彼女はキレイだった

彼女はキレイだった【日本版】第1話ネタバレと視聴率|日本版は最悪?感想を大調査!

ドラマ「彼女はキレイだった」がいよいよスタートします!

大ヒット韓国ドラマの日本リメイク版が放送されるとあって、期待に胸を膨らませている方も多いのではないでしょうか?

原作はパク・ソジュンさんが主演でしたが、日本版はセクシーサンキューのケンティーこと中島健人さんです!

さて、いったいどんな仕上がりになっているのでしょうか?

気になる「彼女はキレイだった」の第1話のあらすじネタバレ視聴率と、キャスティングなどについてのみんなの感想を大調査しました!

彼女はキレイだったがいよいよスタートするよーーー♪

原作の韓国ドラマの何度も見るほど大好きで、めちゃくちゃ楽しみ!

 

「彼女はキレイだった」の再放送・見逃し配信情報

「彼女はキレイだった」の再放送や、見逃し配信情報を調べてみました。

再放送

再放送情報はありませんでした。

 

見逃し配信

最新話放送

全話放送



「彼女はキレイだった」の視聴率は?

「彼女はキレイだった」第1話の視聴率

「彼女はキレイだった」の視聴率は・・・

放送回 放送日 視聴率(%)
第1話 2021/07/06
第2話 2021/07/13
第3話 2021/07/20
第4話 2021/07/27
第5話 2021/08/03
第6話 2021/08/10
第7話 2021/08/17
第8話 2021/08/24
第9話 2021/08/31
最終話 2021/09/07

放送後、随時アップデートさせていただきます。

 

「彼女はキレイだった」のキャスト相関図

こちらが「彼女はキレイだった」日本版のキャスト相関図です。

https://www.ktv.jp/kanokire/chart/

 

【日本版の主なキャスト】

長谷部 宗介(はせべ そうすけ) 役 :中島健人

https://www.instagram.com/kanokire.tue21/

【現在】世界30カ国で発売されるファッション誌「ザ・モスト」日本版の敏腕副編集長兼クリエイティブディレクター。最恐毒舌のドS男

【幼い頃】太っていていじめられっ子だった。

 

佐藤 愛(さとう あい)役:小芝風花

https://www.instagram.com/kanokire.tue21/

 

【現在】親友の家に居候させてもらっている残念女子。ひょんなことから「ザ・モスト」編集部で働くことになる。

【幼い頃】裕福な家庭で育ち才色兼備。学校のアイドル。

 

樋口拓也(ひぐち たくや)役: 赤楚衛二

https://www.instagram.com/kanokire.tue21/

 

「ザ・モスト」の謎多き編集部員。

愛がピンチの時、いつも助けてくれる頼れる先輩。

 

桐山梨沙(きりやま りさ)役:  佐久間由衣

https://www.instagram.com/kanokire.tue21/

 

愛の親友でルームメイト。

レストランのマネージャー。

残念女子になってしまった愛の代役を頼まれるが・・・。

 

「彼女はキレイだった」の第1話のあらすじネタバレ

子供の頃、美少女でクラスの人気者だった佐藤愛(さとう あい/小芝風花)は、親友の桐山梨沙(きりやま りさ/佐久間由衣)の家に同居させてもらい2人暮らし。

求職中の28歳の誕生日に居酒屋のバイトをクビになり、今やすっかりボサボサ頭でダサくなった自分の容姿。

この歳になっても「何者でもない自分」は、何もかもうまくいかない人生だ・・・。

幼い頃から、絵本作家になりたかった愛は、絵本を眺め、激しく落ち込む。

 

初恋の相手・長谷部宗介(中島健人

そんなある日、アメリカへ引っ越した初恋の相手・長谷部宗介(中島健人)から、

「帰国するので会いたい」
とメールが届く。

 

気弱で太っていたことから、いじめられっ子だった宗介。

しかし、愛は彼の優しい一面が大好きで、2人は両思いだった。

小学5年生の時、隣の家に引っ越してきたけど、6年生の時にアメリカに引っ越していった。

それから音信不通になったが、春ケ丘小学校の同窓会サイトでメールアドレスを知り、愛に連絡してきた。

久しぶりの再会に胸を躍らせる愛!

 

待ち合わせの公園で再会

待ち合わせ場所の公園に着くと、ふとっちょの男性がいて、「宗介!」と声をかけるが、違う人だった。

「ボクも着いたよ。」

と宗介から電話が入り、電話しながら近づいてくる宗介は、

昔の面影などまったくない洗練されたクールなイケメンに成長していた!!

笑顔の宗介が近づいてきて・・・

「愛ちゃん!」

宗介は、愛をすっ飛ばして、愛の後ろにいたキレイな女性を愛だと思いこんで声をかける。

思わず姿をかくした愛!!

