グレイトギフト

【グレイトギフト】第3話ネタバレ感想!毎週キャストが死んでいくの?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ドラマ「グレイトギフト」第3話(2月1日放送)は、病理医・藤巻達臣(反町隆史)の苦悩と白鳥稔(佐々木蔵之介)の陰謀が更に複雑化しています。

命を奪い、座をかっさらった白鳥に対抗しながらも、家族のためには彼に従わざるを得ない藤巻。

第1話、第2話と、メインキャストが消えていく中、また第3話も誰かが「ギフト」によって殺されてしまうのでしょうか?

どれではドラマ「グレイトギフト」第3話のあらすじ・ネタバレを見ていきましょう。

Contents

「グレイトギフト」前回までのあらすじ

明鏡医科大学付属病院の病理医の藤巻達臣(反町隆史)は、真面目で顕微鏡を覗くことが趣味の病理医。妻・麻帆(明日海りお)は、重い心臓の病を患い入院中。検査入院してきた元総理が急死し、その首元に黒いあざのようなものを発見。遺体を解剖すると、未知の球菌を発見。検査技師の久留米穂希(波瑠)も目撃する。その球菌は採取して1時間で消滅する性質を持っていた。院内で新たな患者の不審死が発生し、何者かが院内で球菌をばらまいていると危惧する藤巻は、妻の主治医で心臓外科の教授・白鳥(佐々木蔵之介)に球菌の件を相談すると、培養しろと指示され渡す。すると理事長の奥野信二(坂東彌十郎)が球菌によって死亡。理事長の座を狙う白鳥は、この球菌は「天からのギフトだ」と怪しく微笑む。そんな中、「球菌を使った代償を払ってもらう」と脅迫状が届く。脅迫状の送り主は病理医・伊集院薫だと判明し、白鳥稔(佐々木蔵之介)は、秘密裏に球菌「ギフト」を悪用し真相に気づいた伊集院の命までも奪ってしまう。

グレイトギフト第1話ネタバレ

グレイトギフト第2話ネタバレ

 

「グレイトギフト」第3話ネタバレ

グレイトギフト第3話あらすじ

明鏡医科大学付属病院では、発見された殺人球菌「ギフト」によって次々と命を奪われ、その陰謀の渦中に立つ藤巻達臣(反町隆史)。

藤巻は、医療界を浄化するためならば非道な行為も辞さないという信念を持つ白鳥に反感を抱きながらも、妻・麻帆の命を救うためには彼に従わざるを得ない。

白鳥が「ギフト」よって殺害した伊集院の葬儀が執り行われるが、白鳥は花を贈り、あたかも温かい上司のように振る舞う。

神林は捜査を強化

一方、警視庁の元捜査一課刑事・神林育人(尾上松也)は伊集院の死に疑念を抱き、捜査を強化していた。

郡司博光(津田健次郎)

そんな藤巻に、同期であるが親交の薄い心臓外科医・郡司博光(津田健次郎)が、驚愕の情報をもたらす。

藤巻が毒を製造し、白鳥が奥野元理事長を殺したんだろうと言う。

大泉篤(西岡徳馬)

そんな郡司は、白鳥の次なる標的は、医学系大学連合会議の副議長である大泉篤(西岡徳馬)だと言う。

郡司は、白鳥が軽井沢の別荘に招待され、大泉を殺そうとしている可能性があるという。

この話を聞いていた久留米(波瑠)は、大泉を調べ、藤巻に報告する。

大泉は、医学系大学連合会議の議長の座を狙う白鳥にとって一番のライバルで、政界に根回しをして医療界に税金が流れるよう仕向けたり、院内でパワハラ&暴力行為を繰り返すなど「医療界のがん」というべき男だった。

しかしこれ以上「ギフト」による犠牲者を出したくない藤巻は、大泉を救おうと軽井沢へ向かう。

ゴルフのラウンドにカメラマンとしてつきあう藤巻。

ラウンドが終わると、白鳥は急用が入ったと言い、帰っていく。

大泉に付き合い、飲むことになった藤巻と郡司。

ほどなくして、ワインを飲んだ大泉は倒れ込み・・・。

郡司は、白鳥に取り入ってギフトを手にいれ、大泉のワインに「ギフト」を混入させていた。

命を落とした大泉の首には、黒いシミが浮き出る。

郡司は、すぐに検証しろ!と顕微鏡を車から持ち出して藤巻に指示をする。

大泉を首から検体を抽出し、顕微鏡で覗くと急速に「ギフト」は消滅していった。

「ギフト」の脅威を目の当たりにした郡司は、まさに「ギフトだ!」と目を輝かせる。

 

その夜、白鳥と宮司に病院に呼び出された藤巻。

次は誰を殺すきか?と嫌になる藤巻に、二人は藤巻の妻の手術を行うと言う。

執刀医は白鳥。補助するのは郡司。

実は郡司は、藤巻の妻の元彼で、手術の前に、二人は見つめ合う。

白鳥は、強引なオペで、心筋細胞シートを貼り付ける事に成功!

手術成功にホッとする藤巻に、白鳥は、これからも「ギフト」の製造を頼むと言って去っていく。

元々、妻の手術まで「ギフト」に関わると決めていた藤巻は、一人の命を救うために、多くの命が失われていくことに、やるせない思いにかられてしまう。

 

神林育人(尾上松也)は藤巻を呼び出し、亡くなった伊集院の水筒に、白鳥の指紋があったと報告する。

そして、伊集院が亡くなった時、一緒にいた藤巻がその球菌を培養しているのではないか?と疑っていた。

藤巻は、「ギフト」で亡くなった人々の顔がちらつき、藤巻は頭がいっぱいになり、「ギフト」を自ら飲もうとして・・・

そんな中、久留米が止めに入る!

藤巻は、久留米が「ギフト」を使った犯人だろうと尋ねる。

すると久留米は、犯人ではないと断言し、藤巻に好意を抱いているから心配だと言い・・・。

 

「グレイトギフト」第3話展開予想

「グレイトギフト」は、毎週誰かが亡くなっていき、第3話もメインキャストが消えるのかな?と思ってしまいますよね。

特に、第1話で奥野理事長こと、坂東彌十郎さんが消えるとは予想外でしたね。

そんな「グレイトギフト」第3話では、悪名高き大泉篤(西岡徳馬)が登場します。

白鳥(佐々木蔵之介)は絶対に消すだろうと企んでいるのは間違いないです。

ただ、白鳥側だった郡司(津田健次郎)が、真実に気づいてしまいました。

今度は郡司が消される可能性もありますね。

ただ、郡司は藤巻の妻の元カレです。

元カレとの間にドロドロ感、看護師と不倫する悪い男・郡司を見てみたいので、まだ消えないで!と願っています♪

グレイトギフト公式HP

第2話

ABOUT ME
はるはる
ドラマライター歴10年。 脚本の勉強後、フリーランスのドラマライターとして活動。ドラマに関する記事を執筆中。 ドラマのネタバレや考察、展開予想をする際には、ドラマの脚本を勉強した経験を活かし、ドラマの裏側や制作意図を踏まえた考察を心がけています。 また、ドラマファンの視点に立って、ドラマの面白さや魅力をわかりやすく伝えることを大切にしています。 このブログでは、最新のドラマのネタバレや考察、展開予想を、いち早くお届けします。ドラマをもっと楽しむための情報を、ぜひお楽しみください。