知らなくていいコト

知らなくていいコト【第7話完全ネタバレ】ケイトをかばった尾高が刺される!?

この記事は、日テレ水曜ドラマ「知らなくていいコト」の第7話(2020年2月19日放送)のネタバレとなります!

第6話のラストは、尾高(柄本佑)がケイト(吉高由里子)にキスをするという、衝撃のラストシーンでした!!

ケイトを刺した犯人は、尾高の妻?それとも・・・

それでは、日テレ水曜ドラマ「知らなくていいコト」の第7話ネタバレあらすじを見てみましょう!!

知らなくていいコト【第7話】ネタバレ!

尾高おだか(柄本佑)も自分と同じ気持ちだと知ったケイト(吉高由里子)は、不倫を追う立場でありながら道ならぬ恋に惹かれることに罪悪感を抱くが……。翌日、高熱を出した黒川くろかわ(山内圭哉)に代わりデスク代理に指名されたケイトは校了前日の編集部で激務に追われる。そんな中で編集部には次々とトラブルが発生!マネージャーの恫喝を記事にされた演歌歌手(小沢真珠)が殴り込みに訪れたと思ったら、右トップを飾る予定だった政治記事の告発者が突然掲載の撤回を要求しスクープ記事が飛ぶピンチに!

連載を抱える大物作家の接待に駆り出された岩谷いわたに(佐々木蔵之介)が不在の中、編集部は一丸となってトラブル解決に駆け回る。一方、岩谷は気難しい作家との食事会を盛り上げると後を連載班に任せて急いで編集部へ向かうが……。さらに、疲労と活気と混乱が渦巻く編集部には、あることでケイトに恨みを抱いた人物が刃物を手に近づいていた……!週刊イースト始まって以来の大惨事、襲撃事件が発生する!ケイトは襲撃者に刺され……!!そして、ケイトと尾高の関係に屈折した思いを抱く春樹はるき(重岡大毅)は、ケイトの父が殺人犯・乃十阿徹のとあとおる(小林薫)であることをある相手に漏らそうとしていた……。

https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/story/

知らなくていいコト【第7話】完全ネタバレ

尾高のオフィスのベッドで朝を迎えた二人。

まるで恋人同士のだったころのような二人。

尾高に「好き」というケイト。

「罰が当たっても時々私といて、何も望まないから・・・」というケイトに、

「そんな風にうまくはいかないよ。

ケイトは、それでいいかもしれないけど、俺そんなに器用じゃない。

うまく両立なんてできない。」

と尾高はケイトを抱きしめる。

もう帰んなきゃと、名残惜しそうに尾高のオフィスを後にするケイト。

二人とも独身で、私はよくここに泊まってた。

ヤバイ。あれからずっとヤバイ!

人様にいえない恋にハマってる。仕事がんばろ・・・と、ケイトの心の声。

週刊イースト編集部の最悪な一日の始まり

イースト編集部では、黒川デスク(山内圭哉)が高熱を出し、インフルエンザの疑い。

編集長が手配して、デスクは病院でインフルエンザの検査を受けに行く。

校了を前に、編集長は気難しくて有名な作家、丸山先生(西村まさ彦)との食事会へ向かおうとした時、

編集部にヒョウ柄のコートを着た女性が現れる。

ここが週刊イーストの編集部?私が分からない?

演歌歌手の笹美鈴(小沢真珠)よ!この記事書いたの誰よ!

