春になったら

春になったら【第4話ネタバレ感想】高校時代の親友神(中井貴一)

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ドラマ「春になったら」の第4話(2月5日放送)は、瞳(奈緒)と雅彦(木梨憲武)が「死ぬまでにやりたいことリスト」の一つを叶えます。

しかし、そこには一馬とその息子龍之介もやってきて、瞳は、一馬との結婚に待ったをかけます。

いったい何があったのでしょうか?

それでは、ドラマ「春になったら」第4話のネタバレと感想をご紹介します。

「春になったら」の前回までの内容

「春になったら」第1話ネタバレ

「春になったら」第2話ネタバレ

「春になったら」第3話ネタバレ

「春になったら」第4話ネタバレ

「春になったら」第4話のあらすじ

「結婚のことは、いったん待ってほしい」

雅彦(木梨憲武)が“死ぬまでにやりたいことリスト”を叶えていくにつれ、娘の瞳(奈緒)は複雑な心境に。

新しい家族を作るよりも、今は雅彦のことだけを考えたいと、恋人・一馬(濱田岳)に正直な気持ちを伝えました。

そんな中、偶然出会った阿波野(光石研)から自分の幸せも考えてほしいと諭され、一瞬、一馬の顔が思い浮かぶも、やはり自分の気持ちを優先する気にはなれません。

一方、ショックを受けながらも瞳との結婚をあきらめきれない一馬は、お笑い芸人を辞めて、塾の講師を始めます。

神に謝罪

自分のことはさておき、まずは雅彦の願いを叶えようと考えた瞳は、やりたいことリストの三つ目、『神(じん)に謝る』を実行するため、雅彦の同級生だった“神健一郎”(中井貴一)をSNSで見つけました。

しかし、当の雅彦は神に会うのが怖くなったと言い、聞けば中学2年生の当時、好きな人をめぐって雅彦が親友の神を裏切っていました。

長年抱えていた後ろめたい気持ちを払拭するべく、瞳に背中を押された雅彦は、喫茶店を経営している神の元を訪ねます。

再会と誤解

久しぶりに会った神は、客が雅彦だと分かった途端、顔をこわばらせ、まともに見ようとしません。

さらに、48年前のことを謝るかつての親友雅彦に、「謝らなきゃいけないのは僕の方だよ」と高校時代の「まいた」の話しをしますが、雅彦は全く覚えがありませんでした。

その夜、瞳は友人の岸(深澤辰哉)と、美奈子(見上愛瞳)を呼んで食事会をします。

雅彦は、岸を「岸井」と呼び、楽しい夜を過ごす中、「まいた」の話しをしますが、やっぱりわかりません。

帰り道、岸は瞳も父・雅彦も、無理してるんじゃないかと心配し・・・。

一方、瞳は、美奈子に学生時代からずっと岸の事が好きだと打ち明けます。

瞳は「まいた」の秘密を探るため、高校に行ってみようと提案し、雅彦は何十年ぶりに母校を訪れました。

そこで、高校の近くにあった「まいたパン」を思い出しますが、そこから雅彦は「まいた」について一言も話してくれません。

瞳は、神の喫茶店を訪れ、「まいた」の事を尋ねます。

神は、高校一年の時、まいたパンの裏にあった空き地で先輩に誘われてタバコを吸っていたら先生が現れて逃げる途中に、雅彦にぶつかり、雅彦が停学に。

その停学が原因で大学推薦が取り消されたけれど、学校に戻ってきた雅彦は責めることもなく、ずっと謝れずにいたと話しました。

瞳は、なんとも父らしい話しだと思いました。

その後、瞳は、高校の校舎に入る許可をとり、再び父と高校を訪れます。

すると、神も来ていました。神は、あの時の事を本当にすまないと思っていると謝りました。

雅彦も、神が好きな子と付き合ってごめんと謝ります。神は、実はその子が妻だと報告し、驚く雅彦!!

