親バカ青春白書

親バカ青春白書【5話】ネタバレ!今田美桜の告白に嫉妬する永野芽衣!女の友情に亀裂!?

「親バカ青春白書」の第5話は、大学2年生の夏を謳歌するガタローたち。

美咲が小比賀家に転がり込んできて、2ヶ月が経過していました。

美咲は、年の離れたガタローと仲が良くなっていき、モヤモヤした気持ちになるさくら。

そんな中、さくら(永野芽郁)の親友、寛子(今田美桜)がハタケ(中川大志)に付き合って欲しいといい・・・。

さて、ハタケはどんな決断を下すのでしょうか?

それでは、「親バカ青春白書」の第5話は、いったいどんな内容だったのか、みんなの感想や視聴率、あらすじネタバレをお届けします!

「親バカ青春白書」第5話の視聴率は?

放送回 放送日 視聴率
第1話 2020/08/02 10.3 %
第2話 2020/08/09 8.5%
第3話 2020/08/16 8.1%
第4話 2020/08/23 8.7%
第5話 2020/08/30 8.3%

視聴率は少しだけ下がったけど、今回もスカッとするストーリーだったわよ♪

 

「親バカ青春白書」の相関図

まずは、「親バカ青春白書」に登場するキャストや、関係性が分かる相関図でおさらい!

https://www.ntv.co.jp/oyabaka/chart/

⇒詳しいキャスト紹介はこちらから♪

 

「親バカ青春白書」第5話ネタバレ

彼氏どころかデートすら一苦労

美咲(小野花梨)が小比賀家で居候を初めて2ヶ月が経っていた

ガタロー(ムロツヨシ)たちは大学2年の初夏を迎えたそんなある日、さくら(永野芽郁恵)と、寛子(今田美桜)は、ワイドショーの「令和の大学生恋愛事情」で街角インタビューを受ける。

お父さんと一緒に大学に通っているというさくら。

ワイドショーの司会者(賀来賢人)は、「この娘のお父さん異常だ」という。

コメンテーター(伊藤健太郎)もあきれる。

 このインタビューを受ける間も、二人の後ろをうろつくガタロー。

これじゃ彼氏どころか、デートするのも一苦労だと言われてしまう。

 

彼氏と別れ、現在彼氏募集中の寛子。

今日はハタケ(中川大志)と一緒に大学に来たと言う。

動揺するさくら。

たまたま一緒になっただけ、さくら嘘下手過ぎと言われてしまう。

「下手と言えばさ、昨日ガタローがお風呂で熱唱してたんだけどさ・・・」

サザンを歌っていたガタロー。

昔、お母さんに似てるって言われたからねというさくら。

幸子(新垣結衣)は、ひと様に聞かせるようなものではないけれど、うちのお風呂場で歌うくらいだったらいいよと言っていた。

 

「あやしい・・・」

家でも、バイト先でも、大学でも仲がいいガタローと美咲の仲を疑うさくら。

はい、喜んで!

さくらは、ハタケと寛子のことが気になり、大学にいても心ここにあらずだった。

寛子は動き出す!

さくらとハタケを呼び出し、一役買う。

寛子の誘導尋問によって、ハタケを好きだと告白したさくら。

さくらは、お父さんを大事にするし、いい子だとおもっていた。

料理も上手だし、梅干しをまた食べたいといと言って快く受け止めるハタケ。

さくらさんとお付き合いさせていただく事になりました、とガタローに報告するハタケ。

「はーーーー?!」

初デート

初デートの待ち合わせ場所に向かったさくら。

さくらを見たハタケはデレデレ。

二人が歩き出すと、やはりガタローもついてきていた。

 

