厨房のありす

厨房のありす【第4話ネタバレ感想】倖生の過去と前髪!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「厨房のありす」の第4話(2月11日放送)は、前髪をあげてイメチェンする倖生(永瀬廉)の過去が明らかになります。

ありすの母・蒔子(木村多江)が訪れ、ありすの幼い頃の火事の真相も明らかになります!

それでは「厨房のありす」第4話のあらすじネタバレと感想です。

「厨房のありす」の第4話予告

「厨房のありす」第4話ネタバレ

「第4話のあらすじ」

ありす(門脇麦)の店に、蒔子(木村多江)が突然やって来て、緊張するありす!

心護(大森南朋)は蒔子をすぐに追い返しました。

 

ありすは倖生(永瀬廉)に、かつて見た心護と蒔子の様子をこっそり打ち明けます。

「お母さんは、お金を払って私を捨てたんだと思います。」

倖生の前髪

翌日、ありすの店に和紗(前田敦子)が復帰し、無愛想な倖生のイメチェンを提案。

ありすのアイデアで倖生は前髪を上げることになり、常連客から大好評!

そんな中、最近店に来るようになった明里(金澤美穂)は、どんよりした顔で

「消えてしまいたい…」。

好意を寄せている会社の先輩・圭介(渡辺大知)を他の子に横取りされそうな状況で涙ぐんでいました。

助言を求められたありすは、「私には恋愛する資格はありません」…ASDで実の親にも愛されなかった自分には、愛される資格も愛する資格もないと言い張ります。

そんなありすを見て、やっぱり行動だ!と倖生はありすを五條製薬に連れて行くことに。

その頃、2人の外出をデートだと勘違いした和紗と三ツ沢家の面々は、大騒ぎ。

 

五條製薬に向かったありすと倖生は、エントランスで蒔子に合わせてくれと頼みますが、アポがないと無理だと断られてしまいます。

ありすは、蒔子からもらった人形を見せて「お母さんにもらった」と騒ぎはじめ、騒然とします。

倖生は、ありすの連絡先を渡して帰りますが、蒔子からの連絡はありません。

 

一方、心護はありすと倖生が何やら密かに行動していることに気付き、不審に思っていました。

倖生は、「人並み」に恋愛なんてしたらいけないんだと百桃に打ち明けると、百桃は彼の高校時代の様子を振り返り、「いつもリーダー格だった」と励ましの言葉をかけます。

翌日の仕事終わり、倖生は五條製薬で待ち合わせをしていた蒔子と会うために向かいますが、五條誠二によって引き止められてしまいます。

倖生の過去

元気のない倖生を見て、和彩は「務所帰りか?」と冗談を言いますが、倖生は「不起訴だった」と答えます。

以前、職場で財布がなくなったとき、疑いをかけられた倖生は、

「父親が犯罪者」だと馬鹿にされたことに腹を立て、警察に逮捕されました。

その経験から、誰かを好きになることは、その人に迷惑をかけると諦めていました。

しかし、和彩は「あんたがありすに頑張れって言ったから、ありすは頑張ってるんだ!」と倖生の背中を押します。

和彩の励ましの言葉によって、倖生は自分が本当にありすに想いを寄せていることにちょっと気づいた?

 

その夜、心護はありすに、五條製薬に行ったのか!と声を荒げます。ありすは、母が生きているならちゃんと話したいと言います。

倖生がありすを後押しすると、心護はありすと付き合っているんだろう!と口論になってしまいます。

ありすは、倖生のことは好きだけど気持ちに答えることなど出来ないし、自分にはその資格がないと言いました。

 

 

五條製薬にお弁当を配達したありすと倖生は、さっそく蒔子がいる取締室を発見!

ドアを開けようとしていると、警備員に見つかり囲まれてしまいます。

そこに蒔子が現れ、自分のお客様だと言って助けました。

この騒ぎを見ていた誠二は、今日は代表が来ていることを懸念し・・・。

ありすの母親はミチコ

うさぎのぬいぐるみの「ヘンリー」を見せ、なんで自分を捨てたのか尋ねます。

何度も家に来てくれたけど、その度に心護と喧嘩していたことも知ってると言うと、

お母さんじゃないと言います。

デスクから写真を持ってきて、妹のミチコが母で、五條製薬の研究者だったと言います。

ミチコは、研究室にもありすをつれてきて、片時も離れなかったし愛情をたっぷり掛けていたと言います。

だけど、ミチコは亡くなったと言います。

 

