虎に翼

虎に翼4月10日ネタバレ(第8回)結婚は罠?シソンヌの法服が話題に!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

朝ドラ「虎に翼」の第8回(4月10日放送)では、主人公・寅子(伊藤沙莉)が、法廷で傍聴した離婚訴訟をきっかけに、結婚制度の不条理に直面する姿が描かれます。

それでは、「虎に翼」第8回(4月10日放送)のあらすじとネタバレをご紹介します。

Contents

虎に翼」第8回(4月10日放送)のあらすじ

第2週タイトル:「女三人寄ればかしましい?

よね(土居志央梨)を尾行し、初めて法廷で傍聴することになった寅子(伊藤沙莉)。

行われていた裁判は、離婚の決着がつかない夫婦の間で、せめて形見の着物を返して欲しいと妻が夫を訴えたものだった。

妻には所有権がないことを知って憤る寅子は、帰宅後に優三(仲野太賀)を質問攻めにする。

なぜ結婚した女の財産は夫の管理下に置かれるのか。

女性が置かれる理不尽な立場を認識した寅子は、「結婚」にますます懐疑的になる。

引用:Gガイド番組表

虎に翼」第8回(4月10日放送)キャスト

【出演】伊藤沙莉,石田ゆり子,岡部たかし,仲野太賀,森田望智,上川周作,土居志央梨,桜井ユキ,平岩紙,ハ・ヨンス,田中要次,小林涼子,安藤輪子,名村辰,栗原英雄,長谷川忍,じろう,小林薫ほか

「虎に翼」第8回(4月10日放送)のみどころ

  • 寅子が初めて法廷で傍聴し、女性の理不尽な現実を目の当たりに!
  • 結婚と女性の権利とは?

虎に翼 第2週「女三人寄ればかしましい?」のあらすじ

「虎に翼」第8回(4月10日放送)ネタバレ

よねを尾行して法廷へ

前話で、同級生のよね(土居志央梨)が男と密会しているのではないかと疑った寅子は、よねを尾行します。

しかし、よねが向かった先は、裁判所でした。

よねは「離婚訴訟」の傍聴に訪れます。

初めて法廷に足を踏み入れた寅子は、裁判の雰囲気に圧倒されます。

夫に暴力を振るわれ家を出た妻は、形見の着物の返却を要求するものでした。

妻の顔には傷があり、震えています。

妻側の検事(シソンヌじろう)は、

せめて祖母と母の形見の着物を妻に返して欲しいと訴えます。

妻の訴えを聞いて憤る寅子

夫側の検事(シソンヌ長谷川忍)は、

嫁として夫が心地よく過ごせるような環境を作ったのか?

それに、こんな古びた着物を取り戻すとは、嫌がらせにしか見えないと言います。

夫は反省するどころか、妻を小馬鹿にした様子で、鼻で笑っています。

妻は、他の女の元に行った夫に帰ってくるよう手紙を書いたが、それに対してまた酷く怒られたと言いますが、夫の検事は一度だけか?もっと誠意を見せるべきじゃないのかと妻に迫ります。

その着物は古びているけれど、妻にとっては、祖母から母が受け継ぎ着ていたもの。

家族を身近に感じられる唯一の形見でした。

寅子、よねの顔は、怒りに満ちています。

 

裁判の結果、妻は着物への所有権がないという理由で訴えを棄却されます。

女は虐げられていることを再確認したよねは、だからこの裁判を傍聴しに来たと言います。

この判決に憤慨する寅子!!

帰宅後に下宿人の優三(仲野太賀)に、民法では結婚した時点で妻は夫の管理下に置かれ、無能力者となると言います。

なぜ結婚した女性の財産は夫の管理下に置かれるのか?

と質問攻めします。

女性の置かれる理不尽な立場

優三から、当時の法律では女性が夫と独立した財産を持つことができなかったこと、そして現在は夫婦別姓や夫婦平等財産制などの議論が進んでいることを説明された寅は、

女性が結婚によって受ける不利益を初めて認識します。

興奮する寅子を、一旦深呼吸して!となだめます。

結婚への懐疑が深まる

怒りが収まらない寅子は、

結婚は罠だ!!

と家族にぶちまけます。

この経験を通して、寅子は結婚制度への疑問を強く持ち始めるのでした。

穂高教授の提案

翌日、穂高教授は、法改正が遅れているけれど、かならず変わると言います。

しかしよねは、何十年も先なら、話しにならないと急き立てます。

続けて寅子は、昨日裁判を傍聴に行ったけれど、やはり女は弱い立場なのか、質問します。

すると穂高は、裁判に正解はないから、自分たちで考えてみてと言い残し去っていきました。

穂高の提案に寅子は、俄然張り切るのでした。

「虎に翼」第8回(4月10日放送)の朝ドラ受けと感想

今日の朝ドラ受けは、「シソンヌの法服」が話題だろうね、というお話でしたw

法服を着たシソンヌさんたちが、なんとも可愛らしかったですね。

寅子が法廷という新たな世界に触れることで、女性の社会的地位や結婚制度の問題について考え始める姿が描かれました。

初めて裁判を傍聴し、女性が社会で平等に活躍するために、法律が果たすべき役割について考え始めるきっかけになります。

一方、よねは、なぜ「離婚裁判」を傍聴したのか、彼女が法の道を進む理由など、後の伏線になりそうですね。

虎に翼【弟の直明役】永瀬矢紘くんのプロフィールと出演作品がすごい!朝ドラ『虎に翼』に登場する、主人公寅子の弟がとってもかわいいですね。 そんな直明役を演じる、永瀬矢紘くんのプロフィールやこれまでの...

