大奥

大奥【最終回ネタバレ】家治倒れる!史実と違う結末に?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「大奥」の最終回(3月28日放送)は、ついに最終回を迎えたドラマ「大奥」。将軍家治(亀梨和也)の病状が悪化し、江戸に不吉な影が忍び寄ります。

一方、松平定信(宮舘涼太)は、家治の病状を好機と捉え、新たな手立てを思いつきます。果たして、定信の狙いとは?

倫子、そして江戸、大奥の運命は?

それでは「大奥」の最終回のネタバレと感想をご紹介します。

Contents

「大奥」これまでのあらすじ

京の頃より倫子に仕えるお品(西野七瀬)は、田沼(安田顕)と高岳(田中道子)の策略によって家治の側室となり男児・貞次郎を産む。しかしお知保(森川葵)の息子・家基が世継ぎに決定し、危機感を募らせていく。田沼はお品の子を世継ぎにするためには、家基を消すしかないと言い、お品も我が子を世継ぎにするために必死になっていく。一方、松平定信(宮舘涼太)は猿吉(本多力)を動かして、家基、貞次郎を消そうとする。命令に従う猿吉は、家基を川に落とし、家基は命を落とす。しかし、猿吉はお品の子・貞次郎は殺める事ができずに定信に殺されてしまう。子を失う悲しみに暮れる家治は、倫子に「自分は徳川家の血筋ではない」と打ち明ける。しかしこれは田沼の嘘だったことに気づいた家治は田沼を処分する。一方、家治の血を根絶やしにすると企む定信は、お品の子・貞次郎を殺め、お品は大奥を去る。

第1話 第2話    第3話   第4話 第5話    第6話   第7話   第8話   第9話   第10話  

「大奥」最終回のあらすじ

「大奥」最終回あらすじ

「大奥」最終回の見どころ

1.家治の病状は悪化の一途?

2.浅間山の大噴火!

3.田沼と定信の対決

 

「大奥」の最終回のネタバレ

家治の病状と倫子の献身的な看病

家治は咳が続いて喀血し、高熱にうなされ、御匙も匙を投げるほどの重体でした。

倫子は家治の看病に徹し、少しでも容体が良くなるよう願い続けます。

浅間山噴火の影響と江戸の混乱

そんな折、浅間山が噴火し、江戸は真っ暗になり火山灰が降り注ぎます。

江戸城は灰に埋もれ、人々は不安と恐怖に包まれました。

病に伏せる家治は、この事態を打開しようと、自ら蟄居閉門を命じていた田沼意次を呼び寄せます。

この国のために力を貸してくれと涙ながらに訴える家治。

田沼は、家治の最後の命をしっかりと受け止め、国難を乗り切るために指揮を摂ります。

家治の最期

家治は、御匙の反対を押し切って倫子を呼び寄せました。

倫子が急いで家治の床に行くと、家治は、もうこの体から離れる時が来たようだと、自分の死期を悟っていました。

涙を流す倫子に、泣き顔すら愛おしいと倫子への思いを伝えます。

そして子どもたちを殺した者を捕らえること、この国を豊かにすることなどのやり残したことができなかった無念、そして何より倫子ともっと一緒にいたかったと言い残し、倫子の膝の上で息を引き取りました。

