虎に翼

虎に翼(第3回)4月3日あらすじネタバレ|穂高の驚くべき誘いに寅子は?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

朝ドラ「虎に翼」の第3話(4月3日放送)では、寅子が運命的な出会いによって、夢への第一歩を踏み出す姿が描かれます。

なんと、法律に強い関心を持つ寅子に穂高は「明律大学女子部法科」へ来いと言います。

それでは、「虎に翼」第2回(4月3日放送)のあらすじとネタバレをご紹介します。

\「U-NEXT」で朝ドラ「虎に翼」をイッキ見!/

Contents

虎に翼」第3回(4月3日放送)のあらすじ

第1週タイトル:「女賢しくて牛売り損なう?」

教室から聞こえた「女性は無能力者」という言葉に思わず反応してしまった寅子(伊藤沙莉)は、教授の穂高重親(小林薫)と臨時講師の裁判官・桂場等一郎(松山ケンイチ)と出会う。

法律に強い関心を持つ寅子に「明律大学女子部法科」へ来いと言う穂高。

そこは、女性も弁護士になれる時代が来ることを見越した女性のための法律の学校だった。

希望を見出した寅子は母・はる(石田ゆり子)が実家に帰っている間に出願しようと企む。

引用:Gガイド番組表

虎に翼」第3回(4月3日放送)キャスト

【出演】伊藤沙莉,石田ゆり子,岡部たかし,仲野太賀,森田望智,上川周作,田中真弓,松山ケンイチ,小林薫,【語り】尾野真千子【脚本】吉田恵里香

「虎に翼」第3回(4月3日放送)のみどころ

  • 女性は無能力?暴れる寅子!!
  • 明律大学女子部法科への誘い
  • 寅子の父への説得

「虎に翼」第3回(4月3日放送)ネタバレ

教室から聞こえた衝撃的な言葉

佐田優三(仲野太賀)の大学に弁当を届けに行った寅子は、教室から聞こえてきた「女性は無能力者」という言葉に思わず反応してしまいます。

その言葉を発したのは、腰を痛めた教授・穂高重親(小林薫)に代わり、臨時講師を務める裁判官・桂場等一郎(松山ケンイチ)でした。

女性が社会で活躍することに疑問を抱く桂場に対し、寅子は真っ向から反論します。

母は、家事全般、そしてお金の管理もしているし、それが無能と癒えるのか?

しかし、法律上は結婚した女性は夫の許可を得て、仕事をすること、夫の代理を務める事ができることになっています。

代理を務めるのに、無能か?

ますます理解できない寅子は、女性だって能力を発揮できるはずだと、熱意を込めて訴えるのです。

穂高の誘い

教授・穂高重親(小林薫)は、そんなに釈然としないのは体に毒だから、講義を聞いていきなさいと言い、寅子は優三とともに席に着きます。

穂高教授は、法律は全ての人に平等であるというのに、寅子の言い分をどう捉えるか、学生たちに問います。

講義が終わると、穂高教授は甘党の桂場に団子を渡して、助かったお礼を言いました。

優三は、寅子を講義に入れてくれた穂高教授にお礼を言います。

穂高教授は、スッキリしたか?と寅子に問います。

寅子は、結婚したいと思わないのも、母が公の場では前に出ないのも、女というものに対して漠然としたものがはっきりしたと答えました。

寅子の才能を見抜いた穂高教授は、明律大学女子部法科への入学を勧めます。

まもなく女性も弁護士になれる時代が来る。

だから、大学で法律を学びなさいと言います。

父への説得

願書をもらい帰宅した寅子は、さっそく父・直言(岡部たかし)に話しをします。

三年学べば、男子と同じ法学部に進めるし、私みたいに優秀な女子は学びなさいと言われたから、進学したいとやる気満々です!

隣にいる優三は、気が気じゃありません。

お弁当を届けてもらったばっかりに、こんなことになってしまってすみません!と直言に頭を下げます。

すると、直言は、

その手があったか!!