そうだった・・・。

宗介の中の、私はキレイだったあの頃のまま・・・。

愛は、小学生時代、劇をやれば必ず主役、成績優秀で表彰されていた。

宗介をいじめる男の子を見た愛は、いじめっ子たちを追い払う正義感のある女の子で、宗介はそんな愛を好きになった。

その後、愛の父が営む印刷会社が倒産して裕福だった家は崩壊。

古びた印刷屋兼自宅に引っ越した。

それからは人生転落、ずっと残念女子だ。

 

 

幻滅されて嫌われることを恐れた愛は、急きょ、代役として親友の梨沙を宗介の元へ向かわせる。

相手がニセモノの愛だとは知らず、再会を喜ぶ宗介。

その様子を遠目で見守る愛・・・。

懐かしい思い出がよみがえり、またあの頃のように一緒にいたいと願う宗介に、愛は「明日からイギリスに留学する」と告げる。

それは、楽しかった思い出を残したまま、もう会わないと決めた愛の悲しいウソだった。

 

「嫌なものを避けられる」プレゼント

帰り際、5分待っててと言って宗介がもってきたものは、「嫌なものを避けられる」というプレゼントを渡し、

「逢えてよかった」

と宗介は梨沙を抱きしめた。

 

私が宗介の傘になる

梨沙はさっそく「嫌なものを避けられる」というプレゼントを愛に渡した。

包みを開けてみると、「花柄の折りたたみ傘」だった。

小学生の頃、雨が降る帰り道で、傘も刺さずにパトカーのサイレンが鳴り響く中、パニック状態になっている宗介を見つけた。

「大丈夫、これからは私がそばにいてあげる。

私が宗介の傘になるから。」

そういって愛は、イアホンを宗介の耳にさし「カノン」を聴かせて落ち着かせ、自分のレインコートを宗介にかけてあげた。

 

パズルのワンピース

宗介がアメリカへ発つ日、宗介は愛に一緒に遊んだパズルのピーズを1つ渡した。

「いつかまた会えた時に、完成させよう」と言って、頬にキスをして去っていった。

パズルのワンピース(1ピース)の裏には、傘の絵が書いてあった。

 

宗介は、愛に渡した1ピースで完成するパズルを今も大事にしていた。

愛は、宗介からのメールを削除して、「バイバイ」と言い・・・。

 

ファッション誌『ザ・モスト』の編集部

翌朝、愛の携帯に文講出版の人事部から連絡が入る。

採用された愛は、ひょんなことからファッション雑誌『ザ・モスト』の編集部で働くことになる。

「よし!!」

ザ・モスト編集部が入る文講出版のビルを眺めて気合いが入る愛!

 

樋口拓也(赤楚衛二)

すると、後ろから来た樋口拓也(赤楚衛二)のジャケットのボタンに愛のもじゃもじゃ頭の髪の毛が引っかかってしまう!

樋口拓也は、愛が黒いスーツに白いソックスを履いていることから、

「マイケル・ジャクソン?」

とその独特なファッションに興味を持つ。

 

 

「ザ・モスト」編集部は大忙し!!

来たばかりの愛に、次々と仕事を頼んでくる。

「何なのよー?!」

と戸惑いながらも仕事を受ける愛。

実は愛は「総務部」に配属として採用されていたが、間違ってザ・モスト編集部に入って行ったのだ。

それに気付かず働く愛は、ものすごいスピードで校閲をこなし、しかも完璧だったことから、試用期間の三ヶ月間は総務部付として編集部で働くことに。

愛は、実家が印刷会社だったし、母は校閲の仕事をしていて、子供の頃から校閲を手伝っていて得意だったのだ。

 

岡島唯子(片瀬那奈)

ファッション班のエグゼクティブ・ファッション・エディター岡島唯子(片瀬那奈)の話しを聞いても、ファッションに疎い愛の頭の中には「?」しか浮かばない。

樋口拓也(赤楚衛二)は、「ザ・モストは世界30カ国で発売される世界的人気雑誌」だと愛にいろいろと指導してくれた。

とんでもない世界に来てしまった・・・自分とは無縁の華やかな世界に戸惑いを隠せない愛。

 

クリエイティブディレクター兼副編集長の正体は?!

そんな中、超ド派手な編集長・池沢蘭子(LiLiCo)がやってくる。

「今日から来てくれるクリエイティブディレクター兼副編集長を紹介するわ」

売上が低調な雑誌を立て直すためにやってきたクリエイティブディレクター兼副編集長は、なんと宗介だった!!

せっかく会社員になれたのに、宗介がいるなんて、・・・

どうすればいいのーーーー!!!

 

二人っきりのエレベーターで・・・

そんな愛がエレベーターに乗ると、宗介と二人っきりに。

さらにエレベーターが故障してしまうというハプニングが発生!

「佐藤愛」と書かれた社員証を見て、思わず隠す愛!!

宗介は「もしかして・・・」と近づき、壁ドンする宗介!!

