彼女はキレイだった

彼女はキレイだった【日本版】第4話ネタバレと視聴率|宗介は佐藤愛に気づいた?

ドラマ「彼女はキレイだった」の第4話は、ボサボサ頭でファッションに疎い愛が、どんどん変化していきます。

そして、宗介にも大きな変化が!

自分のトラウマから守ってくれた「佐藤愛」は、幼い頃の初恋の相手「佐藤愛」と重ね合わせる宗介は、めんどくさいくらいのお節介で愛を守り始め・・・。

気になる「彼女はキレイだった」日本版の第4話のあらすじネタバレ視聴率と、みんなの感想、まだまだ間に合う見逃し配信情報をまとめました!

「彼女はキレイだった」は、原作の韓国ドラマの何度も見るほど大好き!

どんどん変わっていくヒロインから目が離せないっ♪

「彼女はキレイだった」の再放送・見逃し配信情報まとめ

「彼女はキレイだった」の再放送や、見逃し配信情報を調べてみました。

再放送

再放送情報はありませんでした。

 

見逃し配信

最新話放送

全話放送



「彼女はキレイだった」の視聴率は?

「彼女はキレイだった」第4話の視聴率

「彼女はキレイだった」の視聴率は・・・

放送回 放送日 視聴率関東(%) 視聴率関西(%)
第1話 2021/07/06 7.6 10.5
第2話 2021/07/13 7.0 10.7
第3話 2021/07/20 7.1 10.2
第4話 2021/07/27
第5話 2021/08/03
第6話 2021/08/10
第7話 2021/08/17
第8話 2021/08/24
第9話 2021/08/31
最終話 2021/09/07

放送後、随時アップデートさせていただきます。

 

「彼女はキレイだった」のキャスト相関図

「彼女はキレイだった」日本版のキャスト相関図はこちらです。

 

「彼女はキレイだった」の第4話のあらすじネタバレ

梨沙(佐久間由衣)扮(ふん)する愛との待ち合わせ場所に向かう途中、母親がバイク事故で亡くなったときの状況がフラッシュバックし、降りしきる雨の中で動けなくなってしまった宗介(中島健人)。

偶然その場に居合わせた愛(小芝風花)が介抱すると、宗介は、かつて幼い愛が同じように寄り添ってくれたことを思い出し、隣にいる愛に熱いまなざしを向ける。

 

宗介は愛に気づいている?

翌日、雨に打たれた愛が風邪気味だと知った宗介は、薬を渡してお礼を言おうとするが、これまでキツくあたってきた手前、なかなか素直に声をかけることができない。

一歩先に、樋口(赤楚衛二)が風邪薬を愛に渡して、宗介は手に持っていた薬を隠した。

 

玉ねぎ

宗介は、愛が大きな荷物を運んでいると、障害物となるものは全て身を挺して避けて、ずぶ濡れになったり、風邪に効果があるという玉ねぎを愛のデスクに置いたり自分でもよく分からない行動が続いていた。

愛は、宗介がパソコンで調べて玉ねぎを置いていたと知り、グラスに水を入れて水栽培した。

 

樋口の焦り

一方、愛の初恋の相手が宗介だと知る樋口(赤楚衛二)は、厳しい態度とは裏腹に、宗介がいつも愛を気にかけていることに気付き、焦りを覚えていた。

樋口は、愛に「私があのときの佐藤愛です」と、いっそのことうちあけたらどうかと言った。

しかし、愛はそんな事したらますます嫌われるだけだと言った。

一方、ランニング中に梨沙と会った樋口は、「好きな人をあきらめたい、好き担っちゃいけない人だから」という梨沙の話を聞いて、複雑にしているのは自分自身、相手に思いをぶつけてみたら?とアドバイスする。

 

一泊旅行

翌日、デジタル班の里中淳一(髙橋優斗)が親知らずが腫れてしまい、急きょ1泊2日で出張に行くことになった宗介と愛。

明日から出張になった宗介は、梨沙を食事に誘う。

梨沙の頼みで婚約者のフリをすることになった樋口は、約束の場所へ向かうと、梨沙の隣にいる宗介を見て「嘘だろ・・・」と愕然とし、行けなくなったと連絡する。

 

出張当日、宗介が車を運転していると「車やバイクは運転しないかと思っていた」という愛。

宗介は母が交通事故で亡くなった記憶が蘇る。

愛は「運転苦手顔?みたいな?」と必死にごまかすが、そんな中田んぼの田舎道の路肩に車が突っ込んでしまう。

どうにか車を路肩から上げた二人は、田んぼに尻もちをついて泥だらけに!

