厨房のありす

厨房のありす【第3話ネタバレ感想】ありすの母と倖生の父

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「厨房のありす」の第3話(2月4日放送)は、やっとありす(門脇麦)に信頼してもらった倖生(永瀬廉)は、ありすが心護の本当の親子ではないことを知ります。

そんな中、五條製薬の蒔子(木村多江)は心護(大森南朋)に戻ってきて欲しいと願います。

一方、ありすは、信頼する倖生に「幸せにしてもらう」とプロポーズをして・・・?!

それではドラマ「厨房のありす」第3話のあらすじネタバレと感想です。

「厨房のありす」の第3話予告

「厨房のありす」第3話ネタバレ

「第3話のあらすじ」

ようやくありすに目を合わせてもらい、ありすから「信頼された」と嬉しくなる倖生。

スーパー三國谷で買い出しをするありすと倖生(永瀬廉)は、店の常連客・優奈(新井郁)の家族とバッタリ鉢合わせ。

厳しい義母・陽子(円城寺あや)の前で萎縮している優奈…。

汚名返上

一方、店長・優作(前原瑞樹)は、ありすの正直すぎる言動に困惑し、倖生に八つ当たり!

「愛想が悪い」「ありすの店で足手まといになっている」と言いたい放題の優作。

そんな中、和彩(前田敦子)が家族の入院で不在になり、倖生は一人でホールを回すことになります。

足手まといの汚名返上のため、倖生は奮闘します。

一人でホールを回す倖生に、和彩から三国屋の支払いをしておいてとメールが届きます。

ありすにそれを伝えて、通帳をレジから取ると、優奈がやってきます。

優奈は、息子のお受験に思い詰めていました。

ありすは優奈の顔色が悪く、目の下にくまが出来ているのに気付き、にんにくたっぷりの担々麺を作りました。

 

その夜、倖生が心護の大学で清掃バイトしていると、黒塗りの車で五條誠士(萩原聖人)がやってきます。

心護に「蒔子が五條製薬に戻って来ないかと言っている」という誠士。

しかし、心護は戻る気はないと断ります。

そこに百花(大友花恋)がやってきて、今の人だれ?と倖生に尋ねると、五條製薬の人だと答える倖生。

百花は、

倖生のお父さんって・・・

と何かを言いかけます。

 

翌日、フラフラになった優奈が店にやってきます。

倒れ込んだ優奈。

心護は、ありすを3歳で引き取った時、一人で頑張ろうとおもったけれど、保育園でありすが問題を起こすと保護者会で「同性愛者」だと矢面に立たされたことがあったことを話しました。

助けてください!と頭を下げる心護に、和彩の父は、ウチだけでも助けると言ってありすの面倒を見てくれるようになったのです。

そんな経験があった心護は、助けてと声を挙げることも時には必要なんだと言います。

帰宅した優奈は、息子の空が「さがさないでください」と書き置きして家を出てしまったことに気づきます。

優奈は、ついに姑に「助けてください」と助けを求めました。

 

その頃、三国屋にいた倖生は、お菓子をポケットにいれる空を見つけ、手を引いて公園に連れていきました。

空は、自分が犯罪者になればお母さんを助けられると言います。

母はご飯を食べてないし、全部自分のせいだし、自分の空という名前は、からっぽだとうつむきます。

その頃、商店街ではありすたちが空を探し回っていると、空と一緒にいる倖生を発見します。

倖生は、空の罪を隠すため、俺が誘拐したと言い、姿を消してしまいます。

店の通帳もどこかにやったし、誘拐もするし、なんてやつだ!と三国屋は怒ります。

しかし心護は、通帳はあると言います。

洗濯をしようとした心護が倖生のポケットに入るのを見つけて保管していました。

さににありすは、倖生はめちゃくちゃ仕事を頑張ってるし、倖生にしあわせにしてもらうと言います。

それは、まるでプロポーズのようでした。

 