大奥は深い悲しみに包まれます。

定信の新たな手立てと狙い

松平定信(宮舘涼太)は、家治の死を好機と捉え、幕府の実権を握ろう動き出し・・・。

田沼は、寝る暇も惜しまず家治に代わって指揮を摂りますが、息子が斬り殺されるという悲しみが重なります。

そこへ、定信がやってきて、今は喪に服すべきだと言います。

しかし田沼は、この国難を乗り切ることは家治の最後の願いだと死仕事に戻ろうとしますが、定信は田沼の「老中職を解く」という書面を広げます。

定信は、幼い頃、田沼によって江戸を追われた憎しみを忘れる日はありませんでした。

今こそ田沼に復讐しようと、田沼を江戸から追い出そうと手を回していたのです。

世間では、田沼への風当たりが厳しくなり、田沼一家は屋敷から追い出されてしまいます。

定信は、田沼に代わって「老住職」に就き権力を振るいます。

定信の悪事が全て明らかに

一方、悲しみくるれる倫子の元に、お品宛ての荷物が届きます。

お品は大奥を離れており、倫子は代わりに荷物を開けると、猿吉からの一通の手紙が入ってきました。

手紙を読んだ倫子は、すぐに定信を呼び寄せます。

定信は、倫子に呼ばれて喜び勇んでやってきます。

そんな定信は、将軍職が空いたままだが、自分が政をしかとやって見せると倫子にアピールします。

しかし倫子は、それが目的だったのかと言います。

幼い頃、定信は優しかったものの、トンボの羽をちぎったり、恐ろしい一面があったことに倫子は気づいていました。

猿吉がお品宛てに送った手紙に、定信の命で世継ぎを殺したこと全てが書かれていたと声を張り上げます。

定信は、知らぬ存ぜぬを貫きます。

倫子は、定信には天罰が下る!と激怒!!

大奥が火事に!

その夜、田沼は家治にちらつかせていた寶の扇に火を付け・・・

瞬く間に大奥は火に包まれ、騒然とします。

倫子を助けに来たお知保。

倫子はこのままここで家治様と・・・と大奥で死ぬ覚悟でした。

お知保は、それならば自分もここで一緒にと、覚悟を決めます。

するとそこへ、聞き覚えのある声がします。

倫子さま!!

なんと、お品が現れます。

お品は、家治さまはすべて私達のために大きなウソをついていたと言います。

実は、お品の息子の貞次郎は生きていたのです。

このままでは、貞次郎が危ないと察した家治は、貞次郎とお品を御三卿の一橋家で生きるよう手配していたのです。

ある本を読んだ倫子が、私なら「猫を増やす」と言ったことが忘れられず、家治はそれを実行し、倫子、お知保、お品で協力して徳川の反映に導いてほしいという願いいが込められていました。

倫子は臨終の際に家治が言った「三つ葉 葵」の意味がやっとわかり、大奥の火の手から逃げる倫子、お知保、お品。

田沼は、火に包まれながら、上様と自分は表裏一体と言い残し切腹しました。

倫子のつわり

平穏な日々が戻ったある日。

倫子はつわりが始まります。

倫子は、家治が「万寿」と名付けてくれと言った言葉を思い出します。

家治が残した子がこのお腹にいると感じた倫子は、やっと笑みを取り戻します。

改修された大奥に戻った倫子は、大御台所となり、これからは私が皆を守ると約束し、皆の前で家治の意思を伝えます。

5年後

家治が作った学問所で多くを学んだ青年たちが、新しい世を作ろうと希望にあふれていました。

松平定信の倹約時代は、不景気を招いていました。

倫子は御三卿の同意を経て定信を江戸城から追い出しました。

倫子は、愛娘・万寿と幸せな日々を過ごします。

10年後

家治の養子として迎えられた豊千代が徳川家斉役(鈴木福) が第11代将軍に。

倫子は、家治が亡くなり15回目の春を迎えていました。

家治が眠る寛永寺に、御僧(浅野ゆう子)が倫子を案内します。

明日は、万寿姫の婚儀が行われ、晴れやかな気持ちの倫子は桜いっぱいの空の下で、トンボを飛ばすのでした。

「大奥」最終回を史実と合わせて感想!

家治の病状

家治は、病に倒れるものの、倫子の献身的な看病により回復し、その後も数年は将軍として在位すると予想しましたが、あえなく命を落としました。

史実では、倫子は若くしてこの世を去り、家治はその後も在位しています。

大奥【家治の死因は田沼の毒殺?】ミステリアスすぎる死因3つの説!ドラマ「大奥2024」は、主人公の徳川家治(亀梨和也)が田沼(安田顕)に操られ、形見の狭い思いをしています。 そんな家治は、何歳ま...

定信の結末

史実でも、田沼の政策に反対の声が上がり、定信は後任なっています。

大奥【松平定信(宮舘涼太)が将軍に?】田沼を恨む理由を徹底解説!ドラマ「大奥」は、宮舘涼太さん演じる松平定信、その父田安宗武(陣内孝則)の動きが怪しくなってきました。 田安は、定信を次期将軍にし...