そこへ父・道隆(北大路欣也)がやってきて、

役立たずは帰れ!と言います。

しかし、倖生はありすはどれだけの人を喜ばせているかとありすの凄さを訴えます。

心護がやってきて、ありすを引き取ります。

ありすが3歳のころ、実験室で試薬が発火して火事に巻き込まれてしまいました。

ありすは、奇跡的に助けられ、母は死亡。

ありすは、火事の記憶が蘇ります。

母は連日の徹夜でデスクで居眠りしていると、火事が。

ありすは、母を呼びますが棚が倒れて動けなくなります。

母は、ヘンリーを投げてありすは廊下に出たのです。

お母さんは私を助けてくれた・・・

ありすは涙が止まりません。

倖生は、真実を知ろうとしたことで、ありすに辛い思いをさせたのではないかと心配します。

しかし、ありすは母が愛してくれていたことに、幸せを感じていました。

その頃、蒔子はありすのお弁当を食べながら、ありすがどんな風に働いているのか見てみたいと言います。

翌日、ありすは和彩に、お母さんは蒔子じゃなかったと言い、和彩は私が勘違いしたと笑います。

倖生は大学のバイトに行くと、百桃はチョコを渡そうとしますが、倖生はありすのことばかり話して、渡すことを躊躇してしまいます。

その頃、心護は、あの火事が事故なじゃいことを知ってるだろう!と誠二を責めていて、百桃は立ち聞きしてしまうのでした。

「厨房のありす」第4話の感想

「厨房のありす」第4話は、倖生の過去が少し明らかになりましたね。

倖生の父親が犯罪者だということでした。

一方、ありすの母は、蒔子の妹だということが判明!

なんとなくありすの母の死と倖生の父が繋がっている気がしてなりません!

厨房のありす|倖生の父を心護は殺していない!五條製薬の闇!ドラマ「厨房のありす」の心護(大森南朋)と倖生(永瀬廉)の父・晃生(竹財輝之助)の関係、そして晃生の死の真相と、五條製薬の闇、そして倖生...
厨房のありす|ありすの母と倖生の父の繋がりとを考察!「厨房のありす」では、ありすの母の死と、倖生の父の事件が明らかになりました。 二つの事件は関係性があるように思います。 「厨...

第4話でわかった事と気になること

  • 倖生は職場で財布がなくなったことで疑いをかけられ、警察に逮捕された。
  • 父親が犯罪者だと馬鹿にされたことで、倖生は誰かを好きになることを躊躇していた
  • 倖生は、過去の経験から恋愛に臆病になっていたが、和彩の言葉によって再び希望を見出す。
  • 倖生とありすの関係は、今後どのように発展していくのか?

 

「厨房のありす」ロケ地

厨房のアリス(第1話ロケ地)公園や商店街の撮影地はどこ?ドラマ「厨房のありす」の第1話では、公園や商店街、大学などが登場し、ありすを囲む温かい雰囲気を彩りました。 「厨房のありす」第1話...
厨房のアリス(第2話ロケ地)倖生が耳を塞いだシーンの撮影地はどこ?ドラマ「厨房のありす」の第2話では、ありすの店に、住み込みで働き始めた倖生(永瀬廉)との新しい生活が描かれました。 「厨房のありす...

「厨房のありす」キャスト相関図

引用:https://www.ntv.co.jp/alice/chart/

「厨房のありす」のキャストなどまとめ

役名 役柄
八重森ありす(門脇麦) 「ありすのお勝手」の店主。自閉スペクトラム症の特性からか頑固でこだわりが強く、コミュニケーション能力に欠ける。
酒江倖生(永瀬廉) 住所不定のフリーター。謎の青年。
八重森心護(大森南朋) ありすの父。有機化学を教える東名大学教授。ゲイ。
三ツ沢和紗(前田敦子) ありすの幼なじみ。「ありすのお勝手」のホール係。
三國谷優作(前原瑞樹) ありすと和紗の幼なじみ。「スーパー三國谷」の店長。
三ツ沢金之助(大東駿介) 和紗の夫。大工。元ヤン。
三ツ沢定一郎(皆川猿時) 社長。和紗の父。
三ツ沢明希子(阿南敦子) 和紗の母。
虎之助(三浦綺羅) 和紗の長男。
銀之助(湯本晴) 和紗の次男。
五條蒔子(木村多江) 五條製薬の研究開発担当取締役。創薬化学者。心護の元同僚。
五條誠士(萩原聖人) 蒔子の夫。同社の次期CEO。蒔子と心護の元同僚。
五條道隆(北大路欣也) 蒔子の父。同社のCEO。
公式サイト 公式HP
公式SNS 公式X

公式Instagram

脚本 玉田真也「かしましめし」「スイートモラトリアム」
野田慈伸

 

\「U-NEXT」で朝ドラ「ブギウギ」をイッキ見!/



 ※この記事は執筆時点の情報です。詳細はU-NEXT公式サイトをご確認ください。

※31日間の無料トライアル中に解約すれば料金は一切かからないから安心です

ABOUT ME
はるはる
ドラマライター歴10年。 脚本の勉強後、フリーランスのドラマライターとして活動。ドラマに関する記事を執筆中。 ドラマのネタバレや考察、展開予想をする際には、ドラマの脚本を勉強した経験を活かし、ドラマの裏側や制作意図を踏まえた考察を心がけています。 また、ドラマファンの視点に立って、ドラマの面白さや魅力をわかりやすく伝えることを大切にしています。 このブログでは、最新のドラマのネタバレや考察、展開予想を、いち早くお届けします。ドラマをもっと楽しむための情報を、ぜひお楽しみください。