グレイトギフト

【グレイトギフト】第1話ネタバレ感想と考察!元総理殺害の真相は!? 殺人球菌の恐怖

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

2024年1月18日(木)に放送された、反町隆史さん主演のドラマ「グレイトギフト」の第1話のあらすじをネタバレと見た感想と考察を纏めています。

「グレイトギフト」第1話ネタバレ

グレイトギフト第1話あらすじ

元総理の急死は殺人!?

事の発端は、明鏡医科大学付属病院に検査入院していた元総理大臣の愛宕克己が、急死。

主人公・病理医の藤巻達臣(反町隆史)

愛宕の死因は「急性心不全」とされますが、何か違和感を感じる病理医の藤巻達臣(反町隆史)。

さっそく、藤巻は、愛宕の遺体を解剖し、死因を調べ始めます。

藤巻は、真面目で顕微鏡を覗くことが自身の趣味のようなマニアックな病理医です。

そんな藤巻の妻・麻帆明日海りお)は、重い心臓の病を患い入院中。

久留米穂希(波瑠)

その矢先、検査技師の久留米穂希(波瑠)が球菌を目撃し、

「殺されたのかもしれません」と言い出します。

久留米穂希(波瑠)もまた、仕事以外興味がないマニアックな検査技師で、藤巻にとっては院内で唯一心が開ける存在です。

愛宕の愛人・安曇杏梨(倉科カナ)への疑い

愛宕が殺されたとすれば、一番怪しまれるのは、愛人・安曇杏梨(倉科カナ)でした。

愛宕の遺産相続をめぐって遺族が揉めていたことから、杏梨による殺人事件ではないかと疑われます。

事の発端【未知の殺人球菌が見つかる】

藤巻は、愛宕の遺体に残っていた首に残る謎の黒ずみに着目。

採取した液状検体から、未知の球菌を発見します。

しかも、球菌は採取して1時間で消滅してしまうという不可思議な性質を持っていました。

藤巻は、この球菌が愛宕の死因であり、やがて世界中の命を危機にさらす「殺人球菌」じゃないかと危惧します。

さっそく財界と太いパイプを持つ理事長の奥野信二(坂東彌十郎)がいる政財界の重鎮たちが通う会員制ラウンジ「アルカナム」に行くと、

そこのオーナーは愛宕の愛人・安曇杏梨(倉科カナ)でした。

奥野は大金を受け取り、何やら画策しているようです。

藤巻は、奥野に秘密裏に許可を取り、新たな液状検体の採取に着手しはじめます。

新たな患者の不審死

そんな最中、院内で新たな患者の不審死が発生!

この患者も、愛宕と同じように首に黒い黒ずみがあり、殺人球菌に感染していたことが判明します。

誰かが意図的に球菌を投与したことによる連続殺人ではないかと推測する藤巻は、奥野の部屋へと急ぎます。

しかし、奥野はそんな馬鹿なと笑い飛ばします。

藤巻は、先日奥野が裏金を受け取っていたのを目撃していたことから、

現在入院中の妻の病気の投薬を厚労省に認証させること、さもなければ裏金のことを警察に通報すると取引に出ます。

そんな中、新たに「殺人球菌」によって死亡者が出ます。

藤巻は、この病院内で誰かがばらまいていると判断しますが、奥野はそんなことを公にすれば、この病院の経営が傾くと言い、真犯人を探せと指示します。

白鳥(佐々木蔵之介)

真犯人は誰なのか?

奥野の部屋をでた藤巻は、妻の主治医で心臓外科の教授・白鳥(佐々木蔵之介)とすれ違います。

信頼する白鳥に、妻を預けた藤巻。

白鳥に球菌のことを打ち明けると、次の学会で発表するから、培養してくれと頼みます。

信頼する白鳥の指示により、培養に成功した藤巻は、厳重に取り扱うことを約束して、白鳥に渡しました。

奥野の死

そして迎えた学会。

なんと奥野は急に倒れ、あっという間に首筋に黒い染みが浮かび上がり、息絶えてしまいます。

藤巻は、すぐに白鳥の仕業だと察します。

天からのギフト

白鳥は、球菌を見た時、力が湧いた!と怪しくほほえみます。

先の理事長選で白鳥に理事長の座を奪われた白鳥は、

この球菌の力で医療界を牛耳る!!と宣言します。

数滴で急性心不全と診断されるこの球菌は、天からのギフトだ!と誇らしげに言います。

球菌で人殺しをするなんて許されない行為だと反論する藤巻。

しかし白鳥は、奥野に妻の薬を厚労省に急げと根回ししたことをネタに、奥野の裏工作に藤巻も加担していたと脅します。

警視庁捜査一課の神林(尾上松也)

