君が心をくれたから

君が心をくれたから【10話ネタバレ】雨は太陽の花火を見れない?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

月9ドラマ「君が心をくれたから」の第10話(3月11日放送)は、ついに雨が視力を失うタイムリミットが刻々と近づいています。

太陽は、雨に花火を見せることはできるのでしょうか。

それでは、「君が心をくれたから」第10話の見どころとあらすじネタバレ感想をまとめました。

Contents

「君が心をくれたから」これまでのあらすじネタバレ

第1話  第2話   第3話 第4話  第5話 第6話 第7話   第8話   第9話

「君が心をくれたから」第10話の見どころ

太陽は雨との約束を守ることができる?

雨の視力のタイムリミットが刻々と近づいています。太陽は、雨との10年越しの約束の花火を見せるために準備しています。

最後に雨は、太陽の花火を見ることができるのでしょうか。

太陽の「10秒」が雨の心に届くのか?

「君が心をくれたから」第10話ネタバレ

桜まつりの花火

逢原雨(永野芽郁)は、朝野太陽(山田裕貴)から嬉しい報告を受ける。桜まつりの花火大会で打ち上げる花火の審査に、合格しました。トップバッターは太陽の父・陽平(遠藤憲一)で、太陽の花火はその次です。

桜まつり当日

雨は、望田司(白洲迅)に頼み、母・霞美(真飛聖)が入院している病院まで車を出してもらいます。

今夜の20時に視覚を失う雨。

車椅子の霞美は、杖をついて歩く雨を見て驚きます。雨は、触覚を失い、もうすぐ視覚も失ってしまうからお母さんに会いに来たと言います。

それを聞いた霞美は、何もできない自分が情けなくて、泣きじゃくります。

雨は、そんな霞美に「お母さんの笑顔が見たい」と頼みます。母の顔はいつも怖い顔だったけれど、お母さんの笑っている顔を目に焼き付けたいとお願いしました。

雨は、祖母がやってくれていた心の扉が開く魔法をかけ、母が刺繍したハンカチをお守りだと言って露美に渡しました。

露美は、「私の子供に生まれてきてくれてありがとう」と雨を抱きしめました。

雨は、車で送ってくれた望田にも感謝をしました。

望田は、太陽が待っているから花火会場に戻ろうと車を飛ばします。

花火大会の会場

一方、花火大会の会場では、太陽たち朝野煙火工業の面々が打ち上げの準備を進めていました。

千秋の決意

離れた場所でその様子を見つめていた千秋は、美術館で「自分の人生は今日この瞬間のためにあったのかもしれない」と言っていた日下(斎藤工)の言葉を借り、太陽の作った花火を見届けることができたらもう思い残すことはない、と日下に伝えます。

雨と司の行動

雨は、霞美と別れると、司に感謝をしました。

司は、太陽の花火を見に行こうと会場へと向かいます。

しかし、会場では次第に分厚い雲が広がり、強い風が吹き始めていました。

会場は、強風によって徐々に荒れ模様になっていきます。

雨は、視力を失うタイムリミットが近づきます。

雨たちは、渋滞にはまってしまいます。

太陽は、強風の中、決意の表情で花火の打ち上げ準備を進めていました。

すると太陽は、大きな花火の筒の下敷きになって頭を強打!

