ハヤブサ消防団

ハヤブサ消防団の結末と犯人は?ネタバレを最終回まで!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ドラマ「ハヤブサ消防団」は、あの「半沢直樹」などのヒットメーカー・池井戸潤さん異色のミステリー小説『ハヤブサ消防団』が原作です。

池井戸潤さんの「ミステリー」も、どんでん返しの連続なのでしょうか?

ドラマ「ハヤブサ消防団」の結末と犯人、最終回までのネタバレをまとめました。

Contents

「ハヤブサ消防団」のストーリー

『ハヤブサ消防団』は、横溝正史の再来と称される主人公・三馬太郎が、父のゆかりのち「ハヤブサ地区」に移住したことから始まります。

田舎の消防団に入団すると、連続放火事件が多発!!

なぜ、こんな山間の町で連続放火が起こるのか?

三馬太郎は、触れてはいけない巨大な闇に迫り・・・。

ドラマ「ハヤブサ消防団」の魅力

主人公・三馬太郎を始め登場人物のキャラクターが魅力的!

この作品の魅力は、まず主人公・三馬太郎のキャラクターにあります。

太郎は知識欲旺盛なミステリー作家でありながら、どこかお茶目。

少々強引な?ハヤブサ地区の人々に流されながら「消防団員」に入団します。

そこで、田舎に暮らす人々の深いつながり、風習、しがらみ・・・

都会暮らしの太郎は全く理解できないのですが、次第にそれが理解できるようになります。

放火犯人の謎を解く太郎の小説家ならではの論理的な推理と、人間味あふれる一面が一層深みを増しています。

太郎を囲む登場人物たちも、個性強すぎな強者達揃いです!!

ゾクッ!とする怖さと、クスッと笑える緩急をブッコミ!!

ドラマ「ハヤブサ消防団」は、毎回ゾクゾクする怖さ、不気味さと、

くすっと笑える緩急が絶妙です!!

怖いだけだと、苦手は方は「もういいや」とリタイアしそうですが、クセ強キャラと、中村倫也さん演じる太郎が、

これってアドリブ??と思えるくらい毎回笑いを誘います。

そして、謎が謎を呼び、癖になる・・・そんなドラマです。

「ハヤブサ消防団」の結末と犯人は誰?最終回までネタバレ!

「ハヤブサ消防団」第1話ネタバレ

ドラマ「ハヤブサ消防団」の第1話からのネタバレはこちらです。

東京に住むスランプ中のミステリー作家・三馬太郎(中村倫也)は、八百万町ハヤブサ地区にある亡き父の生家を訪れる。

この家は太郎が幼少期に住んでいた家。

父の死後、太郎が相続。すっかり失念していたが、不動産屋の通知によって思い出す。

【太郎は移住を決意】

八百万町ハヤブサ地区の美しい田園風景と”桜屋敷”に感動し、東京のマンションを手放し移住を決意。

【消防団加入】

移住からまもなく、太郎はハヤブサ地区の居酒屋で飲んでいると、「消防団」へ誘われ、熱烈な歓迎を受ける。

【不審火発生】

  • 消防団加入式のさなか、不審火が発生!消火活動も虚しく民家が全焼する。

ここで太郎は驚愕の事実を知る。

ハヤブサ地区では不審火が相次いでおり、今回で3件目と判明。

【放火犯の疑いをかけられた者】

  • 放火犯の正体は不明。しかし、村の不良・山原浩喜(一ノ瀬ワタル)が疑いの目を向けられる。

ハヤブサ消防団【第1話】ネタバレ感想

 

「ハヤブサ消防団」第2話ネタバレ

山原浩喜(一ノ瀬ワタル)が放火犯?

