うちの弁護士は手がかかる

うちの弁護士は手がかかる|辻井役は村川絵梨さんのプロフィールやドラマが凄い!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

新ドラマ「うちの弁護士は手がかかる」において、辻井玲子役を演じるのは村川絵梨さんです。

やり手の弁護士・辻井玲子役を演じるのは、村川絵梨さんです。

この記事では、村川絵梨さんのプロフィールや出演ドラマについて紹介とともに、

辻井玲子役はどのような役柄なのか、主人公との関わりについても探ってみたいと思います!

① 「うちの弁護士は手がかかる」の辻井玲子はどんな役?

「うちの弁護士は手がかかる」の辻井玲子は、

主人公蔵前勉(ムロツヨシ)、天野杏(平手友梨奈)と同じ弁護士事務所で働く弁護士役として登場します。

司法試験に一発で合格した優秀な弁護士であり、

仕事もプライベートも効率的にこなす女性です。

しかし、彼女は歯に衣着せぬ発言で周囲を驚かせることもしばしば。

“時は金なり”が信条で、その信念を貫き通します。

 

②村川絵梨さんのプロフィール

そんな辻井玲子役を演じるのは、村川絵梨さんです。

村川絵梨さんのプロフィールを見ていきましょう。

– 生年月日: 1987年10月4日
– 出身地: 大阪府大東市
– 所属事務所: アミューズ

村川絵梨さんは、大阪府出身の女優で、アミューズに所属しています。

 

村川絵梨さんは趣味が多彩!

彼女は多彩な才能を持ち、そのプロフィールには興味深いエピソードがたくさんあります!

– 好物: 餃子、生ハム、牡蠣、赤貝、つぶ貝
– 愛犬: “コロン”という愛犬を飼っており、溺愛しています。

村川絵梨さんは、日本酒が好きすぎて、「きき酒師」の資格を取得し、

2020年には日本酒「えりごのみ104 純米大吟醸」のプロデュースまでされています!

 

この投稿をInstagramで見る

 

村川絵梨(@eri_murakawa_official)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

村川絵梨(@eri_murakawa_official)がシェアした投稿

③村川絵梨さんのドラマ・映画出演作品

村川絵梨さんはアイドルユニット「BOY STYLE」の一員として歌手デビューし、その後女優業に転身しています。

彼女の出演作品には以下のようなものがあります。

– NHK連続テレビ小説『風のハルカ』(2005年): ヒロイン・水野ハルカ役

– ROOKIES(2008年4月19日 – 7月26日、TBS) – ヒロイン・八木塔子 役

– 映画『ロード88年出会い路、四国へ』(2004年): 主演

– 映画『花芯』: トップレスヌードを披露し、注目を集めました。

彼女は多彩な役柄をこなし、映画やドラマ、舞台で幅広い演技力を発揮しています。

 

大河ドラマ 青天を衝け(渋沢なか 役)

 

この投稿をInstagramで見る

 

村川絵梨(@eri_murakawa_official)がシェアした投稿

大河ドラマ 青天を衝けでは、栄一の姉・渋沢なか役を演じました。

気が強く、男勝りな女性でしたね。

映画「キングダム」友里役

大人気映画「キングダム」では、尾到(三浦貴大)の婚約者・友里役を演じています。

 

舞台『テラヤマ・キャバレー』

来年2月には、香取慎吾さん主演舞台「テラヤマ・キャバレー」に出演することが決定しています。

 

④まとめ

ドラマ「うちの弁護士は手がかかる」の辻井玲子役を演じるには、

天野杏と同じ香澄法律事務所で活動し、彼女のサバサバとした性格が物語にどのような要素をもたらすのかが楽しみです。

「うちの弁護士は手がかかる」での村川絵梨さんの演技にも期待しています!



\31日間の無料トライアル中に解約すれば料金は一切かりません/

※この記事は執筆時点の情報です。詳細はU-NEXT公式サイトをご確認ください。

前ページ次ページ

ABOUT ME
はるはる
ドラマライター歴10年。 脚本の勉強後、フリーランスのドラマライターとして活動。ドラマに関する記事を執筆中。 ドラマのネタバレや考察、展開予想をする際には、ドラマの脚本を勉強した経験を活かし、ドラマの裏側や制作意図を踏まえた考察を心がけています。 また、ドラマファンの視点に立って、ドラマの面白さや魅力をわかりやすく伝えることを大切にしています。 このブログでは、最新のドラマのネタバレや考察、展開予想を、いち早くお届けします。ドラマをもっと楽しむための情報を、ぜひお楽しみください。