私たちはどうかしている

私たちはどうかしている「わたどう」第6話のネタバレ!火事で椿を助けたのは誰?

ドラマ「私たちはどうかしている」の第6話は、大旦那主宰の夕ざりの茶事が行われ、年に一度開くという15年前の事件現場に足を踏み入れる七桜。

妊娠したことを椿へ伝えられないままの七桜ですが、皐月庵が火事になるという絶対絶命のピンチを迎えます!

七桜、椿、そしてお腹の子は無事だったのでしょうか?

「私たちはどうかしている」の第6話は、いったいどんな内容だったのか、みんなの感想や評判、視聴率、相関図とともに、あらすじネタバレをお届けします!

「私たちはどうかしている」城島役の高杉真宙さんの読み方は?出演作まとめ!ドラマ「私たちはどうかしている」で、光月庵の見習い職人・城島役を演じている、「高杉真宙さん」の演技が素晴らしいですよね! 感じのい...

\「私たちはどうかしている」の原作2巻を無料ですぐ読める/



最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>



家族みんなで楽しめて、無料期間中も600P付与♪

※31日間の無料トライアル中に解約すれば料金は一切かかりません。

「私たちはどうかしている」の第6話の視聴率は?

ドラマ「私たちはどうかしている」の第6話の視聴率は・・・

放送回 放送日 視聴率
第1話 2020/08/12 9.6%
第2話 2020/08/19 7.8%
第3話 2020/08/26 8.2%
第4話 2020/09/02 8.4%
第5話 2020/09/09 9.2%
第6話 2020/09/16 9.6%

 

わたどうも、盛り上がってきたよー!!

\「わたどう」の原作を読んでみよう/

私たちはどうかしている テレビドラマ化記念 1巻~3巻お買い得パック (BE LOVE KC) [ 安藤 なつみ ]

感想(3件)

 

「私たちはどうかしている」の相関図

まずは、ドラマに登場するキャストや、関係が分かる相関図をチェック

https://www.ntv.co.jp/watadou/chart/
ドラマ【私たちはどうかしている】キャスト相関図あらすじ主題歌まとめ!日テレ水曜ドラマ「私たちはどうかしている」が2020年8月12日(水曜)夜10時から放送されることが決定しました!! 主役を務めるのは、浜辺美波さんと横浜流星さんというのりに乗っている二人のWキャスティングです! 運命の二人を翻弄するドロドロのお家事情、逆境に立ち向かうラブミステリー作品となっています。 それでは、日テレ日曜ドラマ「私たちはどうかしている」の、キャスト一覧、見どころ等を詳しく見ていきましょう!!...

「私たちはどうかしている」これまでのあらすじネタバレ

「私たちはどうかしている」第6話のネタバレ

夕ざりの茶事当日

夕ざりの茶事の日、それは光月庵にとって一大行事だったが、

閉ざされた樹(鈴木伸之)の部屋が、一年に一度開かれる日でもあった。

厳かな雰囲気の中、夕ざりの茶事が開かれる。

市議会議員の溝口(吉沢亮)、喜多川薫(山崎育三郎)、長谷栞(岸井ゆきの)も参加していた。

あれが例の・・・結婚式をぶち壊しにした女かと、七桜を見る目は冷ややかだった。

しかし、夕ざりの茶事の主催者である大旦那(佐野史郎)は、桜の根はとても強いと言って、そんな噂を払拭する。

 

大旦那と女将のバトル

女将(観月ありさ)は、大旦那の目を盗んで、部屋に忍び込み、遺言書を探していた。

「何をしているんだ?」

暗闇の中、ロウソクを照らして女将を見つけた大旦那。

お前は蝶ではなく、この家を飲み込む蛇だ!

と罵倒する。

昔、女将が別の男とキスする姿を目撃していた大旦那は、椿が息子・樹の子供ではないと確信していた。

しかし、こんな自分にしたのは誰のせいだという女将。

25年前、名家で産まれた女将は、蝶のようにもてはやされて光月庵の嫁に入った。

女将は、夫・樹を愛し、誠心誠意尽くしていた。

しかし、樹には一途に思う相手がいて、女将には指一本触れることがなかった・・・。

椿にはこの店を継ぐ権利がある、このままでは25年の苦労が水の泡だと思った女将は、

大旦那ともみ合いになり、大旦那は足を滑らせて転倒し、座卓に頭をぶつけてしまう。

女将は、そんな大旦那を後目に、遺言状を持って部屋を出る。

しかし、遺言状は白紙だった。

大旦那の部屋では、床に落ちたロウソクの火が燃えていた・・・。

 

