厨房のありす

厨房のありす|倖生の父を心護は殺していない!五條製薬の闇!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ドラマ「厨房のありす」の心護(大森南朋)と倖生(永瀬廉)の父・晃生(竹財輝之助)の関係、そして晃生の死の真相と、五條製薬の闇、そして倖生(永瀬廉)の葛藤について考察していきます。

Contents

1. 心護と晃生の関係

心護と晃生はかつて恋人関係にあったという衝撃的な事実が明かされました。

二人はどのように出会い、どのような関係を築いていたのでしょうか?

心護と晃生の関係、そして晃生の死の真相と倖生の葛藤について、考察を深めていきましょう。

2. 心護と晃生の関係

1.1 出会い

心護と晃生の出会いは、ドラマの中でまだ詳細が明かされていません。いくつか考えられる可能性としては、

  • 学生時代:大学や専門学校などで出会った可能性があります。共通の趣味やサークルを通して、親密な関係になったのかもしれません。
  • 職場:同じ会社や組織で働いていた可能性があります。仕事を通して互いを理解し、惹かれ合ったのかもしれません。
  • その他:旅行先や友人宅など、偶然の出会いであった可能性もあります。

1.2 関係性

心護と晃生は、互いに惹かれ合い、深い愛情で結ばれていたと考えられます。しかし、何らかの理由で関係は破綻し、別れることになったようです。

1.3 破局の理由

心護と晃生の破局理由は、ドラマの中でまだ明かされていません。いくつかの考えられる理由としては、

  • すれ違い:互いの気持ちや考えを理解できず、徐々に関係が悪化していった可能性があります。
  • 死:どちらか一方が亡くなり、関係が断ち切られた可能性があります。
  • 価値観の違い:将来に対する考えや人生観の違いが原因で、別れを選択した可能性があります。
  • 第三者の介入:恋愛感情や仕事上のトラブルなど、結婚によって関係が破綻した可能性があります。

 

2. 心護と晃生は五條製薬で働いていた?

心護と晃生は、五條製薬の研究員だったという可能性があります。

晃生の職業

晃生の職業は、ドラマの中でまだ明かされていません。しかし、五條製薬の社員である可能性は十分考えられます。

心護と晃生は同じ部署で働いていた可能性があり、仕事を通して互いに惹かれ合い、恋人関係になったのかもしれません。

3. 五條製薬の闇

五條製薬で働いていたのは、心護、ありすの母親、ありすの母親の姉の蒔子(木村多江)、誠二(萩原聖人)です。

心護と晃生が五條製薬で働いていた場合、今後のドラマの展開で重要な役割を果たす可能性があります。

五條製薬の真の目的

五條製薬は、表面上は医療用医薬品の開発・製造を行う企業として知られています。しかし、その真の目的は、まだ明らかになっていません。心護と晃生が五條製薬で働いていた場合、五條製薬の真の目的に何らかの形で関わっていた可能性があります。

4. 心護は晃生を殺していない!死の真相

心護は晃生を殺したと告白しました。しかし、心護が殺害動機を持つ理由はまだ不明です。

殺害動機

心護が晃生を殺害した理由は、

  • 愛憎:心護は晃生に対して愛情と憎悪の入り混じった感情を抱いていた
  • 嫉妬:晃生が他の女性と親密な関係になったことに嫉妬し、殺害した
  • 恨み:晃生から何かを受け、恨みを抱いていた
  • 事故:殺意はなかったものの、何らかの事故によって晃生を死なせてしまった

二人は、五條製薬で開発された薬の副作用に関する秘密を知っているのかもしれません。また、二人は五條製薬の内部告発者として、会社の不正を暴こうとしていた可能性も考えられます。

