君が心をくれたから

君が心をくれたから【最終回ネタバレ】奇跡には続きがある!?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

月9ドラマ「君が心をくれたから」の最終回(3月18日放送)は、雨が最後の聴覚を失うタイムリミットが告げられます。

雨と太陽は、その日まで沢山笑って、楽しく過ごそうと約束します。

しかし、最後の最後に奇跡が起こる可能性もあり・・・。

それでは、「君が心をくれたから」最終回の見どころとあらすじネタバレ感想をまとめました。

Contents

「君が心をくれたから」これまでのあらすじネタバレ

第1話  第2話   第3話 第4話  第5話 第6話 第7話   第8話    第9話    第10話

「君が心をくれたから」最終回の見どころ

  • 雨は最後の五感・聴覚を失う?
  • 日下はどうなる?
  • 最後の最後に大逆転がある? 

「君が心をくれたから」最終回ネタバレ

タイムリミットの宣告

日付が変わる午前0時、雨は五感のうち最後の「聴覚」を失うタイムリミットを告げられます。

それは1週間後の3月31日午後4時です。

 雨の願い

日下からタイムリミットを教えられた雨は、線香花火の勝負で勝ったことを理由に太陽に1つ頼み事をします。

それは、桜まつりからの帰り道に太陽が約束した「雨の心を支える言葉」を、聴覚がなくなる前に聞きたいという願いでした。

太陽の約束

雨の願いを聞いた太陽は、聴覚がなくなるその時まで雨の心を支える言葉を伝えることを約束します。そして、それまでの間は二人でたくさん笑おうと提案します。

残された時間

タイムリミットまで残り1週間。

雨と太陽は、残された時間を大切に過ごし、たくさんの思い出を作ろうとします。

春陽は、絶対に花火師になる!と約束します。もし取材とか受けたなら、雨ちゃんがいたから花火師になれたって言うと指切りします。

雨と太陽の幸せな時間

長崎孔子廟や眼鏡橋を訪れたり、もう一度観覧車に乗ったりして、雨と太陽は幸せな時間を過ごします。

太陽は、雨に伝える言葉を考え続け、聴覚を失う前に雨の心を支える言葉を探します。

運命の3月31日

3月31日。

雨が最後に行きたいと言ったのは、二人が出会った母校・長崎県立長崎高校でした。

春陽にメイクをしてもらった雨は、太陽と一緒に高校を訪れます。

雨は太陽に、自分の人生は幸せだったと告げます。太陽は、もしあの日雨が降っていなくて自分が声をかけなかったら、雨はこんな人生を送っていなかったかもしれないと想像し、涙が止まりません。

それでも雨は、あの日赤い傘に入れてくれたこと、そして再会できたことに感謝の気持ちを伝えます。

時計の針は2時57分。あと3分で3時です。太陽はタイムリミットまであと1時間しかないと告げます。

奇跡の続き

雨は太陽に最後のお願いをします。それは、「もう私のことを思い出さないで」というものでした。

太陽はそんな約束はできないと納得できません。

「もうこの恋はおしまい。」

そう言うと、雨は聴覚を失い、とうとう五感を失ってしまいます。

雨は午後3時に聴覚を失うはずでしたが、太陽には4時だと伝えていました。

太陽は日下に雨を助けてくれとお願いします。

すると日下は、「奇跡は終わっていない」と言い…

太陽の死

翌朝、雨が目を覚ますと、五感がすべて戻っていました。

そこに望田が現れ、太陽が午前0時に亡くなったことを伝えます。

亡くなる前日、太陽は家族に午前0時に亡くなることを伝えますが、父は信じようとしません。しかし春陽は太陽を信じます。太陽は、母・千秋から春陽に伝言があると言い、家族を守る優しい人になってくれていたことが嬉しかったと伝えました。

