知らなくていいコト

知らなくていいコト【最終話話完全ネタバレ】SNSでスペシャル版を望む声が続々とあがる!

この記事は、日テレ水曜ドラマ「知らなくていいコト」の最終話(2020年3月4日放送)のネタバレとなります!

いよいよ最終話となってしまい、視聴者からは悲鳴があがるほど大ヒット中の「知らなくていいコト」。

SNSでも、ケイトと尾高は、結ばれるのか?最大の焦点となっていますよね!

元々恋人同士だった二人は、やっぱり結ばれる運命なのでしょうか?

二人の愛の行方を見届けましょう!

それでは、行きますよ!

前回の記事はこちらから♪

日テレ水曜ドラマ「知らなくていいコト」の最終話を見てみましょう!!

知らなくていいコト【最終話】の視聴率は?

知らなくていいコトの、最終話の視聴率は・・・

発表があり次第、アップします!

知らなくていいコト【最終話】ネタバレ!

30年前、乃十阿乃十阿(小林薫)が幼い息子をかばって罪をかぶった可能性を聞いたケイト(吉高由里子)は、乃十阿の息子が住むドイツへと旅立っていた。ケイトの暴走を知った尾高おだか(柄本佑)は、当時3歳だった息子に事件の真相を聞いても無駄だと止めようとするが……。ケイトは、乃十阿が息子をかばった気持ちを理解しているような尾高に複雑な思いを抱く……。 そんな中、帰国したケイトを待っていた岩谷いわたに(佐々木蔵之介)は、再び事件の真相についての手記を書くようケイトに迫る。乃十阿が人生をかけて守ろうとした秘密を暴き、その息子の人生を狂わせる記事を発表することに抵抗するケイトだが、岩谷は「ケイトがイヤなら俺が書く」と編集部の選抜メンバーで30年前の事件の裏取りに動き出す! 自分抜きで進む事件の真相解明を複雑な思いで見るケイトだが……。数日後、会議室に呼ばれたケイトは、新しい証拠と共に、母・杏南あんな(秋吉久美子)と自分の存在も事件に無関係ではなかったと思わせる証言について聞く……!その頃、会社を休み続けている野中のなか(重岡大毅)は、孤独の中で、ある決断をしようとしていた。記者として人として記事を書くことに揺れるケイトはその夜、尾高から「話したいことがある」とスタジオに呼ばれる……。先の見えない二人の関係に意外な結末が待っていた。そして、乃十阿の事件の先にケイトが見つけたある答えとは……。

https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/story/

知らなくていいコト【最終話】完全ネタバレ

ドイツへ旅立ったケイト

ケイトが初めて病欠した。

ケイトは、ドイツに居た。

ピアニストになり、ドイツを拠点に活躍している乃十阿の息子を追いかけてドイツまで来ていた。

尾高から電話が鳴り、「いまどこ?」と心配する尾高。

気がついたらドイツに来ていたというケイトに、息子に会って何聞くんだ?当時三歳だった息子が覚えてるわけないだろうという尾高。

そうやって人を追い詰めるのから、だから尾高の事務所から乃十阿も出て行った、ちょっと落ち着けという。

そうやっていつも大人の意見いう尾高さんイライラするというケイトに、

「イライラして、暴走して、またケガしたいなら好きにしろ、俺はまた背中刺されるのいやだよ」と尾高は釘を刺す。

背中まだ痛い?とケイトが聞くと、

「痛いよばかたれ!」と大声を挙げてしまう尾高。

ついに息子を見つけたケイト。

本妻の子33歳、私と1歳しか変わらない。何それ?

