります。

 

赤嶺は、引き続き緒方を尾行すると、彼は競馬に入り浸り、借金をしていることを掴みます。競馬場にいる緒方に馬券があたったと近づく明墨は、緒方を飲みに誘います。酔っ払った緒方に、弁護士の名刺を渡す明墨。

 

翌日。に回目の裁判が始まります。証人台に座る緒方は、事件当日、工場にメガネを取りに戻ったら、口論になる緋山と社長を見て、その後、社長宅から悲鳴が聴こえたと述べます。

明墨は、緒方がAPDだと知り、本当はメガネを取りに戻ったのではなく、補聴器を取りに戻ったのでした。工場の機械音と混ざり、本当は社長は緋山を褒めていたのに、その会話の内容を理解出来ていなかったのです。

検事が驚いていないということは、緒方に吹き込んでいたんだろうと追求する明墨。

 

裁判が再会すると、新たな凶器が見つかったと証拠のハンマーを提出されます。

事件の前に、あのハンマーをどこかでなくさなかったかと迫る明墨に、怯える緋山・・・。

 

一方、明墨正敏は、現在も牢屋で娘・沙耶の似顔絵を書き続けていました。

その頃、伊達原検事正(野村萬斎)は、罪を犯した人に、罪を犯した人に時間を与える、ちゃんとやり直せる国だと子どもたちに説きます。

アンチヒーロー第1話の感想

日曜劇場らしい、ゾクゾクするドラマですね!

ダークな雰囲気の中にも、正義が見え隠れする明墨。

佇まいそのものが、素敵すぎます。

キャストも凄い顔ぶれが揃っていますよね。

てっきり緋山の事件は、一話完結かと思ったのですが、次週へ続きます。この事件が引き金になっていくのかもしれませんね。

楽しみなドラマが始まりました!!

「アンチヒーロー」来週第2話のあらすじ展開予想!

アンチヒーロー【第2話ネタバレ感想】緋山の作業着とハンマーが99.9%有罪だった!「アンチヒーロー」の第2話(4月21日放送)は、犯人とされている緋山(岩田剛典)は、本当に罪を犯したのでしょうか。 裁判の続きが、...
アンチヒーローはVIVANTから14人も出演!伏線に繋がる?TBS日曜劇場「アンチヒーロー」には、2023年放送の大人気ドラマ「VIVANT」から14人の豪華俳優陣が出演しています! 『VIVA...

 

ABOUT ME
はるはる
ドラマライター歴10年。 脚本の勉強後、フリーランスのドラマライターとして活動。ドラマに関する記事を執筆中。 ドラマのネタバレや考察、展開予想をする際には、ドラマの脚本を勉強した経験を活かし、ドラマの裏側や制作意図を踏まえた考察を心がけています。 また、ドラマファンの視点に立って、ドラマの面白さや魅力をわかりやすく伝えることを大切にしています。 このブログでは、最新のドラマのネタバレや考察、展開予想を、いち早くお届けします。ドラマをもっと楽しむための情報を、ぜひお楽しみください。