ハヤブサ地区を襲った連続放火事件の犯人は山原浩喜(一ノ瀬ワタル)だと住民たちは疑う。

しかし太郎は彼が悪い人間とは思えずにいた。

ソーラーパネルの営業の真鍋(古川雄大)

ソーラーパネルの営業の真鍋(古川雄大)が、

浩喜の悪いウワサを流していることが分かり、太郎は違和感を覚える。

謎の美女・立木彩(川口春奈)

町おこしイベントでドラマ制作が決まり、役場の担当者から、

太郎はドラマの脚本を依頼される。

東京で映像関係をしていて移住してきたばかりの謎の美女・立木彩(川口春奈)は映像担当に。

彩本人の態度はどこか冷淡で…。

 

真鍋の不気味な笑み

彩が帰宅すると、視線を感じて振り返ると真鍋が不気味な笑みを浮かべていた。

シャクナゲの花言葉

太郎の家のポストに、なぜか「しゃくなげの花」が。

花言葉は「危険、警戒」。

太郎は、何か起こりそうな危機感をつのらせる。

ハヤブサ消防団【第2話】ネタバレ感想

 

「ハヤブサ消防団」第3話ネタバレ

ミステリ作家・三馬太郎は映像ディレクター・立木彩と町おこしドラマの打ち合わせへ。

彩はなぜかドラマ制作がボツになったことを太郎に内緒にする。

彩は、「山に見守られているようで見張られている気がする」と言い、太郎も同感する。

謎の美女(小林涼子)の写真

太郎の亡き父のアルバムから謎の美女(小林涼子)のポートレートを見つけ、なぜか気になる太郎。

白いワンピースを着たショートカットの女性は、シャクナゲの花を手にしている。

太郎の担当編集者・中山田洋(山本耕史)

太郎の担当編集者・中山田洋が訪ねてきて、ハヤブサでゴルフを楽しみ、夜は居酒屋で消防団の団員たちと意気投合!

明日、山に釣りに行くという太郎と中山田に、団員たちは山には自ら命を絶った女性の幽霊が出ると言う。

案の定、太郎たちが釣りから帰ろうとすると山で遭難し、幽霊(村岡希美)を目撃!

勘助と賢作(生瀬勝久)に助けられた太郎たちの姿を眺めるルミナスソーラーの真鍋(古川雄大)・・・

山原リンコ

勘助(満島真之介)の祖母は、幽霊は「山原リンコ」ではないかと言う。

賢作の家が火事に!

そんな中、賢作の家が火事に!!どうにか賢作は息を吹き返し、防犯カメラの映像を見て愕然とする。

山原展子の遺影

立木彩は幽霊と思われる映子(村岡希美)の家を訪れ、山原展子(小林涼子)の遺影を見ている眺めていて・・・。

ハヤブサ消防団【第3話】ネタバレ感想

 

「ハヤブサ消防団」第4話ネタバレ

 ハヤブサ地区で4軒目の放火事件が発生!

太郎たち消防団は夜の火の用心に駆り出される。

太郎は随明寺を訪れた際、放火された人々が寺への寄進額が高いことに気づく。

彩との対立

町おこしドラマ企画が中止になったことを知る太郎は、彩から中止になったことを知らされておらず険悪な雰囲気に。

ルミナスソーラーの営業スタッフ・真鍋明光

太郎は、真鍋が町長に接近していること、放火された家の土地はルミナスソーラーが買い上げていることを知り、放火の背後にルミナスソーラーの影があると太郎は疑念を抱き始める。

太郎と彩が付き合い出す

ドラマ制作の再開を祝って集まったハヤブサ消防団と彩。太郎と彩は一夜を共にし、男女の関係に。

彩は新興宗教アビゲイル騎士団だった

しかし翌朝、中山田から、

彩が世間を震撼させた新興宗教アビゲイル騎士団と関連があることを知り、

太郎は一瞬にして凍りつく。

ハヤブサ消防団【第4話】ネタバレ感想

 

「ハヤブサ消防団」第5話ネタバレ

アビゲイル騎士団はヤバい宗教団体だった!

