ハヤブサ消防団

ハヤブサ消防団【考察】中山田(山本耕史)が犯人?怪しい行動だらけ!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ドラマ「ハヤブサ消防団」は、主人公・三馬太郎(中村倫也)の編集担当者で中山田というキャラクターが登場します。

中山田は、太郎が移住したハヤブサ地区を度々訪れ、ゴルフをしたり、消防団と仲良くなっています。

その一方で、中山田が犯人じゃないか?と怪しまれています。

さっそく、ハヤブサ消防団の中山田は犯人なのか、まとめました。

Contents

中山田洋(山本耕史)が怪しすぎる!

中山田洋(なかやまだ・ひろし)は、主人公・三馬太郎(中村倫也)の担当編集者です。

明るい性格の持ち主で、雑学にめっぽう詳しく、その好奇心が常に旺盛なことが知られています。

 

中山田はゴルフ三昧?

第3話では、中山田がハヤブサを訪れ、太郎との楽しい時間を過ごします。

東京出身の中山田にとって、ハヤブサは自然豊かで新鮮に感じているようです。

太郎と一緒にゴルフや渓流釣りを楽しみ、さらには消防団の仲間たちともすぐに打ち解けていました。

中山田のしごとの速さが怪しい?

太郎が移住した後も彼の活動をサポートし、消防団の仲間たちともコミュニケーションを取っています。

第4話(10日放送)では、町おこしドラマ企画に関する情報を提供し、

新興宗教「アビゲイル騎士団」の信者だった立木彩(川口春奈)についての情報を速やかに太郎に伝えました。

 

中山田が怪しい?

しかしながら、中山田のその明るさと行動の速さは、逆に怪しさを感じさせる要因でもあります。

中山田と太郎の絶妙な掛け合いが楽しい反面、「胡散臭さ」すら感じます。

背後に何かを隠しているかのような印象を与え、怪しまれてもおかしく有りません。

 

中山田が放火犯?伏線は?

第6話では、太郎の家が放火され、犯人の証拠を探すシーンでは、草むらから可燃性のベンジンのボトルを見つけた中山田は、

指紋つけちゃったテヘペロ的なシーンでしたが、証拠隠滅の可能性もありますよね。

新作小説のタイトルを知る者が犯人

あとは、太郎の新作小説のタイトルについて。

太郎は、新作小説のタイトルを最初は「郭公は都会で笑う」にしていました。

しかし、中山田は出版の際に「都会で鳴く郭公」に改題したと言います。

太郎は、改題前のタイトルの事を話したのは消防団の5人だけ。

知らないはずの真鍋が変更前のタイトル「郭公は都会で笑う」を口走ったのです。

誰が、真鍋に報告したのか??

これも中山田が怪しまれる一因となりました。

ハヤブサ消防団6話ネタバレ感想|太郎の桜屋敷が放火?ドラマ「ハヤブサ消防団」第6話の内容とあらすじネタバレ、みんなの感想や評判を見ていきましょう!! ...

中山田は犯人ではない!?

中山田が事件の真犯人ではないかと疑念を抱く声もあります。

一見明るい性格であるがゆえに、その行動に隠された真実を見抜くことが求められるかもしれません。

しかし、原作の中山田はこの性格のままで、事件について好奇心が湧いただけのようです。

犯人は、他にいるということですね。

中山田という独特なキャラクターがドラマ「ハヤブサ消防団」をますます面白くしています!

「ハヤブサ消防団」関連記事

ハヤブサ消防団|住職の正体に衝撃!展子との繋がりが明らかに!

ハヤブサ消防団|映子の正体は何者?怖すぎる老婆は犯人?

ハヤブサ消防団|中山田(山本耕史)が犯人?怪しい行動だらけ!

ハヤブサ消防団|女の子は誰だった?川に身を投げたのは母親?

ハヤブサ消防団|省吾を殺した犯人は真鍋?紫色の人物が尾行?

ハヤブサ消防団|紫色はアビゲイルの信者?聖地に秘密が!

ハヤブサ消防団|省吾の「王様の耳はロバの耳」にはある意味が!