人を暴力女みたいに書いて!と怒鳴りこんできた。

「編集長の岩谷です。この記事はマネージャーたちの証言で書きました。」

私は恫喝なんかしてないんだよと言う笹美鈴に、

「あなたは今私を恫喝しています。」と冷静に言うと、

なめんじゃねー!と平手打ちを食らわせて出ていく。

俺がGOを出した記事だ、殴られるのは俺だろ。」と、

動画を撮ったスタッフに今の笹美鈴の言動を記事にしておくよう指示をだし、

足早に会食へ向かう。

小野寺に30代女性の恋愛についてのタイトルをダメ出ししていた編集長に、

オンナ30代、その愛貫くべきか

咄嗟にケイトがメモしたタイトルを読み上げOKをもらう。

ケイトはそのタイトルを見て、自身の現状と重ね合わせる。

次々と起こるトラブル

週刊イーストの最大のネタの右トップを飾る予定だった、政治資金流用の告発者が突然掲載の撤回を要求し、特集班の鮫島、木嶋はピンチに陥る。

トップ記事の差し替えの可能性があるため、緊急会議が開かれた。

そんな中、丸山先生と会食中の編集長と東山、野中、小泉は苦戦していた。

先生の新作を、自分たちの東源出版でお願いしたい彼らは必死に接待するが、

編集長がこのピンチ対応の為席を外すと、途端に場がしらけて間が持たない。

そんな中、どうにか告発者を説き伏せ、実名告発することが決まる。

「告発者をホテルに囲め。スイートをとってセキュリティ対策は万全に。慎重にやれよ。」とテキパキと指示を出す編集長はまた会食へと戻っていった。

その頃、黒い帽子をかぶった不審な女性が東源出版のビルを眺めていた。

ホッとする中、小野寺が、野中がケイトと別れたっていってたけど、本当?と聞く。

「フラれたのはわたしなんで、理由は野中にどうぞ。」とケイト。

局長の差し止め

トップアイドル篠原モモカの写真集が出るから、ケイトが書いたモモカの路チューの記事は差し止めてくれと、局長(おかやまはじめ)がやってきた。

ケイトは、私の一存では決められないと言うと、岩谷と話すからすぐに呼び戻せ!という局長。

丸山先生との会食へ戻るタクシーの中で、ケイトのメールをみた編集長は再び編集部へ引き返す。

無理なこと言わないでもらいたいな、と編集長は同期の局長と対決する。

局長は、この写真集は100万部狙ってる、出版社の全員の給料があがると言い、

編集長は、トップ中のトップアイドルの路チュー写真だ、この記事を出したら、写真集もも盛り上がると言うが、両者引き下がらない。

そんな中、東山から「丸山先生、連載降りるって言ってます」と電話は入り、再び会食へ戻ろうとすると、

「丸山先生ってあの丸山先生?なんで俺呼ばないのよ?

気難しくて皆1年もたないのに、俺10年担当したんだよ。」と、

二人は丸山先生の元へ向かう。

今日は嫌な日

路チュー写真をみて、尾高との事を思い出すケイト。

尾高もケイトを思っていた。

コーヒーを淹れていると、グラビア班の田淵が現れ、今日尾高さん来ます?と聞くケイトに、

「なに?尾高ともどっちゃった?野中と別れたのみんな知ってる。」と言う。

なんか、今日嫌な日ですね、黒川デスク倒れるし、編集長殴られるし、というケイトに、

「今日の岩谷さんやたらカッコいいよな、笹美鈴にぶたれた時も平然としてたし」という田淵。

あれで刃物でも出されたらどうなったか分かりませんよ。うちの会社、セキュリティ考えたセキュリティ方がいいと思います、というケイト。

ビルの外には、また不審な女性がいた。

一方、丸山先生との会食では局長のおかげで大盛り上がり!!