春陽は、太陽から預かった手紙を雨に渡します。

シンディーに魔法の言葉をかけてという内容でした。

すると、シンディーから太陽の声が聞こえてきます。

驚かせたかも知れないけれど、日下さんから与えられた奇跡に対して太陽が選択をする番だと言われ、自分が亡くなることで、雨の心が戻ることを選択したと言います。

本来ならば、自分が亡くなっていたはずが、雨が奇跡をうけいれてくれたことで、雨と過ごす猶予をもらったし、雨の愛もたくさん受け取ったと言います。

そして雨に、沢山の人を幸せにするパティシエになってとお願いしました。

そしてその夢がかなった時、雨を降らすから、その時は赤い傘をさしてというメッセージでした。

太陽の面影が現れ、2人は指切りしました。

雨の手首には太陽が結んだ赤い糸が巻いてありました。

太陽の花火

雨は太陽のお墓を訪れ、爆竹を鳴らします。以前、太陽は爆竹は天国にいる人を呼ぶための儀式じゃないかと話していました。

すると、太陽の父・陽一から電話が入り、あの日にあげた太陽の花火の予備があるから、見届けてくれと言います。

春陽は、その花火をあげます。

それは、あの傘と同じ、真っ赤な花火でした。

雨は太陽の花火を見て、笑顔になります。

雨は再び東京へ

雨は東京へと旅立ち、退院した母は雨を見送ります。もうくじけたりしないと約束する雨の手元には、赤い傘がありました。

数年後、雨は「SUN&RAIN」というお店をオープンします。

すると、雨が降ってきます。これは太陽の雨だと気づき…

「君が心をくれたから」最終回の感想

「君が心をくれたから」最終回、確かに賛否両論な結末でしたね。

雨は五感を奇跡的に取り戻し、パティシエの夢を叶え、太陽と共に過ごせる時間を得ました。太陽の花火を見れたシーンは、まさにタイトル通りの感動的な瞬間でした。

しかし、太陽自身は姿を消し、ハッピーエンドと捉えるには複雑な思いが残りました。困難を乗り越えた2人が共に幸せになる結末を望んでいた方も多かったのではないでしょうか。

一方、太陽の死は、彼が天寿を全うしたとも言えます。彼は雨に生きる希望を与え、五感を取り戻すまで見守る役割を担っていました。その役目が終わった時点で、太陽は決心していたのかもしれません。

日下さんも、太陽と共に消えた可能性が高いでしょう。彼の存在は物語の重要な鍵となっていました。太陽と共に消えることで、物語に謎を残さず、スッキリと締めくくったのかもしれません。

最終的には、結末をどのように解釈するかによって、ハッピーエンドかどうかが決まるラストだったと思います。

君が心をくれたから【日下の結末】最後に伏線回収?雨の五感を取り戻す!ドラマ「君が心をくれたから」は、案内人の日下が徐々に変化してきました。 案内人として、雨が五感を失った後は、消えていくのでしょうか。...
君が心をくれたから【雨の五感は復活確定の伏線】ハッピーエンドで終わる?ドラマ「君が心をくれたから」が最終回を迎えます。 主人公の雨(永野芽郁)が五感を失ったまま、ラスト結末を迎えるのか、気になるところ...
君が心をくれたから【キャスト相関図】画像付きで登場人物全員を徹底解説!月9ドラマ「君が心をくれたから」が、2024年1月よりスタートします。 今回の月9にはどんなキャストが登場するのか、顔ぶれを写真つ...
君が心をくれたから【傘はこれ!】赤い運命の糸で結ばれる傘?月9ドラマ「君が心をくれたから」に登場した、赤い傘がとっても印象的でしたね! ドラマの中で何度も登場する赤い折りたたみの傘が、とっ...
君が心をくれたから【考察】太陽の母は千秋(松本若菜)で確定!親子の再会はいつ?「君が心をくれたから」は、太陽(山田裕貴)は、太陽が亡くなった母親の死に疑問を抱く中、姉妹が気になっていた母親の写真が一切ないという事実...

\「君が心をくれたから」ノベライズ本発売♪/

ドラマないオリジナル短編小説収録!

 

\雨のキャリーケースはこちら♪/

 

ABOUT ME
はるはる
ドラマライター歴10年。 脚本の勉強後、フリーランスのドラマライターとして活動。ドラマに関する記事を執筆中。 ドラマのネタバレや考察、展開予想をする際には、ドラマの脚本を勉強した経験を活かし、ドラマの裏側や制作意図を踏まえた考察を心がけています。 また、ドラマファンの視点に立って、ドラマの面白さや魅力をわかりやすく伝えることを大切にしています。 このブログでは、最新のドラマのネタバレや考察、展開予想を、いち早くお届けします。ドラマをもっと楽しむための情報を、ぜひお楽しみください。