二人は仲直りをして、雅彦の死ぬまでにやることリストがまた一つ消えていきました。

第3話の感想

第3話は、雅彦の過去と現在、そして瞳と岸、美奈子の三角関係が複雑に絡み合い、見応えのある展開となりました。

雅彦とかつての親友・神(中井貴一)の再会は、雅彦にとってずっと心のしこりになっていたものがスッキリした瞬間でしたね。

長年抱えていた後ろめたい気持ちから解放され、親友との再会を喜ぶシーンは、素敵でした!

それにしても中井貴一さんが出演なんて、とっても豪華でした!

もしかして木梨憲武さんが直々にオファーしたのかな?と思ったら、やっぱりそうでした!

瞳と岸、美奈子の三角関係

美奈子の岸を見つめる様子が、なんとなくそうかな?と思っていましたが、やはり美奈子は岸を好きでした。

だけど、瞳が結婚すれば、安心する自分を責めていましたね。

正直に話せる関係が、いいなぁと思いました。

深澤くんが「岸くん」って、なんか・・・あれですけど、とにかく美奈子の思いに早く気づいてあげてw

瞳と一馬

また、芸人を辞めた一馬と瞳の関係も気になるところです。

今は父雅彦のことで手一杯の瞳ですが、一馬はどう思っているのか・・・。

\瞳の衣装/

 

「春になったら」キャスト

  • 椎名瞳役(奈緒):助産師。3か月後に結婚を控える女性。
  • 椎名雅彦(木梨憲武):瞳の父。実演販売士。突然余命3か月の宣告を受ける。

 

  • 川上一馬役(濱田岳):瞳の婚約者。お笑いの道を諦めきれず、大学を中退。「カズマルくん」という芸名でピン芸人として活動。
  • 岸圭吾役(深澤辰哉):瞳の大学時代の友人。葬儀会社勤務。
  • 大里美奈子役(見上愛瞳):瞳の大学時代の友人で同じ写真部に所属。

 

  • 杉村節子役(小林聡美):瞳が勤務する杉村助産院の院長。
  • 斉藤愛里役(影山優佳):助産師。瞳の同僚。

 

  • 中井義広役(矢柴俊博):雅彦が勤める実演販売会社の社長。
  • 阿波野弘役(光石研):桜鈴会病院の緩和ケア医。

 

  • 黒沢健役(西垣匠):瞳の結婚式のウエディングプランナー。
  • 森野舞衣役(橋本マナミ):ウエディングプランナー。黒沢の先輩。
  • 神尾まき役(筒井真理子):雅彦の姉で瞳の叔母。花屋。

「春になったら」キャスト相関図

「春になったら」スタッフ・主題歌

【脚本】福田靖『龍馬伝』『まんぷく』

【監督】松本佳奈『コタローは一人暮らし』『きのう何食べた? season2』穐山茉由

【主題歌】福山雅治

\2023年4月スタートドラマ/

https://kokodora.com/2024/01/30/2024-apring/

\2024年1月スタートのドラマ/

2024年1月ドラマ!月9日曜劇場などキャストあらすじを総まとめ2024年1月、新しい年が始まると共に、新しいドラマの季節がやってきます。 この記事では、2024年1月にスタートする新ドラマの魅...

リビングの松永さん

新空港占拠

厨房のありす

大奥

春になったら

君が心をくれたから

さよならマエストロ

おっさんずラブリターンズ

前のページ

ABOUT ME
はるはる
ドラマライター歴10年。 脚本の勉強後、フリーランスのドラマライターとして活動。ドラマに関する記事を執筆中。 ドラマのネタバレや考察、展開予想をする際には、ドラマの脚本を勉強した経験を活かし、ドラマの裏側や制作意図を踏まえた考察を心がけています。 また、ドラマファンの視点に立って、ドラマの面白さや魅力をわかりやすく伝えることを大切にしています。 このブログでは、最新のドラマのネタバレや考察、展開予想を、いち早くお届けします。ドラマをもっと楽しむための情報を、ぜひお楽しみください。