しかし、宗介は非常ボタンを押してエレベーターが止まったことを連絡。

パニック状態の愛の耳にイアホンをさして「カノン」を聴かせた。

小学生時代を思い出した愛。

宗介は、「昔ある人にこれを聴くと落ち着くと教えてもらった」と言い、愛は宗介が覚えていてくれたことにキュンとしてしまい・・・。

 

常務・岸田庸司(木村祐一)

エレベーターが動くと、宗介は文講出版社常務・岸田庸司(木村祐一)の元に向かった。

不採算の「ザ・モスト」を廃刊に追い込もうと考えている岸田。

三ヶ月待つと不穏な空気を醸し出していた。

絶対に廃刊にさせるか!と闘志を燃やす宗介。

 

ドS上司宗介

一方、愛は写真撮影スタジオで、てんてこ舞いしていた。

コードに足を取られ、機材を倒してしまい、宗介から「なんなんだ、君は」と大目玉を喰らい、あの優しかった宗介が、ドSになっていてあっけにとられる。

宗介に頭を下げて謝る愛の白いソックスは破けていて、自分自身が情けないと落ち込み・・・。

 

宗介のメール

帰宅した愛は、梨沙に宗介と同じ職場で働くことになったと報告して、退職を考えた。

そんな中、宗介からメールが届く。

宗介は、愛は今イギリスに行っていると思い込んでいる様子だった。

どうしよう・・・

梨沙は咄嗟に、自分がイギリスに旅行に行った時の写真を送り、「元気でやってる」と返信。

これで同じ職場の「佐藤愛」は、宗介が思っているあの佐藤愛とは別人だと思うでしょうと言った。

 

佐藤愛

翌日、出勤途中の愛が交差点で信号待ちしていると、自転車が突っ込んできて、それを助けた宗介!

ぼーっと歩いていた愛に「総務部でも、新人でもプロ意識の無いやつはいらない」と吐き捨てる。

さらに仕事中も宗介は、愛のことを「おい!総務部!」と呼びつける。

頭にきた愛は、「私の名前は佐藤愛です!」と自分にはちゃんとした名前があると訂正するが宗介は、

「気に入らない。この名前が・・・」

と言い・・・。

(つづく)

 

「彼女はキレイだった」第1話を見たみんなの感想

「彼女はキレイだった」の第1話をみたみんなのSNSでの感想はどうだったのでしょうか?

「彼女はキレイだった」の第1話、いかがでしたか?

キャスティング発表後は、韓国版を超えることは無いだろう、最悪?という評判も飛び交っていましたが、実際に日本版を見た方のSNSの声を大調査してみました!

もやは宗介はケンティー?!

中島健人さん演じる宗介が、もやはケンティーそのものでは?という声が多く見られました!

確かに、私もツンデレ感がそのものだと感じました!

愛だと信じている梨沙からメールの返信が来た時のあの「デレ」がたまらん♡

 

小芝風花ちゃんが自然体で良い!!

小芝風花ちゃんのキャスティングは、ハマっていましたね。

最初はボサボサ頭なんだけど、どんどんキレイになっていく・・・そんな佐藤愛を演じます。

韓国版では、あのボサボサ頭やそばかすだらけのメイクがイヤでリタイアした、なんて評判も飛び交ったんですが、日本版いい感じのボサっと感でしたよね。

先日、ある占い番組で星ひとみさんから「色気がない」と言われてましたが、あれを見て小芝風花さんって可愛らしい人だと思ったし、同性からも好かれそうな女性だなぁと思いました。

どんどん変わっていく「佐藤愛」に注目していきたいです!

 

 

韓国版も見てみたい!

日本版の「カノキレ」を見て、韓国版も見てみよう!という声も上がっていました。

韓国版、日本版、また中国版としてもリメイクされている「カノキレ」。

現代版のシンデレラ・ストーリーなので、各国で人気が出るのも納得ですよね♪

 

「彼女はキレイだった」は原作は?

「彼女はキレイだった」は、韓国ドラマを原作としています。

2015年に韓国で放送された「彼女はキレイだった」は、最高視聴率19.8%を記録し、MBC演技大賞では10冠に輝いた大ヒットドラマです。

主演は、「梨泰院クラス」のパク・ソジュンさんで、が中国でもリメイクされています。

原作で登場する「ザ・モスト」の編集部という名前もそのままで、日本版も忠実に再現されていますよ!

また、この編集部にひょんなことから働くことになった女子と鬼上司・・・という設定からオー!マイ・ボス!恋別冊で」はこの「彼女はキレイだった」に似ているという噂も出ましたね。

日本版「彼女はキレイだった」と、原作を見比べてみるのもオススメです!

個人的にも何度もみた大好きな作品で、いまもまた見たくなっちゃうほど♪

ラストシーンの美しさは忘れられない!

\原作「彼女はキレイだった」が今すぐ見れる/

 

日本版「彼女はキレイだった」第2話の予告

もうテレビだけでドラマを観るのは古い?

\いつでもどこでも楽しめるネット配信サービスを試してみよう/

小芝風花さんの

「魔女の宅急便」を見たい方は断然U-NEXT!


\原作「彼女はキレイだった」が今すぐ見れる/


最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

家族みんなで楽しめて、無料期間中も600P付与されます♪

とにかく作品数が多いVOD!

※31日間の無料トライアル中に解約すれば料金は一切かかりません。

ABOUT ME
はるはる
ご覧いただきありがとうございます。 年間100本のドラマを視聴しているドラマが大好きな主婦です。 好きなドラマの見どころや感想を綴ります。