家治と倫子の子供

倫子は懐妊し「万寿」という姫を出産しました。

長く生きることを願って付けられた名前でしょうが、史実では、万寿姫も早世しています。

倫子の生涯と子供についてはこちらにまとめています↓

大奥【倫子の死因の疑問】何歳まで生きた?最期は壮絶?ドラマ「大奥」で、小芝風花さん演じる徳川家治の正室・倫子は、大奥という過酷な状況でも力強く生きるヒロインです。 そんな倫子は、何歳まで...
大奥【倫子の子供は万寿姫】世継ぎ問題の結末が壮絶!ドラマ「大奥」の中でも徳川家治(亀梨和也)と正室・倫子(小芝風花)は、徳川家の世継ぎ問題が大きく立ちはだかります。 果たして、倫子...

家治最期のウソ

お品は大奥を追われたと思っていましたが、実は貞次郎とともに生きていました!

松島の図らいで、再びお品は、倫子の付き人になっていましたね。

理想としては、尼寺であの頃のように一緒に笑いながら余生を過ごしてほしいと思いました。

ラスト結末

史実では、貞次郎も早世し、家治の後は、将軍徳川御三卿の徳川治済(とくがわはるさだ)の子、豊千代(とよちよ)を跡継ぎのために養子に迎え、徳川家斉が11代将軍に。

徳川家斉役は、福くんでしたね!

そして家治が眠る寛永寺を訪れ、娘の万寿の婚礼を伝えにいった倫子を案内したのは、浅野ゆう子さん!!

今シリーズではナレーションでしたが、お姿を見れて、これぞ大奥!!と思いました。

ラストシーンは、満開の桜の中、倫子が優しく微笑む美しいシーンでした。

しかし、最後の最後、再び「大奥」に不穏な音が!

すでに次の大奥を見たくなりました!

大奥【お品どうなる?子供を産む?】裏切りの理由は高岳と田沼の陰謀ドラマ「大奥」では、お品は徳川家治の側室となりました。 貞之助と出会い、幸せそうなお品でしたが、彼女に何があったのでしょうか。 倫子...
大奥【お品の子供は跡取り?】お品の最期と貞之助との恋の結末!ドラマ「大奥」では、倫子を支えるお品(西野七瀬)がとっても献身的で仲睦まじい姿が描かれています。 そんなお品にも、葉山貞之助(小関...

「大奥」関連記事

大奥【倫子の子供は万寿姫】世継ぎ問題の結末が壮絶!ドラマ「大奥」の中でも徳川家治(亀梨和也)と正室・倫子(小芝風花)は、徳川家の世継ぎ問題が大きく立ちはだかります。 果たして、倫子...
大奥|母お幸の悲劇!家治が側室を拒否する理由に涙!ドラマ「大奥」では、徳川家治(亀梨和也)が幼い頃に経験した悲劇的な出来事が、彼の現在に大きな影響を与えていることが描かれています。 ...
大奥【高岳の眉毛がない理由】怖い高岳の結末は?ドラマ「大奥」では、高岳が倫子に次から次へと嫌がらせを仕掛け、怖い存在です。 そんな高岳は眉毛がありません。余計に恐ろしさを表現し...
大奥【家治の子役!竹千代役】周郷一颯くんのプロフィール出演作は?ドラマ大奥で、家治(亀梨和也)の幼少期、竹千代役を演じた子役がとっても可愛かったですよね。 この記事では、ドラマ「大奥」で家治の幼...

\「大奥」ノベライズ本 発売!/

 

\大奥全話あらすじ/

 

 

ABOUT ME
はるはる
ドラマライター歴10年。 脚本の勉強後、フリーランスのドラマライターとして活動。ドラマに関する記事を執筆中。 ドラマのネタバレや考察、展開予想をする際には、ドラマの脚本を勉強した経験を活かし、ドラマの裏側や制作意図を踏まえた考察を心がけています。 また、ドラマファンの視点に立って、ドラマの面白さや魅力をわかりやすく伝えることを大切にしています。 このブログでは、最新のドラマのネタバレや考察、展開予想を、いち早くお届けします。ドラマをもっと楽しむための情報を、ぜひお楽しみください。