彼女はキレイだった

彼女はキレイだった【日本版】第5話ネタバレと視聴率|りさ(佐久間由衣)の決心とは?

ドラマ「彼女はキレイだった」の第5話は、ようやく距離を縮め始めた愛と宗介ですが、またしても波乱の予感です!

大事な仕事でミスしてしまった愛が、解雇されてしまう大ピンチが発生します。

そんな中、宗介に惹かれていく愛の親友梨沙(佐久間由衣)は・・・。

気になる「彼女はキレイだった」日本版の第5話(8月10日放送)のあらすじネタバレ視聴率と、みんなの感想、まだまだ間に合う見逃し配信情報をまとめました!

「彼女はキレイだった」は、原作の韓国ドラマの何度も見るほど大好き!

どんどん変わっていく愛と宗介から目が離せないっ♪

「彼女はキレイだった」の再放送・見逃し配信情報まとめ

「彼女はキレイだった」の再放送や、見逃し配信情報を調べてみました。

再放送

再放送情報はありませんでした。

 

見逃し配信

最新話放送

全話放送



「彼女はキレイだった」の視聴率は?

「彼女はキレイだった」第5話の視聴率

「彼女はキレイだった」の視聴率は・・・

放送回 放送日 視聴率関東(%) 視聴率関西(%)
第1話 2021/07/06 7.6 10.5
第2話 2021/07/13 10.7 10.7
第3話 2021/07/20 7.1 10.2
第4話 2021/07/27 4.8 7.5
第5話 2021/08/10 6.4
第6話 2021/08/17
第7話 2021/08/24
第8話 2021/08/31
第9話 2021/09/07
最終話 2021/09/14

放送後、随時アップデートさせていただきます。

 

「彼女はキレイだった」のキャスト相関図

こちらが「彼女はキレイだった」日本版のキャスト相関図です。

https://www.ktv.jp/kanokire/chart/

 

彼女はキレイだった【日本版の主なキャスト】

長谷部 宗介(はせべ そうすけ) 役 :中島健人

https://www.instagram.com/kanokire.tue21/

【現在】世界30カ国で発売されるファッション誌「ザ・モスト」日本版の敏腕副編集長兼クリエイティブディレクター。最恐毒舌のドS男

【幼い頃】太っていていじめられっ子だった。

 

佐藤 愛(さとう あい)役:小芝風花

https://www.instagram.com/kanokire.tue21/

 

【現在】親友の家に居候させてもらっている残念女子。ひょんなことから「ザ・モスト」編集部で働くことになる。

【幼い頃】裕福な家庭で育ち才色兼備。学校のアイドル。

 

樋口拓也(ひぐち たくや)役: 赤楚衛二

https://www.instagram.com/kanokire.tue21/

 

「ザ・モスト」の謎多き編集部員。

愛がピンチの時、いつも助けてくれる頼れる先輩。

 

桐山梨沙(きりやま りさ)役:  佐久間由衣

https://www.instagram.com/kanokire.tue21/

 

愛の親友でルームメイト。

レストランのマネージャー。

残念女子になってしまった愛の代役を頼まれるが・・・。

 

「彼女はキレイだった」の子役が原作と劇似で話題沸騰!?

愛と宗介の子役が韓国版とかなり似ていると話題になっています!

子役ちゃんの詳しいプロフィールと、韓国版子役キャストとの比較をこちらにまとめています。

ぜひ、チェックしてみてくださいね♪

彼女はキレイだった【日本版】の子役の再現度が凄い!あの子役は誰?韓国版と徹底比較「彼女はキレイだった」の日本リメイク版がスタートしましたね! 原作の韓国ドラマを見た方も、どんな仕上がりになるのか、とても楽しみに...

 

「彼女はキレイだった」の第5話のあらすじネタバレ

特集記事の取材のため、愛(小芝風花)と宗介(中島健人)は泊りがけの出張へ。

二人きりで過ごす中、愛は宗介の笑顔をみて、「大好きな壮亮のままだった」と思い、自分があの「佐藤愛」だと告白しようとして・・・。

その時、「ジャクソン!」と樋口(赤楚衛二)が現れる!!

ふと我に返った愛は、自分が何をしようとしていたのか考えると恐ろしくなった。

 

愛(小芝風花)のアイディアが採用された特集記事『手紙が書きたくなる一人旅』の掲載誌が完成した。

届いた見本誌には、スタッフの一人として愛の名前も載っていた。

愛のことを「総務部」ではなく「佐藤」と呼ぶ宗介。

愛は初めて編集部の一員として認められたような気がして、うれしくてたまらない。

 

そんな愛に、このまえ編集長(宗介)に、自分があの佐藤愛だと告白しようとしたんだろ?と尋ねる樋口。

愛は、親友の梨沙(佐久間由衣)の事を、あの初恋の佐藤愛だと信じているままだと言って、梨沙の写真を見せた。

たまたまランニング中に梨沙と知り合っていた樋口。

「好きになっては行けない人を好きになった」と話した梨沙を思い出す。

愛と梨沙は親友で、愛のフリをしている梨沙は宗介を好きになっている・・・全てを知った樋口は頭を抱える。

その夜、遊び友達の男性から絡まれている梨沙を見かけた愛。

「本当に好きな人としか会わない」

と言って蹴散らす梨沙。

梨沙にも好きな人が出来たの?私、応援する!!