東山の一本締めで切り上げる。

早くきりあげてあげたんだから、取り下げてよという局長に、

記事はのせるよ、今日は徹夜だ!という編集長。

黒川デスクから連絡が入り、インフルじゃなかったと聞き、ほっとした編集長は、差し入れのお寿司買って、編集部へ戻る。

編集部に忍び寄る女

一歩、一歩、編集部へ忍び寄る女・・・。

その女は、実力派人気棋士桜庭の妻、和美(三倉茉奈)だった。

バッグからナイフを取り出し、ケイトの腕を刺す。

「あなたのせいで、夫とは帰ってこなかった。

掲載すれば夫は帰ってくると思っていた。

あんな記事書いて、お前のせいで。」

・・・逆恨みからの犯行だった。

キャー!と、叫び声が響く。

やめなさい!と編集長。

「近づいたら、皆死ぬわよ!」

編集部のスタッフたちは、動画を撮ったり、警察に通報するものがいる中、

野中は驚いて動けないでいた。

そこに尾高が登場。

こんなことしてもなにも変わらない、というケイトに。

とどめのナイフを振りかざしたところ・・・

尾高がケイトをかばい、背中を射されてしまう。

和美は、編集長たちによって取り合冴えられる。

「一言多いんだよ、バカたれ。」と、尾高。


オペ室へ入る尾高。

ケイトは、ケガの処置を受けながら、

「尾高さんのケガ、先に運ばれた人の状況はどうなんですか?背中刺されてます!」と、尾高の心配をする。

編集部では、警察が現場検証していた。

騒然とする中、「次の号は、週刊イースト襲撃特集とする」と言う編集長。

続けて、

「週刊イーストは、正義の味方ではない。

恋ならぬ恋愛に対しても誰も弾劾するつもりはない。

不倫する側も、不倫される側も、我々にとっては同じ、

イーストは人間の様々な側面を伝え、

人間とは何かを考える材料を提供したいと考える。」と言う。

病院に付き添った東山から、尾高の手術が終わり、意識もある、ケイトは大事をとって、2、3日入院と報告があり、皆方を撫でおろす。

尾高の刺し傷は、不幸中の幸いだった。

襲撃事件がトップ記事となり、一段と忙しくなる編集部のスタッフたち。

そんな中、何もできずにいる野中には、飲み物を買ってきてと頼まれ、

買い出しに出かけると、この襲撃を聞きつけた多くの記者に囲まれてしまう。

真壁さんはどんな方ですか?何かあったったら連絡くださいと、

深層スクープの記者から名刺を渡され、野中はポケットにしまう。

病院でのケイトと尾高は・・・

ケイトは尾高の病室へ向かっていると、

尾高の病室から出てきた奥さんと子供とすれ違う・・・。

尾高はケイトを思い出し、痛みを堪えて携帯を手にしてケイトにメールする。

いまどこ?という尾高のメールに

ウチにいると返信するケイト。

野中の告発

一方、野中は忙しく飛び回る彼女の小泉や皆を見て、

何やら思った様子で屋上へ上がり、

尾高から言われた「お前最低だな」や、ケイトからの「見損なったよ」という言葉、そして今日のケイトをかばう尾高を思い出していた。

そして、深層スクープの名刺をみて、電話する野中。

真壁ケイトについて、お話しますと言う。

深層スクープの記者と、とある喫茶店で会う。

「真壁ケイトの父親は、

夏休みのキャンプ場でおきた無差別殺人事件の犯人、乃十阿徹です。

そして、母親は映画評論家の真壁杏南です。

この二人は不倫関係でした。

週刊イーストは、いつも真っ当な記事を書いていますが、

不倫の末に生まれた子供が、不倫ネタを書いています」と告発する

知らなくていいコト【第7話】感想

ケイトを刺した犯人は、第6話に登場した和美でしたね!

それにしても、今回の編集長がカッコよかったです!!

佐々木蔵之介さんの演技が光りましたね!!

編集長は、独身なのかな?と気になりました^_^;

前半は笑いどころ満載でしたが、後半は一気にシリアスモードへ突入し、ケイトをかばった尾高。

尾高さんは、いつもケイトのピンチに現れ、まさにヒーローですね。

そして、野中さん・・・、嫉妬からの告発かな?

知らなくていいコト【第8話】予告!

そして、次週は・・・

なんとケイトが、追われる立場に。

尾高さんの「怒りの鉄拳」が炸裂するわよ~!

次週も楽しみですね!

それでは、お読みいただきありがとうございました!!

ABOUT ME
はるはる
ご覧いただきありがとうございます。 年間100本のドラマを視聴しているドラマが大好きな主婦です。 好きなドラマの見どころや感想を綴ります。