五條製薬で開発された薬の副作用に何らかの形で関わっていた可能性があります。

五條製薬の社長に罪を着せられて「犯罪者」になり、倖生の人生は大きく変化していったのではないかと考えます。

心護はなぜ晃生を殺害したのか、真相は今後明らかになっていくでしょう。

5. 倖生の葛藤

心護が父親を殺害したという事実を知った倖生は、大きなショックを受け、深い葛藤を抱えています。

5.1 心護への気持ち

倖生は心護を慕い、信頼していました。しかし、心護が父親を殺害したという事実を知り、その気持ちは複雑なものになっています。

5.2 父への想い

倖生は父親のことをあまり覚えていませんが、父への愛情は存在します。父親を殺害されたという事実を受け入れられず、苦悩しています。

倖生はこれからどのように生きていくべきなのか、大きな不安を抱えています。

心護は倖生に父親を殺害したことをどのように説明するのでしょうか? 倖生は心護を許すことができるのでしょうか?

まとめ

心護と晃生の関係、そして晃生の死の真相には、まだ多くの謎が残されています。

ありすとの関係も含め、今後の展開から目が離せません。

「厨房のありす」ロケ地

厨房のアリス(第1話ロケ地)公園や商店街の撮影地はどこ?ドラマ「厨房のありす」の第1話では、公園や商店街、大学などが登場し、ありすを囲む温かい雰囲気を彩りました。 「厨房のありす」第1話...
厨房のアリス(第2話ロケ地)倖生が耳を塞いだシーンの撮影地はどこ?ドラマ「厨房のありす」の第2話では、ありすの店に、住み込みで働き始めた倖生(永瀬廉)との新しい生活が描かれました。 「厨房のありす...

「厨房のありす」キャスト相関図

引用:https://www.ntv.co.jp/alice/chart/

「厨房のありす」のキャストなどまとめ

役名 役柄
八重森ありす(門脇麦) 「ありすのお勝手」の店主。自閉スペクトラム症の特性からか頑固でこだわりが強く、コミュニケーション能力に欠ける。
酒江倖生(永瀬廉) 住所不定のフリーター。謎の青年。
八重森心護(大森南朋) ありすの父。有機化学を教える東名大学教授。ゲイ。
三ツ沢和紗(前田敦子) ありすの幼なじみ。「ありすのお勝手」のホール係。
三國谷優作(前原瑞樹) ありすと和紗の幼なじみ。「スーパー三國谷」の店長。
三ツ沢金之助(大東駿介) 和紗の夫。大工。元ヤン。
三ツ沢定一郎(皆川猿時) 社長。和紗の父。
三ツ沢明希子(阿南敦子) 和紗の母。
虎之助(三浦綺羅) 和紗の長男。
銀之助(湯本晴) 和紗の次男。
五條蒔子(木村多江) 五條製薬の研究開発担当取締役。創薬化学者。心護の元同僚。
五條誠士(萩原聖人) 蒔子の夫。同社の次期CEO。蒔子と心護の元同僚。
五條道隆(北大路欣也) 蒔子の父。同社のCEO。
公式サイト 公式HP
公式SNS 公式X

公式Instagram

脚本 玉田真也「かしましめし」「スイートモラトリアム」
野田慈伸

 

\「U-NEXT」で朝ドラ「ブギウギ」をイッキ見!/



 ※この記事は執筆時点の情報です。詳細はU-NEXT公式サイトをご確認ください。

※31日間の無料トライアル中に解約すれば料金は一切かからないから安心です

ABOUT ME
はるはる
ドラマライター歴10年。 脚本の勉強後、フリーランスのドラマライターとして活動。ドラマに関する記事を執筆中。 ドラマのネタバレや考察、展開予想をする際には、ドラマの脚本を勉強した経験を活かし、ドラマの裏側や制作意図を踏まえた考察を心がけています。 また、ドラマファンの視点に立って、ドラマの面白さや魅力をわかりやすく伝えることを大切にしています。 このブログでは、最新のドラマのネタバレや考察、展開予想を、いち早くお届けします。ドラマをもっと楽しむための情報を、ぜひお楽しみください。