病院に運ばれてしまいます。

太陽は、何があってもあきらめない!絶対に雨に花火を見てもらう!!と雨に電話をしました。

雨は、この約束だけは諦めたくないと、車を降りて歩きはじめます。

太陽は、大雨の中、花火があげられるのか、雨が視力を失う前に花火を見せることができるのか不安にかられ、日下さん、千明さん・・・と呟いてしまいます。

そこに二人が現れます。

どうにかならないのか?と土下座する太陽。

千明は、この雨を止ませると言います。

点との約束を破れば、月明かりに溶けてなくなるならば、雨もやむはず。

言わないで!!という太陽。

しかし千明は、太陽に母だと打ち明けました。

すると雨が止み・・・。

太陽は、あの日も火事で巻き込んで、今度もごめんなさい。と涙が止まりません。

そんな太陽に、親だから最後は一番の笑顔でいて欲しいと微笑みます。

母との約束があったから、ここまで頑張れたし、母さんの子供で良かったと言いました。

そして、春陽には何もしてあげられなかったけれど、強い子に育っていて嬉しかったと伝えてと太陽にお願いし、雨ちゃんに太陽の花火を見せて上げてと送り出しました。

その頃、雨を迎えに行った春陽は、雨を支えて会場へと向かいます。

父陽一も、花火をあげさせてくれと会長に頼みこみ、桜まつりの続行が決定します。

朝野花火のみんなは、急いで花火の準備へと向かいます。

太陽は、雨を迎えに行き、やっと合流します。

20時まであと3分。

まずは、太陽の父の花火が上がります。

2発目が太陽の花火です。

しかし、続けて上がるはずがなかなか上がらず、タイムリミットは1分!

焦る太陽に、雨は大丈夫と微笑み、人生で一番大切だった10秒を教えてと言います。

赤い傘を差し出したあの日だと答える太陽は、あの傘をイメージして今日の花火を作ったけれど、雨が見ている赤色と、自分がイメージする赤色が一緒ならいいと言います。

その時、太陽の花火が打ち上がります。

綺麗・・・

雨は、太陽の花火とは違う方向を見ていました。

太陽は、雨の腕時計をみると、タイムリミットが過ぎていました。

太陽は嗚咽して雨を見つめます。

雨は、夢を叶えてくれてありがとうと笑顔です。

「君が心をくれたから」第10話の感想

やはり、雨は太陽の花火を見ることは出来ませんでしたね。

母・千明も消えてしまいましたので、雨には見てほしかったと思います。

どこまで辛い展開なんでしょう・・・。

次週最終回では、少しでもほっとするラスト結末になって欲しいですよね。

「君が心をくれたから」最終回あらすじ展開予想

君が心をくれたから【最終回ネタバレ】奇跡には続きがある!?月9ドラマ「君が心をくれたから」の最終回(3月18日放送)は、雨が最後の聴覚を失うタイムリミットが告げられます。 雨と太陽は、その...

「君が心をくれたから」関連記事

君が心をくれたから【キャスト相関図】画像付きで登場人物全員を徹底解説!月9ドラマ「君が心をくれたから」が、2024年1月よりスタートします。 今回の月9にはどんなキャストが登場するのか、顔ぶれを写真つ...
君が心をくれたから【傘はこれ!】赤い運命の糸で結ばれる傘?月9ドラマ「君が心をくれたから」に登場した、赤い傘がとっても印象的でしたね! ドラマの中で何度も登場する赤い折りたたみの傘が、とっ...
君が心をくれたから【考察】太陽の母は千秋(松本若菜)で確定!親子の再会はいつ?「君が心をくれたから」は、太陽(山田裕貴)は、太陽が亡くなった母親の死に疑問を抱く中、姉妹が気になっていた母親の写真が一切ないという事実...

\「君が心をくれたから」ノベライズ本発売♪/

ドラマないオリジナル短編小説収録!

 

\雨の衣装はこちら♪/

 

ABOUT ME
はるはる
ドラマライター歴10年。 脚本の勉強後、フリーランスのドラマライターとして活動。ドラマに関する記事を執筆中。 ドラマのネタバレや考察、展開予想をする際には、ドラマの脚本を勉強した経験を活かし、ドラマの裏側や制作意図を踏まえた考察を心がけています。 また、ドラマファンの視点に立って、ドラマの面白さや魅力をわかりやすく伝えることを大切にしています。 このブログでは、最新のドラマのネタバレや考察、展開予想を、いち早くお届けします。ドラマをもっと楽しむための情報を、ぜひお楽しみください。