知らなくていいコト

知らなくていいコト【第8話完全ネタバレ】名言の数々に驚愕の神回!

この記事は、日テレ水曜ドラマ「知らなくていいコト」の第8話(2020年2月26日放送)のネタバレとなります!

第7話は、ケイト(吉高由里子)をかばった尾高(柄本佑)が刺されるという衝撃の展開でした!!

そして、野中(重岡大毅)は、他の週刊誌記者に何やらリークしている様子で・・・

今週も、編集長(佐々木蔵之介)の名言も飛び出し、神回となっていますよ!

それでは、日テレ水曜ドラマ「知らなくていいコト」の第8話を見てみましょう!!

知らなくていいコト【第8話】ネタバレ!

まずは、予告を見てウォーミングアップ♪

ケイト(吉高由里子)への歪んだ感情からケイトの父が乃十阿徹のとあとおる(小林薫)であることを他誌にリークした春樹はるき(重岡大毅)。襲撃事件で腕を刺されながらも退院早々ネタ出し会議に復帰したケイトは、さらなる逆境が待ち受けているとは思いもせず、早速取材に奔走する。そんな中、上層部からケイトの異動について圧をかけられた岩谷いわたに(佐々木蔵之介)は、上の要求を突っぱねるためケイトに右トップを狙う大ネタの真相を追わせることに。

それは、与党議員・梅沢うめざわの金庫番だった男・相田あいだの自殺でうやむやになったワイロ疑惑について。全ての罪をかぶる遺書を残して自殺した相田だが、岩谷は梅沢の資金管理団体の帳簿が3ヶ月分消えたという情報を掴んでいた。トカゲのしっぽ切りをしたであろう梅沢の裏の顔を暴くため、ケイトは襲撃事件のトラウマを抱えながらも消えた帳簿探しに奔走するが、相田の妻・依子よりこ(遠藤久美子)から頑なに取材を拒否されてしまう。一方、入院中の尾高おだか(柄本佑)は、無理して仕事をするケイトを心配するが……。そして翌日、ついにケイトが乃十阿の娘だという記事が他誌に掲載され、編集部は騒然となる!殺人犯の娘が週刊誌記者ということが公になりケイトを取り巻く状況は一転!追う立場から追われる立場にもなり、さらなる逆境に立たされたケイトはそれでも記者として仕事に向き合おうとするが……!?

https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/story/08.html

知らなくていいコト【第8話】完全ネタバレ

週刊イーストで起こった不倫騒動事件は、テレビのワイドショーでも報道された。

社内では、ますます孤立していく野中・・・。

ケイトがいないと社内はしんみりするな。という黒川デスク。

そんな中、ケイトが復帰する!

昨日退院して、その足でラーメン屋に行きネタを見つけたケイトは、さっそく裏どりしてくるという。

ケイトは早速ラーメン屋を取材にいくが、

ケイトの顔が世間に知れ渡っていて、取材どころではない。

右トップの大スクープを追え!

梅沢代議士が国のリゾート開発の賄賂を受け取り、

金庫番の相田が全てやったことだと言って自殺し、帳簿が消えたというスクープが入り、

この事件をケイトに追えという編集長。

そして、ケイトに、

「右トップの大スクープをとって、上の花を明かせ!黙らせろ!

何がなんでも帳簿を探せ!」と編集長は言う。

ケイトは早速、相田の自宅を訪れるが、妻に拒否される。

帰宅したケイトに、尾高から電話が入る。

「明後日退院。大丈夫?一人で怖くない?」と心配する尾高。

「前から人が歩いてくると、刺されそうな気になる。

PTSD気味だけど、家にいれば平気。

心配してくれてありがとう。嬉しかった」という。

SNSには、ケイトの事を

懲りない女などの書き込みがあり、それを見た尾高は心を痛める。

翌日、遅くなりました!と出勤したケイトを見て、電話対応におわれている編集部のみんなは一瞬固まる。

編集長は

「ケイト!これ。」

と他の週刊誌に「乃十阿徹の娘だった!!」

という記事を見せる。

二人様子を見た野中は、凍り付き、「顔が青いですよ。」と言われる。

ミーティングルームに呼ばれたケイトは、

私のことですみませんと謝るが、編集長は、

「こんな記事なんてどうでもいい、相手にすることはない。

これは本当なのか?でっち上げなのか?」と聞く。

ケイトは、本当ですと答えると、

「そうか、分かった。」と言って部屋を出た。

「ここに書いてあることは本当だ!