乃十阿は二つの家庭を両立しようと思ってたの?と、尾高を思い出すケイト。

あの・・・、とくださとしさんでしょうか?とケイトが声をかけようとすると、

パパ!と丁度3歳位の息子が駆け寄ってきた。

あの・・素晴らしかったです。ども。としか言えなかったケイト。

そんな風に割り切れないのが人生だよ

帰国したケイト。

尾高は空港で出迎え、おつかれさんと言う。

どうだったのかって聞かないの?というケイトに、

「どうもなかったろ?行ってもムダだって、普通わかるよ?」と尾高。

乃十阿の息子には3歳位の息子がいて、ハリヒメソウをタンクに入れたなら、罪に問えない、少年院も送れない、じゃ何故かばったのか?夫や父親が無差別殺人事件の犯人だと言う方が妻子は不幸なのに・・・というケイトに、

そんなこと考えないで、とっさにかばってしまったんだろ?と尾高は言う。

乃十阿の子供は、自分だけのような錯覚おこしてたけど、違っていた。人生をかけて守るべき子供は、私じゃなくて息子の方だった。あの人は、ママのことどう思ってたんだろ?そんな大切な子供が奥さんとの間にいたのに、と釈然としないケイト。

「そんな風に割り切れないのが人生だよ」と尾高は答えた。

その頃、野中は、ノロノロ亀亀、僕の夢、僕はビッグになりたいの。愛がほしいの。と、気が狂っている様子だった。

3年前の汚名を晴らす!

編集部に出勤したケイト。

黒川デスクは、マンションまで行って管理人に鍵を開けてもらったけどもぬけの殻やん!とケイトを心配していた。

「すみません、ドイツへいってました」と謝るケイト。

編集長が来て、「真相はつかめたのか?」と言うが、ケイトは、何から話していいか分かりませんと、困惑していた。

ゆっくり話を聞くと、会議室へ入る二人。

「そのまま書けよ。おもしろいじゃないか!」と編集長は言うが、ケイトは書きたくないと言う。

ドイツで幸せに暮らしているの息子を窮地に陥れることに何の意味があるのか?犯罪者にするのはイヤだとケイトが言うと、

「散々そうしてきたのに、身内の事となると怖気づくのか?それは、乃十阿徹が悲しむからか?」と編集長。

否定するケイトに、

「乃十阿徹は無実なんだろ。乃十阿徹は無実だと追い続けていたと言えば、その時の汚名を晴らせる」と言う。

実は、3年前、週刊イーストは乃十阿徹の出所する時の写真を掲載して、人権侵害だと言われていた。

この出所した乃十阿徹の写真を撮ったのは、当時ニュースカメラマンをしていた尾高で、この事で尾高はニュースカメラマンを辞めた。

「3年前にこの写真を撮った時から、尾高は何か知ってたのか?」と聞く編集長に、直感的に犯人ではないんじゃないかと思って彼は乃十阿を追っていたと答えるケイト。

「出所時の写真を尾高は持ってるんだろ、いいじゃないか、書けよ!」という編集長。

尾高さんは、そんな写真出しませんよと答えるケイト。

「尾高もケイトも言う事聞かないなら、この記事、俺が書く!以上!」と編集長は、早速特別班を組が組まれた。

ケイトは蚊帳の外だった。

あの事件に、私も無関係ではなかったんだ・・・

特別班によって取材され、

「出そろったな、よし、ケイト呼べ!」と編集長。

ハリヒメソウの症状は食中毒に近いらしいこと。

乃十阿の元妻は、元外交官と再婚した凄い高級老人ホームに入っていて、乃十阿の事は知らない人と言っていること。

そして、乃十阿が以前住んでいた家の隣の家族から、事件が起こったキャンプに行った時の写真が集められていた。

その写真には、隣人夫婦が笑顔で映っていて、その後ろでタンクに草を入れている乃十阿の息子が映り込んでいた。

「弁護士の話はこの写真をうらづけているよな。」と編集長。

また、当時乃十阿の息子が通っていた幼稚園の先生によると、乃十阿の妻は夫の浮気で悩んでいて、情緒不安定、子供にあたっていた、夫の愛人には子供までいるようだ頭がおかしくなると相談していたという。

