不適切にもほどがある

不適切にもほどがある【第4話ネタバレ】市郎と渚の恋は成就しない?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

TBS金曜ドラマ「不適切にもほどがある」の第4話(2月16日放送)は、キスを交わそうとした瞬間、市郎(阿部サダヲ)と渚(仲里依紗)の間にビリビリビリ!と衝撃が走りました。

その後、井上(三宅弘城)が市郎との再会を果たし、市郎は井上の協力で新たな問題に巻き込まれることとなり・・・

それではドラマ「不適切にもほどがある」第4話のあらすじネタバレと感想です。

「不適切にもほどがある」のこれまでのあらすじ

「不適切にもほどがある」第1話ネタバレ

「不適切にもほどがある」第2話ネタバレ

「不適切にもほどがある」第4話ネタバレ

「不適切にもほどがある」第4話ネタバレ

 

キスをしようとした瞬間、ビリビリッと弾け飛ぶ市郎と渚!!

まるで磁石のN極とN極が反発するように、二人は触れ合うことさえ許されません。これは単なる偶然ではなく、タイムパラドックスと呼ばれる時空の歪みが原因のようです。

市郎は昭和から来て、渚は令和に生きています。

異なる時間軸に存在するはずの二人が出会ってしまったことで、時空に混乱が生じています。

もし二人が結ばれてしまったら、時間軸が崩壊し、未来が消滅する可能性もあるってことね。

喫茶「SCANDAL」で、井上は、恩師である市郎と再会を果たします。二人はすぐに意気投合!

市郎は、井上の息子のキヨシのスマホを自分名義に変え、メッセージアプリをダウンロードして使いこなしていきます。スマホ依存症のようになってしまった市郎。

しかし、SNS上の付き合い方に慣れていない市郎は、次々とトラブルを引き起こします。

市郎は自分が引き起こした騒動の大きさに愕然とします。この騒動をきっかけに、市郎はSNSとの付き合い方を改めて考え始めるようになります。

市郎さん、SNSの恐ろしさ認識!!

一方、昭和の小川家では、キヨシ(坂元 愛登)がクラスメイトのイノウエ(中田 理智)に告白されたと話し始めます。

キヨシの母サカエは、息子が告白されたことに衝撃を受けます。

しかし、キヨシはイノウエと試しに付き合うことにしたとあっけらかんと言い放ち、これを聞いた純子はお前!二股だろ!!と騒ぎ立て、修羅場と化します。

キヨシとイノウエは、いい感じになり、キスをしようとするキヨシですが、ここでも“タイムパラドックス”のビリビリで弾け飛んでしまいます!

キヨシは、イノウエとキスできない理由が分からず困惑します。

しかし、純子とイノウエのどちらを選ぶべきか、改めて考え始めることになります。

キヨシは、純子とイノウエとそれぞれデートを重ねる中で、自分が本当に好きなのは純子だとようやく悟ります。

そんなある日の放課後、純子と駅で待ち合わせて出かける予定のキヨシは、純子との約束を忘れてクラスの女子とデートに出かけてしまいます。

それを見ていた純子はかっとなり、腹いせにムッチ先輩(磯村 勇斗)とバイクで海に出かけます。

途中雨に降られ、濡れた純子は着替えをするためムッチ先輩の家へ。

ムッチ先輩は、純子をベッドに押し倒し・・・すると、キヨシが現れて純子を連れて帰ります。

一方、令和では、ホテルのラウンジで、渚に父にあって欲しいと連れられた市郎は、渚の父(古田新太)と対面します。

緊張した面持ちで挨拶を交わす市郎。

しかし驚くべきことに、渚の父は市郎に対し「おとうさん」と呼び・・・。

「不適切にもほどがある」第4話の感想

渚の父がなぜ市郎を「おとうさん」と呼ぶのか、市郎はなぜ渚を「おとうさん」と呼んだのか、その真意は謎に包まれたままです。

渚の父は実は市郎の父親ではないのか?

それとも、市郎と渚の間に何か秘密があるのか?

こちらに秘密についてまとめています↓

https://kokodora.com/2024/02/17/futekisetsunimohodogaaru%e2%88%92papa/

不適切にもほどがある|娘・純子役がかわいい!プロフと出演作は?「不適切にもほどがある」で市郎(阿部サダヲ)の娘・小川純子役を演じるのは、河合優実さんです。 そんな小川純子役を演じる河合優実さん...

「不適切にもほどがある」のキャストなどまとめ

役名 役柄
小川市郎(おがわ いちろう)演 – 阿部サダヲ

葛飾区立第六中学校の体育教師で野球部顧問。超スパルタで「地獄のオガワ」と呼ばれ“不適切”な言動を繰り返す。妻を病気で亡くし、一人娘・純子の非行に手を焼く。ある日、突如1986年から2024年へタイムスリップし、キヨシの副担任になる。

犬島渚(いぬしま なぎさ)演 – 仲里依紗 EBSテレビのバラエティ番組のアシスタントプロデューサー。産休から復帰し1歳半の息子がいるシングルマザー。
秋津睦実(あきつ むつみ) / ムッチ先輩演 – 磯村勇斗 とあるアイドルを心酔し完コピしている。市郎の娘・純子が想いを寄せている相手。
向坂サカエ(さきさか サカエ)演 – 吉田羊 社会学者で、性差別やジェンダー問題の論者。息子・キヨシと共に2024年から1986年にタイムスリップし、市郎たち昭和の人間に鋭いツッコミを入れる。
小川純子(おがわ じゅんこ)演 – 河合優実 市郎の一人娘。高校2年生・17歳。父・市郎とは喧嘩ばかりだが本当は父親思い。ムッチ先輩に想いを寄せている。
安森(やすもり)演 – 中島歩 中学教諭。市郎の同僚。キヨシの担任。
マスター (1986年) – 袴田吉彦 市郎や純子の溜まり場の喫茶店「すきゃんだる」のマスター。
古栗田一也(くりた かずや)演 -山本耕史 EBSテレビの情報番組のプロデューサー。渚の先輩。ある出来事から、コンプライアンスを意識した番組作りを強いられる。
井上昌和(いのうえ まさかず)演 – 三宅弘城 サカエの元夫。大学教授。
古田新太 ???
公式サイト 公式HP
公式SNS 公式X

公式Instagram

主題歌 Creepy Nuts 「二度寝」 (Sony Music Labels)
脚本 宮藤官九郎

「凪のお暇」「妻、小学生になる。」など

 

\「U-NEXT」で朝ドラ「ブギウギ」をイッキ見!/



 ※この記事は執筆時点の情報です。詳細はU-NEXT公式サイトをご確認ください。

※31日間の無料トライアル中に解約すれば料金は一切かからないから安心です

前の記事 次の記事

ABOUT ME
はるはる
ドラマライター歴10年。 脚本の勉強後、フリーランスのドラマライターとして活動。ドラマに関する記事を執筆中。 ドラマのネタバレや考察、展開予想をする際には、ドラマの脚本を勉強した経験を活かし、ドラマの裏側や制作意図を踏まえた考察を心がけています。 また、ドラマファンの視点に立って、ドラマの面白さや魅力をわかりやすく伝えることを大切にしています。 このブログでは、最新のドラマのネタバレや考察、展開予想を、いち早くお届けします。ドラマをもっと楽しむための情報を、ぜひお楽しみください。