彩が信仰していたアビゲイル騎士団は、数年前に信者を拷問の末に殺害する事件を引き起こした凄惨な教団。太郎はこの事実に戸惑いを感じ、彩とどうせっしていいかわからなくなる。

太郎の苦悩

太郎は消防団メンバーの集まりで、アビゲイルの信者について相談し、賢作から真実を確かめるようアドバイスされ、 太郎は直接彩にアビゲイルについて尋ね、彩はアビゲイルへの関わりを語る。

彩がアビゲイル騎士団に入信した理由

彩は東京にいた頃、制作会社で働いていたが、ひどい扱いをうけてどん底に。そんな中、同級生からの電話でアビゲイルに導かれる。彩はアビゲイルの信者たちの優しさと自己の価値を見出し、教団の一員になった。

 

正直に話してくれた彩に、太郎は思い出したくないことを話してくれてありがとうと言い、共に一夜を過ごす。

謎の女の写真に怪しく微笑む彩

しかし、彩の視界には「謎の女の写真」が。彩の表情が怪しく微笑む。

ハヤブサ消防団【第5話】ネタバレ感想

 

「ハヤブサ消防団」第6話ネタバレ

彩と過ごす日々

彩の過去を受け入れ、太郎は幸せな日常を取り戻す。

ルミナスソーラーの真鍋が怪しい行動に!

太郎は、ルミナスソーラーの営業・真鍋が寺に多額の寄付をしている村西宅に出入りしているのを見かけ、次の放火の標的となる可能性を疑う。同じく、消防団メンバーの賢作も真鍋の不審な行動を長らく監視していたことが判明。

真鍋の過去

太郎は、中山田にルミナスソーラーと、真鍋について調査を依頼すると、真鍋は1年前にルミナスソーラーに入社しているが、3年前からハヤブサ地区で不審な行動をしていたことが判明。

太郎の家が放火される!

中山田から報告を受けている最中に、太郎の家の庭先が放火されてしまう!どうにか消火するが犯人と思われる姿を発見し追いかけるが、取り逃がしてしまう。彩は放火犯を追うことの危険性を指摘する。

真鍋の罠

ルミナスソーラーの真鍋が不在中の村西宅に侵入!見張っていた消防団員たちは、真鍋を追い詰めるが、これに気づいた真鍋が警察に通報し、消防団が注意されてしまう。

「郭公は都会で笑う」

真鍋は去り際に、太郎の新作小説「郭公は都会で笑う」を楽しみにしていると怪しく微笑む。しかし、新作のタイトルは「都会で鳴く郭公」に改題され、改題前のタイトルの事を話したのは消防団の5人だけ。太郎は消防団の中に真鍋とつながる犯人がいると疑念を抱き始める。

ベンジン

放火の犯人の手がかりを探す太郎たち。中山田が草むらに可燃性のベンジンが落ちていたのを発見する。

ハヤブサ消防団の中に犯人がいる?

いつもの居酒屋サンカクで夜の集まりに、犯人探しに協力すると約束する寺の住職が参加。住職は太郎に目配せをして、 太郎は犯人を特定する。

ハヤブサ消防団【第6話】ネタバレ感想

山原展子(小林涼子)の正体は?

ここで気になるのが、小林涼子さん演じる「山原展子」です。

※ここからは、原作「ハヤブサ消防団」をもとにまとめています↓

山原展子(やまはら のぶこ)

謎の女性。

太郎の家の物置から見つかった昔のアルバムに、彼女の写真が残っていた。

古いポートレートであるにもかかわらず、特別なオーラを放つ彼女は何者なのか、太郎は気にかかるが…。

実は、「山原」家はその昔ハヤブサ地区地区で金貸しをしていた悪徳業者。

山原展子は、ここの娘でした。

妾だった母と、悪名高き山原信匡の間に生まれています。

しかし、勘助(満島真之介)の祖母が言ったように、妾だった「山原リンコ」は捨てられて山で自ら命を経ちました。

幼い山原展子は、これを目撃しています。

ハヤブサ消防団【考察】女の子は誰だった?川に身を投げたのは母親?ドラマ「ハヤブサ消防団」の第3話では、女性が川に身を投げるシーンが有りました。 その姿を見た女の子は、ショックを受けていましたよね...