ハヤブサ消防団|杉森弁護士役は誰?狂気の笑顔の正体に驚愕!

ハヤブサ消防団【考察】村岡町長の正体は?展子との関係に涙!

ハヤブサ消防団【考察】太郎の父が写真を残していた理由は?

今後の展開をこちらにまとめています↓

ハヤブサ消防団の結末と犯人は?ネタバレを最終回まで!

\ハヤブサ消防団の主題歌/

ドラマ「ハヤブサ消防団」の相関図

ドラマ「ハヤブサ消防団」のキャスト相関図はこちらです。

役名【キャスト】 役どころ
三馬太郎(みま たろう)〈35〉演 – 中村倫也 スランプ気味の作家。亡父の故郷、山間の「ハヤブサ地区」に移住し、消防団に入団する。
立木彩(たちき あや)〈28〉演 – 川口春奈 東京から「ハヤブサ地区」に移り住んだ映像ディレクター。ハヤブサ地区の町おこしのためのドラマ制作を町役場と企画する。
藤本勘介(ふじもと かんすけ)〈35〉演 – 満島真之介 団員。「八百万工務店」勤務。幼少期に遊んだこともあり、太郎と仲良くなる。
徳田省吾(とくだ しょうご)〈50〉演 – 岡部たかし 班長。呉服店「一徳堂」の二代目店主。骨董品を紹介するExTuber(動画配信者)。
森野洋輔(もりの ようすけ)〈56〉演 – 梶原善 副分団長。町役場の土木課に勤めている。
宮原郁夫(みやはら いくお)〈60〉演 – 橋本じゅん 分団長。養鶏場「宮原養鶏」を営む。
山原賢作(やまはら けんさく)〈60〉演 – 生瀬勝久 部長。林業メーカー「山原林業」の社長。
中山田洋(なかやまだ ひろし)〈40〉演 – 山本耕史 東京にある出版社「草英社」の編集者。「小説れもん」での太郎の編集担当。
江西佑空(えにし たすく)演 – 麿赤兒 「隋明寺」の住職。住民たちからの人望も厚い。太郎の小説のファン。
野々山映子(ののやま えいこ)演 – 村岡希美 地区の住民。
村岡信蔵(むらおか しんぞう)〈65〉演 – 金田明夫 ハヤブサ地区が属する八百万町の町長。
賀来武彦(かく たけひこ)〈50〉演 – 福田転球 協力団員。酒飲みの憩いの場「居酒屋サンカク」の店主
賀来好恵(かく よしえ)演 – 氏家恵 武彦の妻。「居酒屋サンカク」の女将。
山原展子(やまはら のぶこ)演 – 小林涼子 太郎の実家のアルバムに写真が載っている謎の女性。
山原倫子(やまはら りんこ)演 – 小林涼子 展子の母親。ある男性ので展子を出産するが、その男性に捨てられ、幼い展子を残し山で飛び降り自殺をしている。

 

「ハヤブサ消防団」のキャストの詳しい役どころやプロフィール出演作品はこちらでチェック♪

 

 

\「ハヤブサ消防団」のドラマも原作もU−NEXTで配信中!/



すぐに原作の試し読みができる!<U-NEXT>

U-NEXTでは「31日間の無料トライアル」を実施中です。

映画・ドラマ・アニメ・漫画・雑誌まで見れる!

無料トライアル期間に解約すれば、一切料金はかからないから安心です♪

 

前ページ次ページ

ABOUT ME
はるはる
ドラマライター歴10年。 脚本の勉強後、フリーランスのドラマライターとして活動。ドラマに関する記事を執筆中。 ドラマのネタバレや考察、展開予想をする際には、ドラマの脚本を勉強した経験を活かし、ドラマの裏側や制作意図を踏まえた考察を心がけています。 また、ドラマファンの視点に立って、ドラマの面白さや魅力をわかりやすく伝えることを大切にしています。 このブログでは、最新のドラマのネタバレや考察、展開予想を、いち早くお届けします。ドラマをもっと楽しむための情報を、ぜひお楽しみください。