しばらくして倖生が帰ってくると、眠ったありすに「ありす」と声をかけます。

初めて倖生に名前を呼ばれたありすは、喜びます。

倖生は、あんこう鍋を作ろうとしたありすに、大洗まで行って買ってきてくれたのです。

その夜、ありすはみんなを呼んであんこう鍋パーティーをしました。

和彩に、子供の名前は「虎虎愛」と書いて、「ここあ」がいいと名付け親になります。

空もパーティーに来ていました。

優奈は、空の名前の由来は、空みたいに自由に育って欲しいと願って付けたと言います。

厳しかった姑は、態度を改めました。

五條蒔子

鍋パーティーが終わると、ありすは倖生に、父・心護から聞いた、ありすの名前の由来を話しました。

アリスボールという女性初の科学者で教授になった人物のように、逆境に負けない人になってほしいからだと胸を張るありす。

するとそこに五條蒔子(木村多江)が店にやってきて、

ありす・・・と言い・・・。

「厨房のありす」第3話の感想

「厨房のありす」第3話は、「名前に込められた思い」がテーマでした。

ありすは、その名の通り、科学者の名前が付けられてたのですね。

この辺りからも、やはりありすの母親は、蒔子ですね。

そんな蒔子がついに、アリスの家にやってきました。

ありす・・・どうするんだろう?と気になるラストシーンでした。

でも、心護が追い返すんだろうな・・・。

さて、そんな第3話では、心護の大学を訪れた五條誠士を見て、唯一倖生の過去を知る百花が「倖生のお父さんって・・・」と倖生の父の存在を匂わせました。

倖生の父親もおそらく五條製薬に勤務していたんじゃないかと予想します。

来週は、倖生の過去がついに明らかになっていきます!

「厨房のありす」次週第4話

厨房のありす【第4話ネタバレ感想】倖生の過去と前髪!「厨房のありす」の第4話(2月11日放送)は、前髪をあげてイメチェンする倖生(永瀬廉)の過去が明らかになります。 ありすの母・蒔子...

「厨房のありす」各話ロケ地

厨房のアリス(第1話ロケ地)公園や商店街の撮影地はどこ?ドラマ「厨房のありす」の第1話では、公園や商店街、大学などが登場し、ありすを囲む温かい雰囲気を彩りました。 「厨房のありす」第1話...
厨房のアリス(第2話ロケ地)倖生が耳を塞いだシーンの撮影地はどこ?ドラマ「厨房のありす」の第2話では、ありすの店に、住み込みで働き始めた倖生(永瀬廉)との新しい生活が描かれました。 「厨房のありす...
厨房のアリス(第3話ロケ地)三国屋や和彩の家の撮影地はどこ?ドラマ「厨房のありす」第3話の各シーンのロケ地撮影場所はどこだったのか、ロケ地撮影地をまとめました。 ...

「厨房のありす」キャスト相関図

引用:https://www.ntv.co.jp/alice/chart/

「厨房のありす」のキャストなどまとめ

役名 役柄
八重森ありす(門脇麦) 「ありすのお勝手」の店主。自閉スペクトラム症の特性からか頑固でこだわりが強く、コミュニケーション能力に欠ける。
酒江倖生(永瀬廉) 住所不定のフリーター。謎の青年。
八重森心護(大森南朋) ありすの父。有機化学を教える東名大学教授。ゲイ。
三ツ沢和紗(前田敦子) ありすの幼なじみ。「ありすのお勝手」のホール係。
三國谷優作(前原瑞樹) ありすと和紗の幼なじみ。「スーパー三國谷」の店長。
三ツ沢金之助(大東駿介) 和紗の夫。大工。元ヤン。
三ツ沢定一郎(皆川猿時) 社長。和紗の父。
三ツ沢明希子(阿南敦子) 和紗の母。
虎之助(三浦綺羅) 和紗の長男。
銀之助(湯本晴) 和紗の次男。
五條蒔子(木村多江) 五條製薬の研究開発担当取締役。創薬化学者。心護の元同僚。
五條誠士(萩原聖人) 蒔子の夫。同社の次期CEO。蒔子と心護の元同僚。
五條道隆(北大路欣也) 蒔子の父。同社のCEO。
公式サイト 公式HP
公式SNS 公式X

公式Instagram

脚本 玉田真也「かしましめし」「スイートモラトリアム」
野田慈伸

\2024年1月スタートのドラマ/

\31日間の無料トライアル中に解約すれば料金は一切かりません/

さらにU-NEXTは無料でお試しでも600円分のポイントが付くよ!

※この記事は執筆時点の情報です。詳細はU-NEXT公式サイトをご確認ください。

前のページ次のページ

ABOUT ME
はるはる
ドラマライター歴10年。 脚本の勉強後、フリーランスのドラマライターとして活動。ドラマに関する記事を執筆中。 ドラマのネタバレや考察、展開予想をする際には、ドラマの脚本を勉強した経験を活かし、ドラマの裏側や制作意図を踏まえた考察を心がけています。 また、ドラマファンの視点に立って、ドラマの面白さや魅力をわかりやすく伝えることを大切にしています。 このブログでは、最新のドラマのネタバレや考察、展開予想を、いち早くお届けします。ドラマをもっと楽しむための情報を、ぜひお楽しみください。