七桜の正体

七桜は、年に一度開かれるという、樹の部屋に行くと、

そこには、愛おしそうに樹の着物を抱きしめる女将。

女将は、最初は職人だと思って七桜の母・百合子を可愛がっていた。

しかし、樹の一途に思う相手だと知り、二人のことを心底憎んだ。

七桜は、15年前、樹が亡くなった時、現場に女将がいたことを思い出す。

百合子が警察に連行される姿をみて、ほくそ笑む姿も・・・。

「私がさくらです。大倉百合子の娘です。」

白状した七桜。

女将は、聞いていたでしょう?と笑い、そこには椿の姿が!

15年前、椿は、樹と百合子が抱き合っていたところを見た時、

さくらが二人の子供だと悟っていた。

母の無実を証明するためにこの家に入ったという七桜を、

「全部嘘だったのか?」と椿は詰め寄る。

その時、山口が飛び込んできて、

屋敷中が火事で、大旦那様の部屋には近づけないという。

 

大旦那を助けに行く椿

助けてくれという大旦那を助けに行く椿。

しかし、火は激しく燃え上がり、椿も倒れてしまう。

七桜との日々を思い出す椿。

この暗い光月庵で、子供の頃さくらと過ごした日々と同様に、

七桜と暮らした日々は、椿にとって唯一の幸せだった。

火事の後

七桜は、城島と多喜川によって運びだされるが、急にお腹が痛くなり・・・。

病院に運ばれ、目を覚ますと夕子が付き添っていた。

流産したことを知った七桜は、涙を流す。

途方に暮れる七桜に、これからどうしたいか聞く喜多川。

お菓子が作りたい・・・と答える七桜。

 

椿は、大旦那を助け、火事の後10日間生死をさまよった。

炎の中、椿に天井板が落ちてくるところを助けた栞。

しかし、その時栞は顔に傷を負ってしまう。

椿の事が忘れられない栞は、上手くいっていた縁談を断り、光月庵で働く。

椿は七桜を探したが、行方が分からなかった。

三年後

三年の月日が過ぎ・・・

栞は光月庵で働き、椿もそんな栞を認めていた。

椿は病院で眠っている大旦那を見舞ったとき、七桜を見かけたが行方は分からず仕舞い。

ある日、光月庵の常連である五月雨亭が、今後は「花がすみ」という店のお菓子を出すという。

七桜は、その「花がすみ」という店でお菓子を作っていた。

喜多川は、七桜を支援し、店を出していた。

七桜が作っているお菓子だと椿は気づくかな?と言うと、

光月庵には消えてもらう・・・

と意味深な発言をする七桜・・・。

「私たちはどうかしている」第6話を見たみんなの感想

椿が初めて見つけた幸せ・・・椿も七桜がさくらだと薄々気付いていながらも愛してしまった・・・切なすぎて、胸が締め付けられる思いになりました。

火事によって、椿との子供を流産した七桜。

ラストでは、ウルウルの瞳で可愛かった七桜が、ガラリと別人のようになっていました!

ちょっと気になるのが、市議会議員の溝口(吉沢亮)。

きっと女将と結託して何かしでかす存在だと思うんだけど、

いったい何者?

さて、第7話ではライバルとして再会する七桜と椿に注目です!!

「私たちはどうかしている」第7話の予告

\主題歌 東京事変の「赤の同盟」シビレるよね♪/

 

\「私たちはどうかしている」の原作2巻無料ですぐ読める/



最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

家族みんなで楽しめて、無料期間中も600P付与♪

 

もうテレビだけでドラマを観るのは古い?

\いつでもどこでも楽しめるネット配信サービス/


浜辺美波ちゃんの「君の膵臓をたべたい」

横浜流星くんの「はじこい」


最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

家族みんなで楽しめて、無料期間中も600P付与♪

とにかく作品数が多いVOD!迷ったらU-NEXT!

※31日間の無料トライアル中に解約すれば料金は一切かかりません。

 

 

ABOUT ME
はるはる
ご覧いただきありがとうございます。 年間100本のドラマを視聴しているドラマが大好きな主婦です。 好きなドラマの見どころや感想を綴ります。