しかし我々の仕事は何も変わらない。

これまで通り、普通に仕事してくれ。

大事なのは何も変わらないという姿勢だ!」

と編集部の皆に周知する。

「仕事でこんな話は吹き飛ばせ!」

とケイトに言う。

副社長に呼び出された編集長は、

基本的人権を侵害する記事に屈してはならない、

ケイトはスクープを抜きますと宣言する。

「いつか足元をすくわれるぞ」という社長に、

救われるまで走りますと答える編集長。

ケイトと野中を取り囲む状況は・・・

取材に向かったケイトは、バスの中で自身に関するSNSを見ていた。

相田の自宅を再び訪れたケイトだったが拒否され、

尾行してきた記者に囲まれてしまう。

それをみた相田の妻がケイトを家に入れる。

「私も犯罪者って言われた経験があるから。

分かりました?追われるほうの気持ち、

だから私のことを追いかけないでください。」という。

何を言っても、主人は戻ってこないと言う相田の妻に、

「国会議員は国民の代表です。

梅沢代議士が罪を押し付けて、平気な顔をしてるのはおかしいと思うんです!」

とケイトは相田の書斎で帳簿を探すが見当たらない。

編集部に帰ってきたケイトを見て、這いずりまわるように身を隠す野中。

一方、まだ傷もあるんだから、早く帰宅して休養しろとケイトを気遣う黒川デスク。

「みんなが普通にしてくれて、優しくしてくれて、ありがとうございます」と涙ぐむケイト。

尾高と編集長は・・・

この話知ってた?と、週刊誌を持って、尾高の病室を訪ねた編集長。

尾高は、三年前にケイトの母から聞いたが、

オレ以外には誰にも話してないと思いますと言う。

「野中とケイトがわかれた理由は、

父のことを知ってからじゃないかな?だとしたら、

尾高がケイトのことを命がけで守ろうとしたら意味不明に不愉快ってことがあるかもしれないよ。」と編集長。

こんな雑誌にチクりますかね?という尾高に、

「俺には分かるよ、そういう闇に墜ちる気持ち。」と言って帰っていった。

尾高は、野中がなんでケイトの父親が乃十阿だって知ってたんですか?

と聞いたことを思い出した。

これは野中のタレコミに間違いないと察し、

怒りを爆発させ週刊誌を投げ捨てた。

ケイトを取り巻く環境

帰宅したケイトはポストを開けると、マンションの住人向けに配布された「乃十阿徹の娘がこのマンションに住んでいる」という心無いチラシを目にする。

更に、「殺人犯の娘でしょ、出て行って欲しいわ」と住人達が噂しているのを聞いてしまう。

イースト編集部に戻ったケイトは、仮眠室で眠ることにする。

すると、尾高からのメール。

「ネットで自宅が特定されているから、自分のスタジオに止まった方がいい、あそこなら尾行されない限り大丈夫だ、鍵の場所、知っているよね」

とタイミング良くメールが来た。

大丈夫、ありがとう、と尾高の優しさに触れ、関を切ったかのように涙するケイト。

翌朝、仮眠室で目覚めたケイトは、相田の妻の実家である建設会社へ向かう。

話を聞いている最中に、孫が大学に受かったと言う知らせが入る。

イーストに姿を現した尾高は、復帰したことをみんなに歓迎され、

ケイトを救ったといしてヒーローの様な扱いだった。

それを見た野中は、化粧室へ逃げるように去り、顔を洗う。

身を隠すように編集部に戻ろうとしたところ、

首根っこをつかまれ部屋に引きずり込まれた野中。

尾高は、野中を一発殴った!!

傷口に痛みが走る野中は、

「俺がケガしてて良かったな。」と傷口を抑えて部屋を出て行こうとする。

「もう2人で会わないほうがいいですよ!もっと大変なことになりますからーーー!

はははははは」と負け惜しむ野中。

編集部に戻つたケイトは

早速、相田の妻の実家での報告をする。

「潰れかけていた建設会社だったけど、

相田さんがなくなった瞬間から市の仕事を請け負ってました。

あと、勉強ができないという息子も私学大学に合格してました。

相田さんは帳簿をのこしていると思います。」と推察するケイト。

野中は、顔にマスクをして「顔が腫れたからかえっていいですか?」と、

歯が腫れたことにして帰宅する。

奥さんと子供に同情するなんておこがましいんだよ

ケイトは、その夜もイーストに宿泊していた。

そこへ編集長が「今日もいたのか」と入ってくる。

自宅が物騒なので会社に泊ったというケイトに、

「ホテルとるよ。オレのポケットマネーで」と、

ホテルを予約しようとする編集長にだったたが、仮眠室を快適な空間にしたからここでいいと言う。

「いっぱいやるか」という編集長に、怪我でお酒禁止なんでというと、

「じゃ付き合え」と、お茶でつきあうケイト。

尾高とケイトはどうするの?という編集長に、岩谷さん(編集長)には聞いてもらいたいですと言うケイト。

「ケイトをかばって、あの女の刃を受けとめた尾高を見て、編集部全員思ったよ。

尾高はケイトに惚れてるんだなって。尾高の気持ち考えると、涙でそうになるわ。」

命をまもってくれたこと、私もうれしかったと答えるケイト。

「一度しかない人生だ、自分の想い大事にしたほうがいいんじゃない?」

そうしたいです、けど・・・

刺された日、赤ちゃんだっこした尾高さんの奥さんを見て躊躇したと告白するケイト。

「尾高はどうおもってるんだ?」

両立なんてできないと言っている、

でもその後刺されて、病院で離れ離れになって、

ゆっくり話す機会がないんです。

あいつの気持ちは決まってんな、そりゃ。

奥さんと子供のことを考えると悪いけど、

尾高はケイトを選ぶつもりだよ。

両立ができないということは、

どっちつかずの方が悪いと思ってるんじゃないか?