あのキャンプを計画したのは、奥さんで夫婦関係を修復したいと思って計画されたが、あの事件が起こり、皮肉な結果になっていた。

「みんなよくやってくれた。ケイト一人じゃこんなに早く情報を得られなかった。さ、どう書くか?ケイトが書くか、オレが書くか。」と編集長。

混乱したケイトは屋上へ行った。

ママと私の存在が、乃十阿の奥さんを苦しめていた。

そして事件の引き金となった。

あの事件に、私も無関係ではなかったんだ・・・。

尾高の思い

エレベーターホールでケイトは尾高と出くわす。

尾高は、「今日空いてる?話があるんだけど会えないか?」と言う。

これから乃十阿の事件の被害者に会ってくるから。その後スタジオに行くと約束するケイト。

スタジオで、ケイトを待つ尾高・・・。

ケイトがスタジオに来て、あの二人で買いに行った赤いコーヒーマシンでコーヒーを淹れる尾高。

「尾高さんから話したいなんて言われたことないから緊張しちゃう」とケイト。

ケイトはキャンプ事件の真相を書くんだろ?と聞く尾高に、ケイトはまだ分かんないと迷ってる様子だった。

「取材対象に思いがあると、書きにくいってこと?それってつまり、俺がニュースカメラマン辞めた時と似た感じだな。ケイトは俺は違うよ。分からないと言いつつ実は書きたいと思ってる。

曖昧に流されていくことを美徳としている世の中に、真実はこうなんだと切り込んでいく技がある。才能があるし天が与えた使命がある。

どうしたの?尾高さん、今日は変!というケイトに、いつも同じかおしてたらバカだろ!と声を挙げる尾高。

ケイトの傍にいると、ケイトの命が削れる音がする。俺は、削れちゃった部分を少しでも埋められればいいなと思ってきた。ケイトには、誰にもできない記事、書いて欲しい。

乃十阿さんだって、娘の手で無実の証明がされたこと、嬉しく思うよ。

ケイトは俺と違うんだから、命けずって真実書けよ

なんか、洗脳しようとしてる?と聞くケイトに、

「俺がニュースカメラマン辞めた時みたいになってほしくないから。

違うな、命削って真実につきすすんでいくケイトが好きなんだ。

結婚しよう。ケイトがいないと、もう辛い。

ケイトもそうだと思いたい。」

でも・・・と言うケイトを抱きしめ、

「離婚は承知してもらった。離婚届も、二人ともサインして出すだけなんだけど、子供のこと話し合ってる。離婚が成立してから言うつもりだったんだけど、今ぼろっとでちゃった」

「私も尾高さんが好き、死ぬほど好き。尾高さんが欲しい、全部欲しい、一緒に生きて行きたい。だけど・・・もう離婚しないで。」

ん?

この前、弁護士が自分の説話してくれてた時に、尾高さん、乃十阿が子供庇ったこと、深く共感したの横にいてわかったの。親としてこの世に一つの命を送り出したこと、その責任を全うしてね。子供は見捨てないで欲しいの」

子供の責任はとる、もう後戻りできない。

「後戻りして、子供を手放さないで。乃十阿が人生を犠牲にして30年間守りとおした親の思いを尾高さん心に持ってる、でも私たちが一緒になったらその思いを捨てることになるでしょ。それは嫌なの。親としての心を失った尾高さんはいやなの。凄い好きだけど・・・、そんな尾高さん嫌いなの。受け入れられない。尾高さんからいわれたことば胸に刻んで記事書くね。」

