君が心をくれたから

君が心をくれたから【9話ネタバレ】日下の過去と太陽の母千秋の葛藤

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

月9ドラマ「君が心をくれたから」の第9話(3月4日放送)は、ついに太陽の母が千秋だと判明しました。

ただ、太陽は案内人の千秋を「お母さん」だと呼べない事実が発覚します。

太陽は葛藤する中、日下の過去も明らかになり・・・。

それでは、「君が心をくれたから」第9話の見どころとあらすじネタバレ感想をまとめました。

Contents

「君が心をくれたから」これまでのあらすじネタバレ

第1話  第2話   第3話 第4話  第5話 第6話 第7話   第8話

「君が心をくれたから」第9話の見どころ

千秋が母だと知る太陽の反応は?

太陽は、千秋が自分の母親であることを知らなかったようです。この事実を知ったことで、太陽と千秋の関係は大きく変わっていくのでしょうか?

ついに太陽が千秋の正体を知ったよ!

「君が心をくれたから」第9話ネタバレ

逢原雨(永野芽郁)は、朝野太陽(山田裕貴)からのプロポーズを受け入れ、ふたりだけで結婚式をしました。しかし雨は婚姻届を提出せず、あと1ヵ月したら太陽の前から姿を消す決意し、その間だけ、太陽の奥さんでいたいと願っています。

太陽の母は千秋

太陽は、父に「最高の10秒」を作りたいと言います。

太陽の言葉にハッとする父は、妻に花火師として「10秒を大切にしている」と言ったことを思い出します。

太陽は、妹の春陽から渡された母・明日香の写真を見て驚きます。写真に写っていたのは、なんと千秋だったのです。

太陽は、雨にも千秋の写真を見せます。雨は、「これからは伝えたいことを伝えられる」と喜びます。

そこに案内人の日下が現れ、太陽に忠告します。

案内人は、生前の関係の元には現れてはいけないルールだが、千秋はそこを無理に押してでも太陽の前に現れたかったのです。

もし太陽が千秋のことを「母さん」と呼んだら、千秋は月明かりに溶けて消え、魂も完全に消滅するというのです。

太陽の葛藤

太陽は、千秋を母親として受け入れたい気持ちと、千秋が消えてしまうかもしれないという恐怖の気持ちの間で葛藤します。

日下は千秋に、雨と太陽があなたの正体を知ったと伝え、自ら母だと名乗るのか尋ねます。

太陽と千秋は、二人で話しました。

太陽に、これまでの人生を聞かせてと言います。

太陽は、「赤」が見えないことで、母との約束の花火師にはなれないと落ち込んだけれど、高校時代に雨に出会い頑張れたし、今の自分があるのは、雨と母のお陰。

天国で母に会ったなら、火事に巻き込んでしまってごめんなさいと謝っておいてくれと頼みました。

千秋は、胸がいっぱいになり、必死に涙をこらえて、伝えると約束しました。

そんな千秋は、見たい景色があると言い・・・

太陽は、実家に戻り、父と妹と家族団らんで鍋を囲みました。

千秋が「家族団らん」を見たいと言ったのです。

太陽は、千秋のための席を準備しました。

千秋は、生きていた頃の家族団らんを思い出し、涙が溢れます。

願いを叶えてくれた太陽に、千秋は感謝しました。

そして、私に希望を与えてくれたように、雨にも希望を与えて欲しいと言います。

雨は五感を失い、生きていくことにおびえていたのです。

春陽の葛藤

望田司(白洲迅)は、春陽に会いに行き、雨が婚姻届を出していないことを伝えると、春陽は、全部自分のせいだと涙を流します。

自責の念にかられる春陽に、雨は桜まつりのころには視覚を失い、次は聴覚も失ってしまうのだろうと告げます。

雨に伝えたいことがあるのなら、意思の疎通ができるうちにしておくべきだと助言します。

日下の過去

一方、雨は日下に、五感を失い、真っ暗な中生きていくのは耐えられないから、死なせてくれと頼みます。

日下は、気持ちが分かると言います。

日下は1953年に東京で生まれ。映画が好きで脚本家を目指していた日下は厳格な両親の元を離れて、画家を目指す白石小夜子という女性と出会います。

彼女が瀕死の重傷を負い、急いで病院に駆けつけると案内人がいて、奇跡を受け入れた日下は、彼女が負った怪我を日下は負いました。

しかし、小夜子は日下を見捨て、孤独な人生を送ったと言います。

帰宅した太陽は、五感を失っても、世界中を駆けずり回って五感を取り戻すから、その時はつまらないギャグに笑って欲しいし、いつかまた雨の最高傑作のスイーツを食べさせて欲しいとお願いしました。

雨は、奇跡に負けずに、生きることを決意しました。

日下は、ある美術館へと向かいます。

そして、2013年まで生きた白石小夜子の長崎の橋という絵を眺めます。

そこには、日下と過ごしたあの夏の日の絵があり、「ごめんなさい」というタイトルでした。

彼女の絵が長崎にあったからです。

好きな人の未来を見ても、希望などないと思っていたけれど、あの苦しい日々は、この絵に繋がっていたなら報われたと思えるのでした。

数日後、太陽の元に花火協会の会長がやってきます。

太陽は、絶対に雨に自分の花火を見せる!と気合いが入ります。

雨の視力を失うのは、あと7日に迫っていました。

「君が心をくれたから」次週第10話のあらすじ

君が心をくれたから【10話ネタバレ】雨は太陽の花火を見れない?月9ドラマ「君が心をくれたから」の第10話(3月11日放送)は、ついに雨が視力を失うタイムリミットが刻々と近づいています。 太陽は...

「君が心をくれたから」関連記事

君が心をくれたから【キャスト相関図】画像付きで登場人物全員を徹底解説!月9ドラマ「君が心をくれたから」が、2024年1月よりスタートします。 今回の月9にはどんなキャストが登場するのか、顔ぶれを写真つ...
君が心をくれたから【傘はこれ!】赤い運命の糸で結ばれる傘?月9ドラマ「君が心をくれたから」に登場した、赤い傘がとっても印象的でしたね! ドラマの中で何度も登場する赤い折りたたみの傘が、とっ...
君が心をくれたから【考察】太陽の母は千秋(松本若菜)で確定!親子の再会はいつ?「君が心をくれたから」は、太陽(山田裕貴)は、太陽が亡くなった母親の死に疑問を抱く中、姉妹が気になっていた母親の写真が一切ないという事実...

\「君が心をくれたから」ノベライズ本発売♪/

ドラマないオリジナル短編小説収録!

 

\雨の衣装はこちら♪/

 

ABOUT ME
はるはる
ドラマライター歴10年。 脚本の勉強後、フリーランスのドラマライターとして活動。ドラマに関する記事を執筆中。 ドラマのネタバレや考察、展開予想をする際には、ドラマの脚本を勉強した経験を活かし、ドラマの裏側や制作意図を踏まえた考察を心がけています。 また、ドラマファンの視点に立って、ドラマの面白さや魅力をわかりやすく伝えることを大切にしています。 このブログでは、最新のドラマのネタバレや考察、展開予想を、いち早くお届けします。ドラマをもっと楽しむための情報を、ぜひお楽しみください。