さよならマエストロ

さよならマエストロ【俊平はドイツへ行く?】最終回結末予想!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ドラマ「さよならマエストロ」は、主人公・俊平が、自分の夢だったドイツへ行くかどうか、決断に迫られています。

ただ、俊平は自分の夢のせいで家族がバラバラになったことから、夢を追いかけることを拒んでいるようです。

最終回では、俊平が夢を追いかけてドイツ留学するか、家族を選ぶのかが最大の焦点となります。

俊平がどんな決断を下すのか、最終回結末を予想しました。

Contents

俊平はドイツへの夢と家族のどちらを選ぶのか?

俊平は、夢である音楽家としての道を追求するためにドイツ行きを決断するのでしょうか。

今の状況から見ると、俊平はドイツに行く気配を見せていません。

反発していながらも俊平の夢を知っている響すら、俊平にヤキモキしているようです。

自分のせいで家族が壊れてしまった、響を傷つけてしまったと罪悪感を持つ俊平にとって優先すべきは家族であり、周りから何と言われようと動じない頑固さを感じます。

夢を選ぶことは家族との別れを意味するものでもあります。

俊平はドイツへ行く?

俊平がドイツに行くならば、以下のような要素が挙げられます。

響、志帆からの背中押し

俊平は、響、志帆の説得を受け、ドイツ行きを決断する可能性が高いです。

晴見フィルハーモニーのメンバーとの活動もしたい反面で悩みますが、メンバーのみんな、響や志帆から「行ってきて!」と説得され、自分の夢にとことん向き合うのではないかと思います。

響たちの後押しで、自分の夢に全力で向き合うことを選択するでしょう。

父・行彦との再会

俊平が音楽を始めた初心を思い出す要素として、父・行彦との再会が挙げられます。

主人公の俊平は父の行彦のところに帰り、高校生の頃、隣の家のシュナイダーと出会ったことで、音楽に出会ったことをみんなに話して初心を思い出しました。

父・行彦にも「帰ってくるな。頑張れ!!」と言われたので、ドイツ行きを決断する要素になると思います。

行彦からの励ましや支持が、俊平にとって重要な意味を持つと思います。

後世に伝えたい思い

俊平が自らの才能、そして指揮者として活躍する姿を、響や海に伝えたいと思っているかもしれません。

これは彼の音楽への情熱、「アパッシオナート」を伝えたいと思うかもしれません。

ドイツに行けば、世界的指揮者になる夢が実現します。

周囲の人々の支えを受け、俊平は決断を下すのではないでしょうか。

響の応援

俊平がドイツに行くことを決めるとしたら、

俊平の才能によって潰れてしまった響がバイオリンを再び始めることだと思います。

響と和解できた時点でドラマの大半の目的は達成しているはずなので、今度は俊平の念願を果たす時だと思います。

ドラマのタイトル「さよならマエストロ」

題名の「さよならマエストロ」はもう一度家族が前向きに進み出す意味だと思います。

サブタイトルの「父と私のアパッシオナート」とは、

父の選んだ指揮者としての情熱であり、

娘のバイオリニストとしての情熱に対する意味だと思います。

このタイトルは、俊平が家族や晴見フィルハーモニーと別れ、新たな旅立ちを迎えることを暗示していると考えられます。

ドイツ行きは、俊平にとって大きな決断ですが、俊平の人生の新たな章への始まりとなるでしょう。

さよならマエストロ【俊平と志帆が離婚】二人が選ぶ道とは?ドラマ「さよならマエストロ」は、主人公の俊平(西島秀俊)と、妻・志帆(石田ゆり子)が離婚するのか、しないのか、その行方が気になります。...
さよならマエストロ【晴海フィルは存続する?】解散の危機を救うのは誰?ドラマ「さよならマエストロ」は、晴海フィルの解散が決定しています。 しかし、本当にこのまま解散するのでしょうか。 最終回では、仙台フ...
さよならマエストロ【キャスト相関図】画像付きで登場人物全員を徹底解説!日曜劇場「さよならマエストロ〜父と私のアパッシオナート〜」が、2024年1月よりスタートします。 西島秀俊さんと芦田愛菜さんの父と...
さよならマエストロ息子海役の大西利空さんのプロフィールや出演作品まとめドラマ「さよならマエストロ」は、世界的指揮者の俊平の家族の再生を描きます。 その中でも、大西利空さんが演じる息子の海は、家族再生の...

「さよならマエストロ」のキャストなどまとめ

役名 役柄
夏目俊平(なつめ しゅんぺい) 西島秀俊 主人公。元指揮者。娘との関係に悩む。若くして海外で活動し、数々の著名なオーケストラと共演してきた天才マエストロ(指揮者)。5年前に起きた“ある事件”をきっかけに家族は俊平のもとを去り、俊平自身は音楽界から離れていた。
夏目響(なつめ ひびき)〈20〉芦田愛菜 俊平の娘。晴見市役所総務課に勤務している。5年前の“ある事件”をきっかけに俊平とは不仲。
森大輝(もり だいき)宮沢氷魚 トランペット奏者。努力家だが、演奏に難がある。響と同じ市役所の観光課に勤務。
内村菜々(うちむら なな) 久間田琳加 ティンパニ奏者。大学生。高校時代のトラウマがある。
古谷悟史(ふるや さとし)玉山鉄二 団長。ファゴット奏者。晴見市役所観光課の職員。響の上司。俊平を指揮者として招聘。
近藤益夫(こんどう ますお)津田寛治 コンサートマスターでバイオリン奏者。建設会社の社長。指揮者志望で俊平を快く思わない。
夏目志帆(なつめ しほ)石田ゆり子 俊平の元妻で響と海の母親。画家。俊平を晴見フィルハーモニーの指揮者に推薦する理由がある。
夏目海(なつめ うみ)大西利空 俊平の息子。フランス生まれの帰国子女。高校2年生。父と姉の関係をさり気なくフォローする。
谷崎天音(たにざき あまね)當真あみ 高校2年生。楽天的。音楽経験はゼロだが晴見フィルハーモニーに入るが、ある秘密を抱えていて……
小村二朗(こむら じろう)西田敏行 カフェ「うたカフェ二朗」の店主で、大輝の祖父。晴見フィルハーモニーの最古参で、俊平とも過去に深い縁がある。
倉科瑠李(くらしな るり)新木優子 フルート奏者。恋愛絡みで事件を起こして数多のオケをクビになってきた。狙った獲物は決して逃がさない通称“カルメン”。
鏑木晃一(かぶらぎ こういち)満島真之介 物語の鍵を握る謎の男。5年前の“ある事件”を知っているようで近づく。晴見フィルに大きな波紋を呼ぶ。
公式サイト 公式HP
公式SNS 公式X

公式Instagram

脚本 大島里美

「凪のお暇」「妻、小学生になる。」など

 

\2024年1月スタートのドラマ/

リビングの松永さん

新空港占拠

厨房のありす

大奥

春になったら

君が心をくれたから

さよならマエストロ

おっさんずラブリターンズ

ABOUT ME
はるはる
ドラマライター歴10年。 脚本の勉強後、フリーランスのドラマライターとして活動。ドラマに関する記事を執筆中。 ドラマのネタバレや考察、展開予想をする際には、ドラマの脚本を勉強した経験を活かし、ドラマの裏側や制作意図を踏まえた考察を心がけています。 また、ドラマファンの視点に立って、ドラマの面白さや魅力をわかりやすく伝えることを大切にしています。 このブログでは、最新のドラマのネタバレや考察、展開予想を、いち早くお届けします。ドラマをもっと楽しむための情報を、ぜひお楽しみください。