去ろうとしたケイトを後ろから抱きしめ、

「俺と一緒になってくれよ。二回も俺のこと振るなよ、ケイト・・・」

キスをする二人。

渾身の記事

一人、夜中の編集部で泣くケイトは、尾高とのこれまでの思い出を巡らせ、渾身の記事を執書いていた。

尾高が離婚届けを取りに自宅に帰ると、部屋は真っ暗で、子供が一人泣いていた。

妻は、子供の横に離婚届を置いていた。

妻が親権を行う子の欄には、子供の名前が記載されていたが、訂正印が押され、

夫が親権を行う子の欄に、「尾高壮太」と息子の名前が記載され、妻は子供を置いて出て行っていた。

泣く子供を抱きしめ、尾高は泣いた・・・。

野中の野望

一方ケイトは、泣いたり、書いたりしながら、夜が明けた。

いいね、絶好調だねケイト!という編集長。

ケイトの記事は、右トップへと差し替えられた。

明日出る事、乃十阿に伝えます。

そんな中、ずっと会社を休んでいた野中が現れた。

何日も休んですみませんでしたと声を震わせて謝ると、「大丈夫か?青い顔して」と言う編集長。

退職願を出し、辞めさせていただきますと退職の意思を示すと、

「しかたないな。」と、退職願をあっけなく受け取る編集長。

不気味な笑い声をあげ、

「みなさん!お世話になりました!深層スクープに真壁さんを売ったのは僕です!

どうぞ、軽蔑してください、真壁さん、すみませんでした!」と、編集部の皆は呆気にとられる。

「乃十阿徹無実だったんだ、大スクープだ!」という編集長。

「はい?殺人犯じゃないんですか?私は、殺人犯の娘だって・・・」

「違ったんだよ」と即答する編集長。

「じゃ、僕たちなんで別れたんですか?」と混乱する野中。

「ケイトには尾高がいる。お前とわかれて大正解だ。人事に退職願は渡しておく」という編集長。

「東源出版に跪いてもえるような小説家になりますんで!さようなら~わはははは」と野中は去って行った。

タイミング悪いんです

その後、尾高と別れたことを報告するケイトに「嘘だろ!?」と驚く編集長。

尾高のスタジオを訪れた編集長は、

「子供置いてくってことは、奥さんの復讐戦か?」と聞く。

分からないけれど、家に帰ってこの子が置き去りにされているのを見たとき、もしあのまま放置されていたら死んでたんだと思うと、俺が守ってあげなきゃと思ったという尾高。

「ケイトとも別れる、奥さんとも別れて、そして子供かかえるって?」

世界を飛び回ることは出来なくなるが自分が出来る範囲で、仕事を続けると言う。

「しかし、ケイトは何で?別れる必要あるんだ?今ちょっとケイト呼ぶか。」と携帯を取り出す編集長に、いいです、いいですと止める尾高は、

「タイミング悪いんです。3年前も、今度も」と言う。

「お前たちは運命の二人だと思うけどな、ままならないな、人生は・・・」と編集長は、

壮太なの?お利口だね~!と子供をあやす。

人生を賭けた記事が・・・

編集長が会社に戻ると、副社長が待っていた。

ケイトが書いた記事を見せ、これを社長が見て、ご立腹だと言う。

社会的意義のあるスクープだと編集長は主張するが、業務命令にさからえば、飛ばされると言う。

記事がボツになったことを聞いたケイトは、

「社内政治に屈しないとおっしゃってたじゃないですか!」と息巻く。

「強行突破することは出来る、しかし俺もケイトも飛ばされる。過ぎたことは忘れよう」と、悔しい思いを胸にしつつも冷静になる編集長。

私たち、戻る?