でも私が奥さんだったら・・・

 

その考えはケイトを苦しめるぞ。

ケイトはケイトらしく、真っすぐ尾高を求めればいいさ。

奥さんと子供に同情するなんておこがましいんだよ。

まずは、自分が望む道をすすめ手に入れることだ。

と、オレは思うけどね~」と、

笑って去って行った。

尾高は車の中で、ケイトの写真をみていた。

そして、自分の名刺の裏に、何やらメッセージを書いていた。

一方、ケイトは帳簿の手がかりをずっと模索していた。

すると、飼い犬の首輪を思い出し、すぐに相田の家へ!

ケイトの予想通り、愛犬の首輪には、帳簿となるSDカードが隠されていた。

書斎のパソコンで、SDカードを確認すると、帳簿のデータが全て残されていた。

最後に、これを見つけた方へというテキストデータが残されていて開いてみると

”これが帳簿の全てです。この帳簿には国のリゾート開発に参加したい企業からの賄賂3000マンが記載されています。これが読まれるとき私はこの世にいないと思います。でも最後の願いとしてこれを残していきます。梅沢先生に呼ばれて選択を迫られました。本当のことをいうと失脚し、全てが失われる。二つ目の選択は、梅沢先生にだまって私が受け取ったことにすると遺書に書いて死ぬ、そうすると妻の実家の会社、息子の進学も安泰だと言われ、この道を選択しました。表に出すかどうかは、見つけた人の判断にゆだねます。”

ケイトと、相田の妻はこれを確認し、

「そうされますか?奥様のご意思をお聞かせください。」とケイトは尋ねる。

「なんで言ってくれなかったのかな・・・

私と息子を守ったんですね。公にしてください」と

息子の大学入学、実家の援助もなくなることも承知の上で、妻は決断した。

早速ケイトは、この帳簿と遺書の内容を明かし、

梅沢代議士の賄賂の記事が週刊イーストの右トップを飾った。

副社長によばれた編集長は、ケイトに手記を書かせろと言います。

その頃、乃十阿は上京していて、彼の隣には尾高の姿があり・・・。

 

知らなくていいコト【第8話】感想

退院した尾高さんは、クズ男野中に一発お見舞いしました!!

男らしいですよねー!

名刺の裏に何かメッセージを書いていましたが、何かありそうですね!

そして、編集長!

また今週も最高にカッコ良かったです!!

ケイトはケイトらしく、真っすぐ尾高を求めればいいさ。

奥さんと子供に同情するなんておこがましいんだよ。

まずは、自分が望む道をすすめ手に入れることだ。

↑こちらを名言に認定です♪

このドラマはメッセージ性が強いですよね!

毎回そのメッセージが、サラリと出てきて、嫌みがなくて、くどくもない!

スピーディな展開と共に、きちんとメッセージがもりこまれていて、完成度が高いです♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

. 【イケボス動画まとめ😎✨】 . 大人の魅力たっっっぷりの #岩谷編集長 の動画まとめができました👏🥳 早速日テレ公式YOUTUBEチャンネルからCHECK👀‼️ . こんな上司あこがれますよね〜🤔💕 イケボスとはイケてる上司(ボス)のこと🤫 男らしく、決断力もあり、ときに厳しく でもちょっぴりお茶目🤗な、岩谷編集長の魅力を ご堪能ください‼️💋✨ . . #知らなくていいコト#吉高由里子#柄本佑#重岡大毅#佐々木蔵之介#小林薫#今回はおまけもあるよ#でてくるケーキのイラストは#美術さんの力作#普段関西弁なのとっても萌え#イケボス#イケてるボス#どんどん目が離せない#第6話は明後日放送#いろいろ衝撃#ラストは発狂もの#絶対おもしろい#皆様ぜひご覧ください

「知らなくていいコト」【公式】(@shiranakuteiikoto_ntv)がシェアした投稿 –

知らなくていいコト【第9話】予告!

予告では、乃十阿と、ケイト、尾高の三人がそろった姿が!

これはどういう事なんでしょうか?

次週も楽しみですね!

それでは、お読みいただきありがとうございました!!

ABOUT ME
はるはる
ご覧いただきありがとうございます。 年間100本のドラマを視聴しているドラマが大好きな主婦です。 好きなドラマの見どころや感想を綴ります。