珈琲いかがでしょう

【珈琲いかがでしょう】のピンクコーヒー「ロサメヒカーノ」とは?作り方は?

中村倫也さん主演ドラマ「珈琲いかがでしょう」は、たこ珈琲の店主・青山一が、傷ついた心のお客様を一杯の珈琲で癒していく物語です。

ドラマを見ると、毎回ホッと癒されますよね。

「珈琲いかがでしょう」の第2話で登場したピンク色のコーヒーがとっても美味しそうでしたよね。

初めて見たという方も多いのではないでしょうか?

この記事では、ピンク色の由来やコーヒーの名前、作り方等をまとめました。

「ピンク色」のコーヒーはどんなシーンで登場したの?

東京へ憧れる田舎の高校生・雅(山田杏奈)が

「ドカンと東京らしい珈琲を作って欲しい!」と青山(中村倫也)にオーダーしたコーヒーです。

マリアテレジアは、ホイップの上に、小粒のキャンディを乗せたものを愛飲していたとのエピソード付きでした。

 

珈琲いかがでしょうで登場したピンク色のコーヒーは「ロサメヒカーノ」

ロサメヒカーノ

珈琲いかがでしょうの第2話で登場した、ピンク色のコーヒーの名前は

「ロサメヒカーノ」です。

こんな「映え」な可愛いコーヒーを作る青山に、キュンとしちゃうよね♡

 

「ロサメヒカーノ」に対するSNSでの反応は?

「ロサメヒカーノ」とは?

ロサメヒカーノは、「メキシカン・ピンク(Mexican Pink)」の意味です。

鮮やかで明るい赤紫色は、メキシコ全土で咲き誇る、生き生きと美しいブーゲンビリアの色です。

ブーゲンビリアのピンクって、なんとも鮮やかで美しいですよね!

 

「ロサメヒカーノ」の作り方

早速「ロサメヒカーノ」の作り方を調べてみました!

ロサメヒカーノの特徴は、ピンクを使った三層になったコーヒーです。

いろいろ作り方はあるようですが、原作で青山が作っていたものは、

  1. ミルクをいれ
  2. 食紅でピンク色を付けたホイップミルクを乗せる
  3. ゆっくりと深煎りのコーヒーを注ぐ

さらに小粒のキャンディがトッピンクされています。

最後に珈琲をゆっくりと入れる、分離していくようです。

ピンクの色付けは、食紅以外にも、ストロベリーやラズベリー、赤色のグレナデンシロップで色付けしたり、アレンジ方法は様々。

また、ミルクをピンク色にするなど、色々なアレンジ方法ありました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆち(@yuchiko_0123)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

🐏🐏 💭(@im_here_kxx)がシェアした投稿

アレンジ方法は様々な、ロサメヒカーノを是非作ってみて下さいね♪

 

「ロサメヒカーノ」はどこで飲める?

ちょっと作るのは難しそう・・・という方のために、「ロサメヒカーノ」が飲めるカフェを探してみました!

DUOMO Café(ドゥオーモ・カフェ)

〒503-0008 岐阜県大垣市楽田町8丁目43-1

 

マッシモ・マリアーニ 

愛知県 名古屋市千種区 今池南 13-14

(現在メニューがあるのか確認していくことをオススメします♪)

 

 

 

ABOUT ME
はるはる
ご覧いただきありがとうございます。 年間100本のドラマを視聴しているドラマが大好きな主婦です。 好きなドラマの見どころや感想を綴ります。