会社の階段で話す、ケイトと尾高。

尾高:「あの記事、載らなかったね」

ケイト:「なんだったの?あの激動の一週間・・・」

尾高:「思い出したくないよ」

ケイト:「わたしたち戻る?」

尾高:「は?」

ケイト:「子供、一緒に育てようか。」

尾高:「そういうケイト好きじゃないね。ほんとタイミングわるいよ俺たち、そういう気分じゃないよ、今の俺。」

この世には「知らなくていいコト」がある

編集部に戻ったケイトは、「キアヌリーブスに会ってきます。」と言い、乃十阿の自転車屋へ向かった。

乃十阿は頭を下げ、お世話になりました、尾高さんは?と聞く。

ケイトはボツになった記事を見せ、

「会社の事情でこの記事は出なくなりました、あなたには読んでいただきたくてゲラを持ってきました。私が書きました、読んでくれたら嬉しいです。」

目を通す乃十阿。

そこには、

最後まで乃十阿は、真壁ケイトを娘だと認めなかった。

本妻の息子の罪をかぶり、学者としての将来も、人生を捨てて、息子を守り、どんなに聞いても娘だと認めなかった。

それは、ケイトを殺人犯の娘にしたくなかったからだろう。

認めないということで、乃十阿はケイトを守ったともいえる。

この世には、知らなくていいコトがある。

乃十阿はそう考えているに違いない。

と書かれていた。

これ、持っておいてくださいませんかというケイトに、乃十阿は首を振った。

記事を受け取ったケイトは、自分の人生を賭けた記事を隣で焚かれていた焚火に入れて、燃やした。

燃えていく記事を見つめるケイト。

そしてその姿を見守る乃十阿の視線は、父親そのものであった。

2023年4月・・・

あの野中は、「先生」と呼ばれ、テレビ局のスタジオに入っていった。

皆がひれ伏す中を颯爽と歩き、「闇落ちTシャツ」を着て、テレビに出る野中。

芥川賞作家、野中春樹としてテレビに出演し、彼が書いた小説「闇落ちする亀」は30万部の大ヒットとなり、ドラマにもなるとの事。

「福西くん!」とケイトの声。

ケイトは、デスクに昇任していた。

「まあまあ、仲良くなりたまえよ」と現れた黒川デスクは、黒川編集長になっていた。

「あ!局長!」と、黒川編集長が向かった相手は・・・

局長となった岩谷(元編集長)だった。

岩谷さん!おしゃれになりましたね!というケイトに、

「暇だもん、局長」と返す岩谷局長。

「じゃ、取材に行ってきます!」というケイトに、

「デスクはデスクにいるからデスクなんじゃないの?」と言う岩谷局長に、

「新しいデスクのやり方です!ども!」と出ていくケイト。

「言うことききませんからね、ケイトは」と手を焼いている黒川編集長と、岩谷局長は、それもケイトらしいと優しく見守る。

外に出たケイトは、尾高と息子が手を繋いで歩く後ろ姿を見かける。

少し微笑んだケイトは、颯爽と取材へと向かう・・・。

「知らなくていいコト」最終回感想

とうとう終わってしまいましたね。

まずは、「ありがとう!」と言いたいです!

水曜日の夜をどれだけ楽しませてくれたか。

恋愛、親子愛、仕事、仲間などの絆がふんだんに盛り込まれていましたよね。

大石 静さんの繊細かつスピード感のある脚本の完成度の高さ、俳優陣の演技力の素晴らしさ!全てが完璧で、毎週あっと言う間の1時間でした!

最終回は、何度も胸を締め付けられるシーンがありすぎて、涙が・・・(:_;)

結婚しようという尾高に、子供を見捨てないでと願うケイトの気持ち、

尾高の子供が一人部屋置き去りにされていたこと、

ケイトを見つめる乃十阿の父の目・・・ケイトは自分のような思いを尾高とその息子にはさせたくなかったのでしょう。

尾高との関係も、きっと結ばれないまま終わるんだろうなと想像はしていましたが、またいつか、きっと、二人には復縁して欲しいと強く願います!

じゃないと、自分の中でこのドラマを終わらせることが出来ないです( ;∀;)

そして、スペシャル版として戻ってきてくれることを期待します!!

それでは、「知らなくていいコト」の感想に、最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

ABOUT ME
はるはる
ご覧いただきありがとうございます。 年間100本のドラマを視聴しているドラマが大好きな主婦です。 好きなドラマの見どころや感想を綴ります。