母を亡くした山原展子は、信匡の息子(現在の町長)の妹として育てられます。

しかし、父・山原信匡が亡くなった後は養子に出されてしまいます。

寺の住職・江西佑空の義理姉となります。

そして、大病を患い29歳で死亡しています。

人生に疲れた山原展子がたどり着いた先

山原展子の人生は、早くに母を亡くし、苦労の連続でした。

心身ともに疲れ切った山原展子は、ある宗教の教団に入信!!

(あかんやつ・・・)

税理士の資格を持つ展子は、優れた才能を生かして運営不振に苦しむ教団を立て直します。

その功績を認められ、「最高幹部」まで上り詰めたのです。

カルト教団

しかし、展子が病死し、教団は再び経営難に。

次第に、凶悪な事件を起こし始めます。

脱退しようとする信者たちを殺害し、教団の教祖は逮捕されます。

もはや教団は、解散状態に追い込まれてしまいます。

教団の再興

ただ、教祖逮捕後も、一部の信者たちは影で活動を続けていました。

力(財政)を蓄えて、教団の再興を企てていたのです。

そう、真鍋(古川雄大)のソーラーパネル会社は、

教団の信者たちによって構成された会社=資金源だったのです!!

 

ソーラーパネル会社の真鍋明光(古川雄大)の正体は?

山原展子がいた教団は、表向きはソーラーパネルの会社。

しかし、ここで得た利益は、教団の活動資金になっていたのです。

ハヤブサ地区にも、信者がいました。

ハヤブサ地区の連続放火の原因は?

教団の信者にとって、ハヤブサ地区は最高幹部・山原展子の出身地で、展子は神格化されていました。

その展子の生誕の地を聖地として、拠点にしようと計画していました。

そこで、教団はハヤブサ地区の土地を放火して、「教団の拠点」を作ろうとしていたのです。

連続放火の犯人は?

もちろん、この放火の真犯人は、ソーラーパネル会社の営業マン・真鍋(古川雄大)。

実行犯は、消防団の省吾でした。

 

裏切り者は誰?

太郎は、教団の存在を知ると、教団に情報を漏らしている裏切り者がいることに気づきます。

なんと、真犯人は立木彩(川口春奈)でした。

彼女はかつて教団の信者だったのです。

一度は教団を抜けていました。

本当に抜け出す気だったものの、教団の魔の手から逃れることができず、「スパイ」として太郎に近づいて・・・。

ただ、やっぱり宗教団体から抜け出そうとする彩は、狙われてしまい、最終的にはハヤブサを出て東京へと戻り・・・。

 

カルト集団に狙われた地区だったとは!

平和な町が、悲劇の町。

ただ、なぜ太郎の父は、山原展子の写真を残していたのか?

父はハヤブサ地区がこうなることを予見し、太郎に知らせたかったのかもしれませんね。

さすが池井戸潤さんの小説!

どこかで聞いたような話しだし、社会問題が盛り込まれていますよね。

ドラマはどう展開していくのか、楽しみです!!

「ハヤブサ消防団」関連記事

ハヤブサ消防団|住職の正体に衝撃!展子との繋がりが明らかに!

ハヤブサ消防団|映子の正体は何者?怖すぎる老婆は犯人?

ハヤブサ消防団|中山田(山本耕史)が犯人?怪しい行動だらけ!

ハヤブサ消防団|女の子は誰だった?川に身を投げたのは母親?

ハヤブサ消防団|省吾を殺した犯人は真鍋?紫色の人物が尾行?

