ばらかもん

ばらかもん7話ネタバレ|お見合い話と清舟の涙の理由は?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ドラマ「ばらかもん」第7話の内容とあらすじネタバレ、みんなの感想や評判を見ていきましょう!!

Contents

ドラマ「ばらかもん」の相関図

ドラマ「ばらかもん」のキャスト相関図はこちらです。

「ばらかもん」これまでのあらすじ

 

「ばらかもん」の第7話あらすじ

神社の前を通りかかった半田清舟(杉野遥亮)は、琴石なる(宮崎莉里沙)と久保田陽菜(寺田藍月)に出会う。清舟が宿題をやっていないと言うなるを注意すると、「大きくなったら“やくそうけんきゅうか” になる」と言って、石段に空いた穴に野草を詰め込みゴリゴリとつぶし始めるなる。何とその穴は、ヤスば(野村ヤス:鷲尾真知子)が子どものころからあり、同じようにままごと遊びに使われていたらしい。世代を超えて受け継がれていることに感慨を覚える清舟。

同じ頃、東京の半田家では、清明(遠藤憲一)が川藤鷹生(中尾明慶)に休暇を申し出ていた。だが、超一流ホテルから館内に飾るために清明に作品を書いて欲しいという依頼を受けていた川藤は、休んでいる暇はないのでは、と言って反対する。すると、半端な作品を書くわけにはいかないのだから、そのための準備期間だと思ってほしいと返す清明。実は清明が休暇をとって行こうとしていたのは、清舟が暮らしている五島列島だった。そこにやってきた妻のえみ(長野里美)は、自分も一緒に行くと言い、清舟にお見合い話を切り出そうとする。

両親が島に来るとの連絡を受けた清舟は、なるや山村美和(豊嶋花)たちに、家への立ち入り禁止を命じる。だが、すぐにそんなことは無理だと気づいた清舟は、ひとつだけ言っておくと前置きし、「ウチの母さん、すごく面倒くさい人だから」と忠告する。

それから数日後、清明とえみ、川藤が五島列島にやってくるが……。

引用:https://www.fujitv.co.jp/barakamon/story/story07.html

 

「ばらかもん」第7話ネタバレ

神社の前を通りかかった半田清舟(杉野遥亮)は、琴石なる(宮崎莉里沙)と久保田陽菜(寺田藍月)を見かけます。

「大きくなったら“やくそうけんきゅうか” になる」と言って、石段に空いた穴に野草を詰め込みゴリゴリとつぶし始めるなる。

その穴は、ヤスば(野村ヤス:鷲尾真知子)が子どものころ「ままごと」していたと聞き、歴史を感じる清舟。

 

その頃、清舟の父・清明(遠藤憲一)が川藤鷹生(中尾明慶)に休暇を申し出ていました。

超一流ホテルから館内に飾るために清明に作品を書いて欲しいという依頼を受けていた川藤は、休んでいる暇はないと反対します。

しかし、準備期間だと思ってほしいと返す清明。

清明は、妻のえみ(長野里美)と清舟が暮らしている五島列島へと向かいます。

両親が島に来るとの連絡を受けた清舟は、なるや山村美和(豊嶋花)たちに、「ウチの母さん、すごく面倒くさい人だから」と忠告して、家に立ち入らないよう釘を指しますが・・・。

それから数日後、清明とえみ、川藤が五島列島にやってきます。

もちろん、子どもたちは清舟の家に上がり込んできます。

えみが五島に来たのは、お見合いの話をするためでした。

えみが見合い写真を見せようとすると、育江(田中みな実)がやってきて、

東京から偉い書道家の先生が来ているなら、子どもたちに習字を教えてほしいと頼みに来ました。

清舟は、父とともに習字教室をすることを快諾しました。

改めて、見合いの話しをするみえ。

見合いの相手は、あの八神館長の孫娘でした。

戸惑う清舟ですが、断る理由もありません。

親子対決

子どもたちが学校から帰ってくると、書道教室が始まりました。

清明は、書には気持ちが全て現れると言います。

子どもたちは、先生(清舟)の先生は大先生(清明)なら、先生はずっと大先生を超えることはできないのか?と質問します。

川藤は、これを機会に親子対決をしないかと持ちかけ、子どもたちの実直な意見を聞いて勝敗を決めようと言います。

清舟は、自分が父と対決するなんて10年早い!とガチガチに緊張します。

案の定、父・清明は子どもたちの心を掴む書を次々と書いていきます。

やっぱり俺の書は、つまらない字なんだ・・・

そう思った時、

お前の字は、基本に忠実な、素直な字だと清明は言います。

遊び心もないし、書道家に向いてないと思ったけれど、その努力が人の心を打つと褒めました。

清舟は、期待に応えることが出来ない・・・と涙が止まりません。

そんな中、部屋に強い風が吹き込みます。

清舟は、白い半紙と、子どもたちが書いた半紙を組み合わせて「心」という字を作成しました。

 

清舟は、見合い話しを断りました。

まだやりたいことがいっぱいある清舟。

えみは、清舟が五島でみんなに囲まれて暮らしていることに安心します。

翌日、清明とえみは東京へと帰っていくのでした。

「ばらかもん」第7話の感想

 

 

「ばらかもん」関連記事

【ばらかもん】なる役の子役がかわいい!宮崎莉里沙ちゃんの出演作が凄い!ドラマ『ばらかもん』は、長崎の五島列島が舞台の注目ドラマです。 主人公・半田清舟(杉野遥亮)の相手役、琴石なるを演じる子役がとって...
【ばらかもん】たまこ役は誰?BL沼たま役のプロフィールドラマ出演作品まとめ!ドラマ「ばらかもん」には多くの子役が登場します。 その中でもBLにはまっている「新井珠子」のキャラクターが個性的です! 新井...
【ばらかもん】山村美和役のボス感!豊嶋花さんの出演作が凄い!ドラマ『ばらかもん』は、五島列島の雄大な自然や透き通ったきれいな海を舞台に、 杉野遥亮さんが初主演をつとめることで、注目度大のドラマです...
【ばらかもん】ひな役の泣き虫子役が可愛すぎる!寺田藍月ちゃんのプロフィールは?ドラマ『ばらかもん』は、長崎の五島列島が舞台の注目ドラマです。 なるの友達で、泣き虫な久保田 陽菜(くぼた ひな)を演じる子役がと...

 



\31日間の無料トライアル中に解約すれば料金は一切かりません/

※この記事は執筆時点の情報です。詳細はU-NEXT公式サイトをご確認ください。

無料登録するだけで好きな漫画がどれでも100冊まで半額!!

\これって絶対お得!/

無料トレンド漫画もザックザク♡


新規登録キャンペーン実施中【Amebaマンガ】

前ページ次ページ

ABOUT ME
はるはる
ドラマライター歴10年。 脚本の勉強後、フリーランスのドラマライターとして活動。ドラマに関する記事を執筆中。 ドラマのネタバレや考察、展開予想をする際には、ドラマの脚本を勉強した経験を活かし、ドラマの裏側や制作意図を踏まえた考察を心がけています。 また、ドラマファンの視点に立って、ドラマの面白さや魅力をわかりやすく伝えることを大切にしています。 このブログでは、最新のドラマのネタバレや考察、展開予想を、いち早くお届けします。ドラマをもっと楽しむための情報を、ぜひお楽しみください。