ウソ婚

ウソ婚8話ネタバレ|健斗が帰国で混乱の予感?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ドラマ「ウソ婚」第8話(8月29日放送)の内容とあらすじネタバレ、

感想をまとめました!!

Contents

「ウソ婚」これまでのあらすじ

主人公夏目匠(菊池風磨)は一級建築士。自ら立ち上げた「夏目設計事務所」の社長。容姿端麗で都内のタワーマンションに住む超モテ男。しかし、彼の左手には結婚指輪が。

実は、既婚者というのは偽りで、仕事の信頼を得るためと、女性に言い寄られる手間を省くためにフェイクの結婚指輪をしていたのです。

ある日、取引先の社長である二木谷皓司から「妻」と一緒にパーティーに出席するよう迫られます。二木谷は「結婚していると信頼できる」と言い、匠は、幼なじみでずっと思いを馳せている千堂八重(長濱ねる)に期間限定の「ウソ婚」を持ちかけます八重は派遣OLで仕事を失い、恋人にも振られるなどどん底にいた時期でした。八重はウソの妻としての役を引き受けることに。

匠と八重には、もうひとり幼なじみの吉田健斗がいました。匠にとって最大のライバルであり、八重を幸せにする唯一の存在。しかし、健斗は海外へ引っ越していました。

二木谷のパーティーで八重はウソの妻として振る舞いますが、二木谷の娘であるレミ(トリンドル玲奈)から敵意を向けられ、進藤(渡辺翔太)や淳の偵察をさせるが、八重の良さに気づく。そんな中、もうひとりの幼馴染み吉田健斗が帰国し・・・。

健斗役は黒羽麻璃央さん!

「ウソ婚」第8話のあらすじ

「初恋だから、八重は」——その言葉がウソではないと知った八重(長濱ねる)は、それまでただの幼なじみだった匠(菊池風磨)を妙に意識してしまい、ささいなしぐさにもドキドキするように。しかし、その胸の高鳴りの正体には気付かないフリをして、これはウソ婚だと自分に言い聞かせる。

一方の匠は、グランピングで八重がクリスマスイブの約束を受け入れてくれたことを思い返していた。それはすなわち、ウソ婚の契約が終わっても八重と一緒にいられるということ。匠は喜びをかみしめながら、今手掛けている結婚式場で八重と式を挙げる日に思いをはせるが、一方で、肝心の八重がいまだに自分を“雇用主”として見ている気配を感じていて…。

そんななか、2人は夫婦として二木谷(鶴見辰吾)から食事に誘われる。匠が設計したその店で、トークショーさながらに愛妻との思い出を語りつくす二木谷。その姿を見た八重は、二木谷が仕事相手に妻帯者を選ぶ気持ちが分かった気がすると話し、匠をハッとさせる。すると会食後、店の外で二木谷とともに八重を待っていた匠に、ある人物が声をかける。それは、10年前に八重を匠に託してシンガポールに旅立った健斗(黒羽麻璃央)だった。匠が驚きのあまり言葉を失っていると、そこへ八重が戻ってきて、大切な幼なじみ2人が結婚したことを知った健斗は…。

引用:https://www.ktv.jp/usokon/story/

 

「ウソ婚」第8話のネタバレ

八重(長濱ねる)は、ただの幼なじみだった匠(菊池風磨)を妙に意識してしまい、心臓がドキドキに。

一方の匠は、グランピングで八重がクリスマスイブの約束を受け入れてくれたことを思い返し、八重と一緒にいられるということに喜びを感じ、

仕事中も進藤(渡辺翔太)に何?く〜って?と突っ込まれるほど。

やってませんけど。と平然と答える匠の左薬指には、きらりと指輪が光り、ニヤける匠。

そんな中、グランピングリゾートの広報から、匠と八重の写真を掲載していいかという依頼が入ります。

匠は八重に電話をして許可を得ます。

もし、地元の奴とかにバレたら、俺の会社でバイトしてるとか、なんか誤魔化せば大丈夫じゃね?と匠。

八重は、OKを出しました。

 

そんな中、八重の元ルームシェアしていた友人が部屋を訪れます。

結婚が決まったと報告する友人に、なんで結婚を選んだのか質問する八重。

「法的に家族になりたかった」

と言われ、ドキッとする八重。

最近八重は、匠のやることなすことに少女漫画ばりにドキッとして、この胸の高鳴りの正体には気付かないフリをして、これはウソ婚だと自分に言い聞かせていました。

もしかしてこれはストレス?と疑う八重。

友人は、幼馴染みの愛から「恋」に変わったんだねと言います。

 

シャワーを浴びた後の、匠の姿にドキドキする八重は、掃除をするふりをして誤魔化します。

匠は、掃除なんて業者に頼むし、好きなことしていいと言います。

そんな中、2人は夫婦として二木谷(鶴見辰吾)から食事に誘われます。

匠が設計したその店で、トークショーさながらに愛妻との思い出を語りつくす二木谷!