ハヤブサ消防団|紫色はアビゲイルの信者?聖地に秘密が!

ハヤブサ消防団|省吾の「王様の耳はロバの耳」にはある意味が!

ハヤブサ消防団|杉森弁護士役は誰?狂気の笑顔の正体に驚愕!

ハヤブサ消防団【考察】村岡町長の正体は?展子との関係に涙!

今後の展開をこちらにまとめています↓

ハヤブサ消防団の結末と犯人は?ネタバレを最終回まで!

\ハヤブサ消防団の主題歌/

真夏のシンデレラ【キャスト相関図】登場人物を全員画像付きで紹介!青春キラキラ夏ドラ!2023年7月より放送される新月9「真夏のシンデレラ」は、森七菜さんと間宮祥太朗さんの青春夏ドラマです! キラッキラの夏にふさわし...
トリリオンゲーム【キャスト相関図】目黒蓮が世界一のワガママ男に?登場人物を紹介!ドラマ「トリリオンゲーム」が、2023年7月よりスタートします! 目黒蓮さんの連続ドラマ単独初主演ドラマになります。 今回の...
ばらかもん【キャスト相関図】杉野遥亮主演ドラマキャストを子役まで写真付きで紹介2023年7月より放送されるドラマ「ばらかもん」は、杉野遥亮さん主演ドラマで長崎県の五島列島を舞台に、都会育ちの書道家と島民の交流を描い...
こっち向いてよ向井くん【キャスト相関図】登場人物全員画像付き|赤楚衛二くんにきゅん!2023年7月より放送されるドラマ「こっち向いてよ向井くん」は、漫画「こっち向いてよ向井くん」を原作とした実写ドラマで、主演は赤楚衛二さ...

https://kokodora.com/2023/06/29/subaseka%e2%88%92cast/

ハヤブサ消防団のキャスト相関図|登場人物役どころを画像付きで解説!2023年7月より放送されるドラマ「ハヤブサ消防団」は、中村倫也さん主演で、ヒロインは川口春奈さんです。 池井戸 潤さんの小説「ハ...
CODE【キャスト相関図】登場人物を全員写真付きで紹介!坂口健太郎主演のサスペンスドラマ!2023年7月より放送されるドラマ「CODE-願いの代償-」は、2クール連続で坂口健太郎さん主演のドラマです。 主人公の元に届いた...
ノッキンオン・ロックドドア【キャスト相関図】登場人物全員を写真付きで紹介!2023年7月より放送されるドラマ「ノッキンオン・ロックドドア(ノキドア)」は、 松村北斗さんと西畑大吾さんのW主演ドラマです!...
SEE HEAR LOVE 見えなくても聞こえなくても愛してる|山P主演のネタバレと感想は?「SEE HEAR LOVE 見えなくても聞こえなくても愛してる」は、山下智久さんと新木優子さんの映画で、プライムビデオで配信されていま...

\「ハヤブサ消防団」の原作ならU−NEXT/

すぐに試し読みができる!<U-NEXT>

U-NEXTでは「31日間の無料トライアル」を実施中です。

映画・ドラマ・アニメ・漫画・雑誌まで見れる!

無料トライアル期間に解約すれば、一切料金はかからないから安心です♪

https://kokodora.com/2022/10/03/unext/

 

前ページ次ページ

ABOUT ME
はるはる
ドラマライター歴10年。 脚本の勉強後、フリーランスのドラマライターとして活動。ドラマに関する記事を執筆中。 ドラマのネタバレや考察、展開予想をする際には、ドラマの脚本を勉強した経験を活かし、ドラマの裏側や制作意図を踏まえた考察を心がけています。 また、ドラマファンの視点に立って、ドラマの面白さや魅力をわかりやすく伝えることを大切にしています。 このブログでは、最新のドラマのネタバレや考察、展開予想を、いち早くお届けします。ドラマをもっと楽しむための情報を、ぜひお楽しみください。