らんまん

らんまん第50回ネタバレ(6月9日放送)寿美子は万太郎への思いを断ち切れる?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

らんまん【第50回】(6月9日 金曜日放送)のあらすじとネタバレです。

\「U-NEXT」で朝ドラ「らんまん」をイッキ見!/

「らんまん」これまでのあらすじ

らんまん【第50回】(6月9日 金曜日放送)あらすじ

万太郎(神木隆之介)は、画工の岩下(河井克夫)から石版に絵を描くことを許され、ヒルムシロを描く。

出来は今一つだったが、“本物を伝えるために描きたい”という万太郎の想いを理解した大畑(奥田瑛二)はその情熱に感心する。

ある日、寿恵子(浜辺美波)はダンスの練習の帰り道に、ノアザミに話しかける万太郎を見かけるが、思わず身を隠してしまう。

そのまま二人はすれ違い…。

二人の恋、次週大きく動き出す!

【出演】神木隆之介,浜辺美波,志尊淳,佐久間由衣,伊礼彼方,河井克夫,田村芽実,牧瀬里穂,鶴田真由,奥田瑛二,松坂慶子

引用:ヤフーテレビ

 

らんまん【第50回】ネタバレ(6月9日 金曜日放送)

らんまん【第50回】は、画工の岩下(河井克夫)から絵を書くことを許された万太郎。

岩下は、新しい技術が進化すれば、古い技術は置いていかれる、いずれこの技術もそうなるだろうと言います。

それは「新しい場所で芽吹く」ということだという万太郎。

万太郎の絵は、上手だとは言えませんでしたが、

見たままそのままの本物を書こうとしている絵だと大畑と岩下は関心します。

万太郎がここまで一生懸命になっているのは、訳があります。

学会誌を作って、日本の植物学を世界に知らしめること、そしてこれが完成したら、寿美子を迎えに行くことです。

万太郎は、まだ寿美子が高藤に言い寄られていることを知りません。

 

一方、寿恵子は、万太郎への思いを断ち切ろうとしています。

ダンスを踊る寿恵子を高藤はますます気に入ります。

高藤の妻に「私よりも奥様が一緒に踊られたほうがいいのでは」と言うと、

今更・・・

と高藤の妻は不機嫌そうに去っていきました。

高藤の妻は気位が高く、世が世なら声もかけれないような良家の出。

翌日、馬車に乗り高藤のお屋敷へ向かう寿恵子は、ノアザミを興味深く見つめる万太郎を見かけます。

万太郎に見つからないようにそっと見つめる寿恵子・・・。

高藤のお付きの男性は、あんなみすぼらしいやつがいるから日本は発展しないと詰ります。

寿恵子は、あの方はみすぼらしくありませんと反発し、お屋敷へと入っていき・・・。

らんまん|高藤役のキャストは誰?寿美子と今後の展開と結末は?朝ドラ「らんまん」で高藤(たかとう)が登場しました。 西洋造りのお屋敷に住み、薩摩なまりで話す高藤雅脩(たかとうまさなり)。 ...

らんまん【第50回】の朝ドラ受けと感想(6月9日 金曜日放送)

放送後、アップデートします。

「らんまん」今週のあらすじ

らんまん|第9週(ヒルムシロ)【5月29日〜6月2日放送あらすじまとめ】朝ドラ「らんまん」の第9週(5月29日〜6月2日放送)は、「ヒルムシロ」です。 脚本は、引き続き長田育恵さんです。 それでは...

「らんまん」来週のあらすじ

らんまん|第11週(ユウガオ)【6月12日〜6月16日放送あらすじまとめ】朝ドラ「らんまん」の第11週(6月12日〜6月16日放送)は、「ユウガオ」です。 脚本は、引き続き長田育恵さんです。 それで...

「らんまん」関連記事

朝ドラ【らんまん】はいつからスタート?モデルや意味は?舞台など徹底解説!2023年4月より放送される朝ドラは「らんまん」です。 主人公を演じるのは、神木隆之介さんです! 今回の朝ドラ「らんまん」は...
らんまん【浜辺美波】いつ登場?寿恵子の役どころ出会い馴れ初めを徹底解説!2023年4月スタートの朝ドラ「らんまん」に、浜辺美波さんが出演します。 浜辺美波さんが、いつ登場するのか気になりますよね。 ...
らんまん【綾ネタバレ】竹雄と結婚する?恋の結末は?朝ドラ「らんまん」は、竹雄(志尊淳)と綾(佐久間由衣)の恋の行方がきになりますよね! 竹雄と綾の恋の結末、 そして竹雄と綾は...
らんまん|大畑佳代役のキャストは田村芽実!大畑の娘が可愛すぎる!朝ドラ「らんまん」で、大畑佳代が登場しました。 印刷所で働くことになった万太郎は、大畑夫妻と、その娘佳代に出会います。 大畑...