ハタケは、どんな形でも、さくらと一緒にいられたら嬉しいと言ってさくらを気遣う。

根来が気になる

ガタローは、根来の事が気になっていた。

毎日YouTubeをアップする根来(戸塚純貴)が動画を上げていないことを変だと思ったガタロー。

最近、大学でも姿を見ない。

三人は、根来のマンションへ向かう。

玄関のチャイムを鳴らしても出てこない・・・。

管理人さんに鍵をもらいに行こうとしたその時、根来が出てきた。

根来の部屋は、荒れ放題だった。

毎日の動画配信にプレッシャーを感じていた根来。

アシスタントの二人も昨日突然辞めていったという。

進級も難しいし、実家に帰ろうかという根来。

ガタローは、自分も小説家としてデビューしたころは映画化されて大注目を浴びた。

しかし、それを継続させることがどれだけ大変なことか、一番よく分かっていた。

こんなところじゃいい考えなんて浮かばないから部屋を片付けよう!!とみんなで片づけを始める。

部屋がきれいになり、一息つくと、

そこに置いていた茶封筒がないと言い出す根来。

茶封筒には何が入ってたんだよ?と聞くガタロー。

「300万・・・」

えーーーー!!ゴミみたいに置いておくなよ!

と一斉に探し出す。

さくらは、ふと、ふられ動画を撮影するためのビデオカメラに気付く。

そのビデオカメラはREC状態だった。

すぐに映像を確認すると、アシスタントの二人が茶封筒を持っていく決定的な瞬間をカメラがとらえていた。

警察に届けようというハタケ。

300万くらいまた稼ぐという根来だが、ガタローは、そいつらと話をしようといい、さっそく、元アシスタントの事務所に向かう。

元アシスタントAは、前払いのつもりだったとしらばっくれて、茶封筒を返す。

元アシスタントBは、「一発屋のくせに!」と罵倒する。

一発も当てた事ないやつが、バカにするんじない!!

と言い返すガタロー。

走って逃げ去る元アシスタントたちを見て、感動する根来。

そんな根来に、最近ナリキンになって嫌いになったというガタロー。

えーーーー!!

えーーーーー!!!

全く気づいてなかった根来はショックを受ける。

根来の新たな一面

根来は、土下座して皆に謝り、今日は飯食って行ってくださいと言う。

実家から送られてきたという立派な鯛を冷蔵庫から取り出し、

マイ包丁で見事に三枚におろす根来。

すごーい!と驚く三人。

「これYouTubeにあげればいいんじゃない?」

と、ハタケは思いつく。

俺が魚をさばく動画なんて誰得?と笑う根来。

得はある、やらせ一切なしだし、凄い特技があるじゃないか!というガタロー。

これなら動画の更新とか超余裕だという根来はガタローに「一発屋同士、頑張りましょう!」と言う。

根来に負けられない

帰宅したさくらとガタロー。

今日は初デートだったんじゃない?と驚く美咲。

美咲は、今日一日かけて、ガタローの書いた小説を全部読んでいた。

ガタローの新作を読みたいという美咲。

ガタローは再び小説を書く決心する。

さっそく編集部の尾崎(谷口翔太)に電話して、真剣に書きたいと願い出る。

まさか・・・

ガタローの書斎を訪れた美咲。

ラストがこうだったら、もっと泣けたと講評した。

ガタローも、そこは書きながら凄く悩んだところで、美咲は編集に向いてるんじゃないかという。

この様子を見ていたさくらは、母・幸子の写真の前に座り、不安でいっぱい。

(次週へ続く)

 

「親バカ青春白書」第5話を見たみんなの感想

ついにさくらとハタケがデート♡

初々しい二人が可愛かったよね。

根来も新たなネタが見つかって良かった!

これからは大学にも行ってくれよー♪

「親バカ青春白書」第6話の予告

 

美咲が、ガタローに急接近!?

美咲はマジなのか?

さくらとハタケの仲も気になるよね!

 

\「親バカ青春白書」の最新話放送後7日間無料配信中♡/

日テレ無料TADA!

\「親バカ青春白書」を独占配信中♡/

もうテレビだけでドラマを観るのは古い?

\いつでもどこでも楽しめるネット配信サービスを試してみよう/

永野芽郁ちゃんの「半分、青い。」を見たい方は断然U-NEXT!


最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

家族みんなで楽しめて、無料期間中も600P付与されます♪

とにかく作品数が多いVOD!迷ったらU-NEXT!

※31日間の無料トライアル中に解約すれば料金は一切かかりません。

ドラマ、映画、バラエティはもちろん

漫画、人気雑誌も読める♡

\これって絶対お得!/


※無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

 

 

 

ABOUT ME
はるはる
ご覧いただきありがとうございます。 年間100本のドラマを視聴しているドラマが大好きな主婦です。 好きなドラマの見どころや感想を綴ります。