その姿を見た八重は、二木谷が仕事相手に妻帯者を選ぶ気持ちが分かった気がすると話し、匠をハッとさせ・・・。

会食後、店を出ると、二木谷が店にボールペンを忘れて取りにいった八重を待っていた匠に、ある人物が声をかけます。

それは、10年前に八重を匠に託してシンガポールに旅立った健斗(黒羽麻璃央)!!

匠は驚きのあまり言葉を失います。

そこへ八重が戻ってきて、大切な幼なじみ2人が結婚したことを知った健斗は、

二人をハグし・・・。

匠の家に行くと、健斗は、八重と思い出話に花を咲かせほのぼのタイムに突入。

健斗は現在、アフリカで農業のサポートをしていました。

ていうか、なんでシンガポールに行って10年もの間、連絡くれなかったのか?匠が尋ねると、

行った甲斐があった、八重をお姫様にしてくれてありがとうと答えます。

高3の花火大会の日、健斗はある賭けをしました。

匠は当時の彼女と花火大会に行ったけど、八重と健斗はクラスの皆と行って、匠にメールをすると、匠は八重と健斗の元に来てくれました。

当時、親がシンガポールに転勤になり、日本に残ってもいいと言われたけれど、

匠が来なかったら、シンガポール行きをやめて(八重と一緒にいよう)と思い、賭けをしたのです。

その賭けは勝ったのか?と尋ねる匠。

 

その頃、匠と八重の写真が掲載されたネットニュースを見た女は、ある決断をしたようで・・・。

「ウソ婚」第8話の感想

ウソ婚の第8話は、ついに幼馴染み3人が出揃いました!

シンガポールに行った後、10年もの間連絡をよこさなかった健斗。

匠が八重の事を好きな気持ち、八重も匠を好きだと気づいていたんでしょう。

高3の花火大会の夜、当時の彼女とデートした後の匠が、八重のもとに来なければ自分が八重を支えていくと決めていたけれど、

匠はやっぱり来てくれたんですよね。

両親からシンガポール行きは自分で決断していいと言われていた健斗は、やっぱり匠と八重が上手く行ってほしいと思ってシンガポールへ旅立ったのでしょう。

だからこそ、再会したときに二人が結婚したと聞いて、満面の笑みでハグしたと思います。

自分が身を引いたことで、大好きな二人が幸せになっていればそれが一番望んでいたことだと。

ただ、匠と八重が「ウソ婚」だと知ったならば、ちょっと一波乱ありそうな気がします。

それでも最終的には、二人に早く本当の結婚しろと背中を押すのは、やっぱり健斗だと思います!

「ウソ婚」の各話ロケ地

ウソ婚第3話ロケ地|料亭や花屋はどこ?撮影地まとめ

ウソ婚第7話ロケ地|グランピングはどこ?撮影地まとめ

\八重の衣装/

 

 

 

 

 

 

\進藤の衣装/

 

 

 

 



\31日間の無料トライアル中に解約すれば料金は一切かりません/

※この記事は執筆時点の情報です。詳細はU-NEXT公式サイトをご確認ください。

無料登録するだけで好きな漫画がどれでも100冊まで半額!!

\これって絶対お得!/

無料トレンド漫画もザックザク♡


新規登録キャンペーン実施中【Amebaマンガ】

前ページ次ページ

ABOUT ME
はるはる
ドラマライター歴10年。 脚本の勉強後、フリーランスのドラマライターとして活動。ドラマに関する記事を執筆中。 ドラマのネタバレや考察、展開予想をする際には、ドラマの脚本を勉強した経験を活かし、ドラマの裏側や制作意図を踏まえた考察を心がけています。 また、ドラマファンの視点に立って、ドラマの面白さや魅力をわかりやすく伝えることを大切にしています。 このブログでは、最新のドラマのネタバレや考察、展開予想を、いち早くお届けします。ドラマをもっと楽しむための情報を、ぜひお楽しみください。