と無邪気に微笑む愛に、心が締め付けられる梨沙・・・。

 

翌日、愛の記事が掲載された『ザ・モスト』の見本誌が届く。

初めて自分の記事や、名前が載った雑誌を手にした愛は、大喜び!!

喜ぶのもつかの間、『ザ・モスト』はライバル誌に売上で大きく溝を開けられ、立て直しを任された宗介(中島健人)は窮地に立たされる。

常務の岸田(木村祐一)は、廃刊になれば編集部員たちは他の部署に移るか、ファッション誌を続けたけれれば転職をするように準備をしろと言い渡す。

そんなことは絶対にさせない!と、次号で必ず巻き返しを図るという宗介。

 

一方、宗介は出張時に愛が「話しがある」と言ったことが気になっていた。

何の話しだったのか問いただす宗介に、仕事が落ち着いたら話すという愛。

愛と宗介の距離が縮まったことに気をもむ樋口(赤楚衛二)は、愛の決意を知り、梨沙(佐久間由衣)に自分が愛と宗介の同僚であることを明かす。

親友を傷つけないためにも、宗介と会っていることを今のうちに愛に打ち明けるべきだとアドバイスする。

そんなある日、宗介が起死回生を狙う、イタリアの超有名デザイナーとのコラボ企画の撮影が行われる。

決してミスが許されない現場で、撮影の目玉であるオートクチュールのドレスの管理を任された愛。

ところが、予期せぬハプニングで一瞬目を離したその隙に、大事なドレスが破損!

撮影は続行不可能となり、怒ったデザイナーは、挽回のチャンスがほしいと懇願する宗介に、交換条件としてミスをした愛を解雇するよう告げて…。

愛は責任をとり、辞めることにした。

帰宅した愛は、やっと仕事に就いたのに辞めることになったこと、最近ちょっといい気になっていたと言い、

「もう宗介に会わなない。やっと楽になれる。」

と泣く愛の肩を抱く梨沙・・・。

 

『ザ・モスト』では、愛がいなくなり雑務に追われる編集部員たち。

そんな中企画会議が行われ、樋口は「童話」にスポットをあてる企画を提案し、脇役だって主役になれるというコンセプトが採用された。

実は、この企画は愛がノートに書き留めていたものだった。

樋口は愛のノートを宗介に見せて、クリエイティブ・ディレクターとしての賢明な判断をするように言い、自分は愛の事が好きだと忠告した。

宗介は愛を取り戻すべく尾行を開始!

愛は「童話」の企画を絶対に成功させると決心し、『ザ・モスト』編集部に戻り・・・

愛はボサボサ頭から、ストレートの黒髪に!

見違えるように美しく変身した愛!!

(つづく)

 

「彼女はキレイだった」第5話を見たみんなの感想

「彼女はキレイだった」の第5話をみたみんなのSNSでの感想はどうだったのでしょうか?

 

韓国版も見てみたい!

日本版の「カノキレ」を見て、韓国版も見てみよう!という声も上がっていました。

韓国版、日本版、また中国版としてもリメイクされている「カノキレ」。

現代版のシンデレラ・ストーリーなので、各国で人気が出るのも納得ですよね♪

「彼女はキレイだった」は原作は?

「彼女はキレイだった」は、韓国ドラマを原作としています。

2015年に韓国で放送された「彼女はキレイだった」は、最高視聴率19.8%を記録し、MBC演技大賞では10冠に輝いた大ヒットドラマです。

主演は、「梨泰院クラス」のパク・ソジュンさんで、が中国でもリメイクされています。

原作で登場する「ザ・モスト」の編集部という名前もそのままで、日本版も忠実に再現されていますよ!

また、この編集部にひょんなことから働くことになった女子と鬼上司・・・という設定からオー!マイ・ボス!恋別冊で」はこの「彼女はキレイだった」に似ているという噂も出ましたね。

日本版「彼女はキレイだった」と、原作を見比べてみるのもオススメです!

個人的にも何度もみた大好きな作品で、いまもまた見たくなっちゃうほど♪

ラストシーンの美しさは忘れられない!

\原作「彼女はキレイだった」が今すぐ見れる/

 

日本版「彼女はキレイだった」第6話の予告

放送後アップデートします♪

 

「彼女はキレイだった」オープニングテーマ曲

「彼女はキレイだった」主題歌

 

もうテレビだけでドラマを観るのは古い?

\いつでもどこでも楽しめるネット配信サービスを試してみよう/

小芝風花さんの

「魔女の宅急便」を見たい方は断然U-NEXT!


\原作「彼女はキレイだった」が今すぐ見れる/


最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

家族みんなで楽しめて、無料期間中も600P付与されます♪

とにかく作品数が多いVOD!

※31日間の無料トライアル中に解約すれば料金は一切かかりません。

ABOUT ME
はるはる
ご覧いただきありがとうございます。 年間100本のドラマを視聴しているドラマが大好きな主婦です。 好きなドラマの見どころや感想を綴ります。