「虎に翼」今週一週間のあらすじまとめ

虎に翼【第2週】4月8日〜4月12日放送のあらすじまとめ朝ドラ「虎に翼」の第2週(4月8日〜4月12日放送)は、「女三人寄ればかしましい?」です。 脚本は、吉田恵里香さんです。 そ...

「虎に翼」のキャスト紹介

猪爪寅子 (いのつめ ともこ)  伊藤沙莉 五黄の寅年に生まれる。あだ名は「トラコ」。モデルは、日本初の女性弁護士であり、後に裁判官として女性初の裁判所長も務めた三淵嘉子さん。
猪爪はる(いのつめ はる) 石田ゆり子 寅子の母。現実主義で、直言とは対照的に夢を語る寅子に、厳しい態度をとっている。
猪爪直言(いのつめ なおこと)  岡部たかし 寅子の父。大抵の事は笑って許してくれる優しい父親であるが、恐妻家である。法律を学びたい寅子の夢を応援している。
猪爪直道(いのつめ なおみち) 上川 周作 寅子の兄。
猪爪直明(いのつめ なおあき)  三山凌輝 寅子の弟。責任感が強く、家族のためなら自らを犠牲にすることも厭わない。
米谷花江(よねたに はなえ) 森田 望智 寅子の女学校の同級生。寅子の兄・直道と婚約中。
佐田優三(さだ ゆうぞう) 仲野 太賀 猪爪家の下宿生。両親を早くに亡くし、弁護士だった父に憧れ大学に通うも高等試験(司法試験)には不合格。昼は銀行で働き夜間は大学で勉学に励む。気弱で頼りないが優しく芯が通っている。
桜川涼子(さくらがわ りょうこ) 桜井 ユキ 虎子の大学の同級生。華族のお嬢さま。ファッションや行動が雑誌で取り上げられるほどの有名人。海外で過ごした経験もあり英語が堪能で、成績優秀。
山田よね(やまだ よね)  土居志央梨 さっそうとした男装の女性。同級生の中でも人一倍やる気があり、女性の社会進出に熱い信念を持っている。誰とも群れたがらず、のんきに見える寅子たちに強く当たる。
大庭梅子(おおば うめこ)  平岩紙 寅子の同級生で一番年上の学生。弁護士の夫がいる。家庭では3人の息子の母親。「若いとおなかがすくから」が口癖で、毎日のようにおにぎりを作ってきてくれる。
崔香淑(さい こうしゅく)  ハ・ヨンス 朝鮮半島からの留学生。法律を学んだ兄の勧めで留学。日本語が堪能で、寅子たちともすぐに打ち解ける。
轟太一(とどろき たいち)  戸塚純貴 寅子たちが女子部から法学部へ進学した際に出会う男子学生。努めて男らしく振る舞う。女子部卒の学生たちに対し警戒心を持っているように見えるが……。
花岡悟(はなおか さとる)  岩田剛典 社交的で学生たちの中心的な存在。女子部卒の学生たちにも心を開き、轟をいさめながら寅子たちと行動を共にする。女性から大人気で、寅子にとっても気になる存在。
桂場等一郎(かつらば とういちろう)  松山ケンイチ 司法の独立を重んじる気鋭の裁判官。寅子に対して、女性が法律を学ぶことに疑問を呈する。「法の世界」の手ごわい先輩だが、実は甘党。

「虎に翼」の放送時間一覧

曜日 チャンネル 放送時間
月〜金 NHK BSプレミアム/BS4K 午前7時30分~7時45分
NHK総合テレビ 【朝】午前8時~8時15分
【昼】午後0時45分~1時
土(1週間の振り返り) NHK総合テレビ 【朝】午前8時~8時15分
【昼】午後0時45分~1時
土(1週間分を一挙放送) NHK BSプレミアム/BS4K 午前9時25分~10時40分

「虎に翼」の見逃し配信

U-NEXTでは、朝ドラ「虎に翼」の見逃し配信中です。

見逃してしまった回や、あのシーンをイッキ見できます♪

\「U-NEXT」では朝ドラ「虎に翼」見逃し配信中/



 ※この記事は執筆時点の情報です。詳細はU-NEXT公式サイトをご確認ください。

第7話第9話

ABOUT ME
はるはる
ドラマライター歴10年。 脚本の勉強後、フリーランスのドラマライターとして活動。ドラマに関する記事を執筆中。 ドラマのネタバレや考察、展開予想をする際には、ドラマの脚本を勉強した経験を活かし、ドラマの裏側や制作意図を踏まえた考察を心がけています。 また、ドラマファンの視点に立って、ドラマの面白さや魅力をわかりやすく伝えることを大切にしています。 このブログでは、最新のドラマのネタバレや考察、展開予想を、いち早くお届けします。ドラマをもっと楽しむための情報を、ぜひお楽しみください。