 

らんまん【東京編】のキャスト相関図

万太郎が東京で出会う人々です。

 

「らんまん」キャスト登場人物一覧

槙野万太郎(まきの まんたろう)

【神木隆之介】

本作品の主人公。高知の裕福な酒造業「峰屋」の一人息子。家業を姉・綾に譲り、東大で植物学を学ぶ。

植物学者の牧野富太郎がモデル。

西村寿恵子(にしむら すえこ)

【浜辺美波】

本作のヒロイン。後に万太郎の妻。白梅堂の娘。

牧野富太郎の妻・壽衛(すえ)がモデル

竹雄(たけお) → 井上竹雄(いのうえ たけお)

【志尊淳】

「峰屋」の番頭の息子。タキから万太郎のお目付け役を命ぜらる。万太郎と共に上京する。万太郎の姉・綾に思いを寄せる。
槙野綾(まきの あや)

【佐久間由衣】

万太郎の姉。気が強くしっかり者。幼少期に万太郎を探して酒蔵に迷い込んだことがきっかけで、酒造りに興味を持つようになる。万太郎と実の姉弟ではなく、従姉に当たる。
槙野タキ(まきの タキ)【松坂慶子】 万太郎の祖母。夫と一人息子に先立たれ、「峰屋」を女手一つで切り盛りしている。正義感が強く厳格な性格で、曲がったことが許せない。万太郎を峰屋の次期当主にすべく、厳しさを見せながらも愛情深く育てる。
西村まつ(にしむら まつ)【牧瀬里穂】 寿恵子の母。根津で和菓子屋「白梅堂」を営んでいる。元柳橋の芸者。
笠崎みえ(かさざき みえ)【宮澤エマ】 寿恵子の叔母、まつの妹。新橋の料理屋のおかみ。寿恵子に鹿鳴館に行ってみないかとすすめる。
阿部文太(あべ ぶんた)【池内万作】 白梅堂の菓子職人。
田邊彰久(たなべ あきひさ)【要潤】 東京大学植物学教室の初代教授。万太郎の植物学教室の出入りを許可する。
徳永政市(とくなが せいいち)【田中哲司】 東京大学植物学教室の助教授。小学校中退である万太郎が植物学教室に出入りすることを嫌う。
大窪昭三郎(おおくぼ しょうざぶろう) 【今野浩喜】 東京大学植物学教室の講師。
波多野泰久(はたの やすひさ)【前原滉】 東京大学植物学科2年生。
藤丸次郎(ふじまる じろう)【前原瑞樹】 東京大学植物学科2年生。ウサギに癒やされている。
細田晃助(ほそだ こうすけ)【渋谷謙人】 東京大学植物学科4年生。
野宮朔太郎(のみや さくたろう)【亀田佳明】 画工。植物学教室に出入りする福井出身の小学校中退の万太郎を相手にしない。
脇田伝助(わきた でんすけ)【小野まじめ/クールポコ。】 東京大学の職員。教室の前で偶然、万太郎と出会う。
倉木隼人(くらき はやと)【大東駿介】 元彰義隊隊員。十徳長屋の住人。妻子とともに暮らしている。
倉木えい(くらき えい)【成海璃子】 隼人の妻。
及川福治(おいかわ ふくじ)【池田鉄洋】 十徳長屋の住人。魚の干物を売る棒手振り。娘と二人暮らし。
江口りん(えぐち りん)【安藤玉恵】 十徳長屋の差配人。
宇佐美ゆう(うさみ ゆう)【山谷花純】 十徳長屋の住人。小料理屋の女中。
堀井丈之助(ほりい じょうのすけ)【山脇辰哉】 十徳長屋の住人。東京大学の落第生。
牛久亭九兵衛(うしくてい きゅうべえ)【住田隆】 十徳長屋の住人。落語家。
大畑義平(おおはた ぎへい)【奥田瑛二】 大畑印刷所の工場主。
大畑イチ(おおはた イチ)【鶴田真由】 義平の妻。
大畑佳代【田村芽実】 義平とイチの娘。
岩下定春役【河井克夫】 大畑印刷所自慢の画工。歌川国芳の浮世絵も手掛けた。
宮本役【阿部亮平】 大畑印刷所で働く男。
高藤雅修(たかとう まさなり)【伊礼彼方】 元薩摩藩士の実業家。
クララ・ローレンス【アナンダ・ジェイコブス】 寿恵子の音楽・ダンスの先生。

 

 

\「U-NEXT」で朝ドラ「らんまん」をイッキ見!/



 ※この記事は執筆時点の情報です。詳細はU-NEXT公式サイトをご確認ください。

※31日間の無料トライアル中に解約すれば料金は一切かからないから安心

前の記事次の記事

ABOUT ME
はるはる
ドラマライター歴10年。 脚本の勉強後、フリーランスのドラマライターとして活動。ドラマに関する記事を執筆中。 ドラマのネタバレや考察、展開予想をする際には、ドラマの脚本を勉強した経験を活かし、ドラマの裏側や制作意図を踏まえた考察を心がけています。 また、ドラマファンの視点に立って、ドラマの面白さや魅力をわかりやすく伝えることを大切にしています。 このブログでは、最新のドラマのネタバレや考察、展開予想を、いち早くお届けします。ドラマをもっと楽しむための情報を、ぜひお楽しみください。