二人が話していると、警視庁の神林(尾上松也)がやってきます。

神林は、警務部厚生課・職員相談支援センターの警部補。

かつては捜査一課の刑事でした。

妻を早くに亡くした後、娘・琴葉の心臓病が悪化して、娘がこの病院に入院しています。

奥野理事長の急死を聞きつけた神林は、不審な点はなかったのか?と尋ねます。

白鳥は、不審な点はないと言い、しかたなく藤巻も同じ意見だと答えました。

しかし、藤巻が部屋に戻ると、「球菌を使った代償を払ってもらう」と手紙が届いていて・・・。

「グレイトギフト」第1話感想

第1話は、元総理の急死をきっかけに、未知の殺人球菌の恐怖が描かれたエピソードでした。

藤巻の推理によって、愛宕の死因は球菌によるものであることが明らかになり、さらには新たな患者の不審死も発生したことで、連続殺人事件の可能性が浮上します。

球菌の不可思議な性質や、新たな患者の不審死など、気になる伏線も多く、今後の展開がますます楽しみになる第1話でした。

キャストが豪華

「グレイトギフト」は、キャストが豪華ですね!

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/greatgift/cast/

 

もはや大河ドラマ並の大物たちがキャスティングされています。

早くも坂東彌十郎さん演じる奥野が死亡しましたが、奥野も大きな闇を持っていそうです。

また、佐々木蔵之介さん演じる白鳥。

もう最初から悪役ポジションだなと思いましたが、やはりでしたね。

@great_gift2024#グレイトギフト ♬ オリジナル楽曲 – 木曜ドラマ『グレイトギフト』【テレビ朝日公式】

気になるのは、波瑠さん。

波瑠さんが医療系の服を着ていると、はやり思い出すのは「ナイトドクター」です。

この時は、医者の役でしたが、今回は検査技師。

藤巻の良き「相棒」となり、一緒に球菌の謎を解いていくのか?それとも・・・?

@great_gift2024 #グレイトギフト 放送まであと9️⃣日🌟#波瑠 ♬ オリジナル楽曲 – 木曜ドラマ『グレイトギフト』【テレビ朝日公式】

「グレイトギフト」考察

最初に球菌をばらまいたのは誰?目的は?

「グレイトギフト」のストーリーの核は、危険な殺人球菌をばらまいた犯人は誰なのか、そしてその目的は何なのか?

ここが焦点になります。

医療界のトップに立ちたいの野望が渦巻く中、犯人の目的は、その野望を叶えるためなのでしょうか。

手紙の送り主は誰?

第1話のラストシーンは、「球菌を使った代償を払ってもらう」という匿名の手紙が届きました。

藤巻の行動を全部見ていて、あざ笑うかのようです。

藤巻が払う代償とは?

第1話にして、がんじがらめになった藤巻が払う代償とは?

藤巻が一番大事にしている「妻の命」になるのではないかと予想しています。

グレイトギフト公式HP

第2話

ABOUT ME
はるはる
ドラマライター歴10年。 脚本の勉強後、フリーランスのドラマライターとして活動。ドラマに関する記事を執筆中。 ドラマのネタバレや考察、展開予想をする際には、ドラマの脚本を勉強した経験を活かし、ドラマの裏側や制作意図を踏まえた考察を心がけています。 また、ドラマファンの視点に立って、ドラマの面白さや魅力をわかりやすく伝えることを大切にしています。 このブログでは、最新のドラマのネタバレや考察、展開予想を、いち早くお届けします。ドラマをもっと楽しむための情報を、ぜひお楽しみください。