笑う愛を見て、宗介も微笑む。

海に行くと、愛は裸足で波打ち際で無邪気にはしゃいだ。

 

断崖絶壁の美しい絶景を見た愛は、「手紙を書きたくなる風景」だと言った。

宗介は、「一通の手紙に救われた」エピソードを話した。

アメリカに渡り、友達も知り合いも居なかった頃、愛からの手紙で、元気でやってると言えるように頑張ろうと勇気づけられていた。

宗介は、この週末一人旅のキャッチコピーは、愛の「手紙を書きたくなる風景」にヒントを得て「手紙を書きたくなる一人旅」に決め、愛とハイタッチをして次の取材へと向かう。

「おい、行くぞ佐藤愛!」

これまで「総務部」と呼ばれていた愛は自分の名前を呼ばれて驚く!!

それから二人はカフェを取材して、宗介がいまでもグリーンピースが苦手なことを知った愛は思わず吹き出してしまう。

宗介は初めて愛に素の自分を見せ始める。

水族館に行くと、宗介は小学生の頃雨の中母が事故に遭って亡くなってから、パトランプがチカチカ光ると発作が起きてしまうと話した。

夜空を見上げた愛は、「明日はいい天気ですよ」と言った。

小学生の頃、同じことを言った女の子がいた・・・と愛の事を思い出してつぶやいた。

歩き始めた愛は、派手に転んでしまい、手を差し伸べる宗介。

「大人がこんなに派手に転ぶなんて始めてみた」と笑い始める。

その笑顔は、優しくて不器用で、あの頃と変わらない大好きな宗介のままだった。

「実は、私・・・」

愛は自分の事を明かそうと決心し・・・。

 

その頃、梨沙は愛の部屋で、宗介と愛の思い出のパズルのピースを見つけて…。

(つづく)

 

「彼女はキレイだった」第4話を見たみんなの感想

「彼女はキレイだった」の第4話をみたみんなのSNSでの感想はどうだったのでしょうか?

カノキレ第4話は、取材とはいえデートのような二人がとっても可愛かったですね!

小学生時代に流行っていたロケット鉛筆、めちゃくちゃ懐かしかったです。

これってロケット鉛筆っていうんですね。知らずに使ってました笑

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

定番 ポケットカラーペン 20色(金・銀入り) 懐かし文具 レモン
価格:100円(税込、送料別) (2021/7/28時点)

楽天で購入

 

 

 

あと、プロフィール帳も懐かしかったですよねー♪

 

宗介は、プロフィール帳に笑顔が可愛い子が好き、29歳で結婚すると書いていましたね。

これは伏線か!?

愛も宗介もいま28歳なので、二人は29歳でゴールインかな!?

 

カノキレ、面白くなってきたー♪

宗介はもう愛だときづいてるよ、ね?!だからあんな笑顔を見せたんだよね?

そう信じたいところですが、次回第5話は波乱の予感です!

 

韓国版も見てみたい!

日本版の「カノキレ」を見て、韓国版も見てみよう!という声も上がっていました。

韓国版、日本版、また中国版としてもリメイクされている「カノキレ」。

現代版のシンデレラ・ストーリーなので、各国で人気が出るのも納得ですよね♪

 

「彼女はキレイだった」は原作は?

「彼女はキレイだった」は、韓国ドラマを原作としています。

2015年に韓国で放送された「彼女はキレイだった」は、最高視聴率19.8%を記録し、MBC演技大賞では10冠に輝いた大ヒットドラマです。

主演は、「梨泰院クラス」のパク・ソジュンさんで、が中国でもリメイクされています。

原作で登場する「ザ・モスト」の編集部という名前もそのままで、日本版も忠実に再現されていますよ!

また、この編集部にひょんなことから働くことになった女子と鬼上司・・・という設定からオー!マイ・ボス!恋別冊で」はこの「彼女はキレイだった」に似ているという噂も出ましたね。

日本版「彼女はキレイだった」と、原作を見比べてみるのもオススメです!

個人的にも何度もみた大好きな作品で、いまもまた見たくなっちゃうほど♪

ラストシーンの美しさは忘れられない!

\原作「彼女はキレイだった」が今すぐ見れる/

 

日本版「彼女はキレイだった」第5話の予告

放送後アップデートします♪

 

「彼女はキレイだった」オープニングテーマ曲

 

ABOUT ME
はるはる
ご覧いただきありがとうございます。 年間100本のドラマを視聴しているドラマが大好きな主婦です。 好きなドラマの見どころや感想を綴ります。