と意外な反応を見せます。

直言は、お見合いを嫌がる寅子に、進学という逃げ道があったことを幸いだと思いました。

しかし、それをはる(石田ゆり子)が許すか、心配になる優三・・・。

直言は、絶対に説得してみせる!と約束します。

思わず「お父さん!!」と喜ぶ寅子は、父の手を握って喜びます。

翌日。

直言は、寅子とともに女学校へ向かい、内申書を用意してくれと担任に話しをしに行きます。

すると担任は、母はるに話しを通したのか心配します。

進学したら6年間学ぶことになるし、そうなると卒業時は20代半ば。

学を付けすぎて、婚期を逃すのでは・・・と懸念しますが、寅子の申し入れを受け入れました。

無事、願書を提出した寅子。

昭和6年12月。

はるが香川丸亀から帰宅します。

不在の間に何か変わったことはなかったか?と尋ねます。

直言は思わず新聞で顔を隠し、逃げるように去っていきます。

え・・・

寅子はつぶやきます。

そんな中、兄・直道(上川 周作)と結婚が決まった同級生の花江(森田 望智)がやってきて、進学の件は、はるにはしばらく黙っていてくれと頼みます。

直道との結婚式が終わるまでは、波風立てないでくれというものでした。

寅子は、直道が花江に一目惚れしたと思っていましたが、実は花江が先に直道を好きになっていました。

女学校に入学してすぐの頃、寅子がお弁当を忘れて届けに来た直道は、二階からバケツの水をかぶったのに、爽やかな笑顔で「大丈夫だよ。」と言ったのです。

普通なら激怒するはずなのに、うっかり水をまいた女子生徒を笑顔で許したのです。

そんな直道を見て、結婚するならばこんな人だと思ったのです。

ようやく、結婚にこぎつけた花江は、どうしても欲しいものがあるならば

「したたかに生きろ」

と助言するのでした。

「虎に翼」第3回(4月3日放送)の感想

朝ドラ「虎に翼」第3話では、寅子が、まさに虎のように大きな一歩を踏み出しましたね。

たまたまお弁当を届けた寅子は、女性も弁護士になれる時代が来ること知り、法律学校で学んでみないかとオファーを受けます。

穂高との出会いよって、寅子の運命が動き出しました。

穂高先生も、寅子には将来性を感じたんだね

父・直言が心配

しかし心配なのは父・直言です。

寅子に、お母さんには上手く言っておくと約束したものの、彼は妻はるに頭が上がりません。

きっとはるがかえってきたら、激怒されることでしょう。

虎に翼【第1週】4月1日〜4月5日放送のあらすじまとめ朝ドラ「虎に翼」の第1週(4月1日〜4月5日放送)は、「女賢しくて牛売り損なう?」です。 脚本は、吉田恵里香さんです。 それ...

「虎に翼」のキャスト紹介

猪爪寅子 (いのつめ ともこ)  伊藤沙莉 五黄の寅年に生まれる。あだ名は「トラコ」。モデルは、日本初の女性弁護士であり、後に裁判官として女性初の裁判所長も務めた三淵嘉子さん。
猪爪はる(いのつめ はる) 石田ゆり子 寅子の母。現実主義で、直言とは対照的に夢を語る寅子に、厳しい態度をとっている。
猪爪直言(いのつめ なおこと)  岡部たかし 寅子の父。大抵の事は笑って許してくれる優しい父親であるが、恐妻家である。法律を学びたい寅子の夢を応援している。
猪爪直道(いのつめ なおみち) 上川 周作 寅子の兄。
猪爪直明(いのつめ なおあき)  三山凌輝 寅子の弟。責任感が強く、家族のためなら自らを犠牲にすることも厭わない。
米谷花江(よねたに はなえ) 森田 望智 寅子の女学校の同級生。寅子の兄・直道と婚約中。
佐田優三(さだ ゆうぞう) 仲野 太賀 猪爪家の下宿生。両親を早くに亡くし、弁護士だった父に憧れ大学に通うも高等試験(司法試験)には不合格。昼は銀行で働き夜間は大学で勉学に励む。気弱で頼りないが優しく芯が通っている。
桜川涼子(さくらがわ りょうこ) 桜井 ユキ 虎子の大学の同級生。華族のお嬢さま。ファッションや行動が雑誌で取り上げられるほどの有名人。海外で過ごした経験もあり英語が堪能で、成績優秀。
桂場等一郎(かつらば とういちろう)  松山ケンイチ 司法の独立を重んじる気鋭の裁判官。寅子に対して、女性が法律を学ぶことに疑問を呈する。「法の世界」の手ごわい先輩だが、実は甘党。

「虎に翼」の放送時間一覧

曜日 チャンネル 放送時間
月〜金 NHK BSプレミアム/BS4K 午前7時30分~7時45分
NHK総合テレビ 【朝】午前8時~8時15分
【昼】午後0時45分~1時
土(1週間の振り返り) NHK総合テレビ 【朝】午前8時~8時15分
【昼】午後0時45分~1時
土(1週間分を一挙放送) NHK BSプレミアム/BS4K 午前9時25分~10時40分

「虎に翼」の見逃し配信

U-NEXTでは、朝ドラ「虎に翼」の見逃し配信中です。

見逃してしまった回や、あのシーンをイッキ見できます♪

\「U-NEXT」では朝ドラ「虎に翼」見逃し配信中/



 ※この記事は執筆時点の情報です。詳細はU-NEXT公式サイトをご確認ください。

第2話第4回

ABOUT ME
はるはる
ドラマライター歴10年。 脚本の勉強後、フリーランスのドラマライターとして活動。ドラマに関する記事を執筆中。 ドラマのネタバレや考察、展開予想をする際には、ドラマの脚本を勉強した経験を活かし、ドラマの裏側や制作意図を踏まえた考察を心がけています。 また、ドラマファンの視点に立って、ドラマの面白さや魅力をわかりやすく伝えることを大切にしています。 このブログでは、最新のドラマのネタバレや考察、展開予想を、いち早くお届けします。ドラマをもっと楽しむための情報を、ぜひお楽しみください。