知らなくていいコト

知らなくていいコト【第7話あらすじ】ケイトをかばった尾高が刺される!?

この記事は、日テレ水曜ドラマ「知らなくていいコト」の第7話(2020年2月19日放送)のネタバレとなります!

第6話のラストは、尾高(柄本佑)がケイト(吉高由里子)にキスをするという、衝撃のラストシーンでした!!

ケイトを刺した犯人は、尾高の妻?それとも・・・

それでは、日テレ水曜ドラマ「知らなくていいコト」の第7話ネタバレあらすじを見てみましょう!!

知らなくていいコト【第7話】ネタバレ!

尾高おだか(柄本佑)も自分と同じ気持ちだと知ったケイト(吉高由里子)は、不倫を追う立場でありながら道ならぬ恋に惹かれることに罪悪感を抱くが……。翌日、高熱を出した黒川くろかわ(山内圭哉)に代わりデスク代理に指名されたケイトは校了前日の編集部で激務に追われる。そんな中で編集部には次々とトラブルが発生!マネージャーの恫喝を記事にされた演歌歌手(小沢真珠)が殴り込みに訪れたと思ったら、右トップを飾る予定だった政治記事の告発者が突然掲載の撤回を要求しスクープ記事が飛ぶピンチに!

連載を抱える大物作家の接待に駆り出された岩谷いわたに(佐々木蔵之介)が不在の中、編集部は一丸となってトラブル解決に駆け回る。一方、岩谷は気難しい作家との食事会を盛り上げると後を連載班に任せて急いで編集部へ向かうが……。さらに、疲労と活気と混乱が渦巻く編集部には、あることでケイトに恨みを抱いた人物が刃物を手に近づいていた……!週刊イースト始まって以来の大惨事、襲撃事件が発生する!ケイトは襲撃者に刺され……!!そして、ケイトと尾高の関係に屈折した思いを抱く春樹はるき(重岡大毅)は、ケイトの父が殺人犯・乃十阿徹のとあとおる(小林薫)であることをある相手に漏らそうとしていた……。

https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/story/

知らなくていいコト【第7話】あらすじネタバレ

尾高のオフィスのベッドで朝を迎えた二人。

まるで恋人同士のだったころのよう。

尾高に「好き」というケイト。

「俺は器用じゃない。うまく両立なんてできない。」

尾高の言葉を聞き、名残惜しそうに尾高のオフィスを後にするケイト。

二人とも独身の頃は、よくここに泊まってたのに・・・。

週刊イースト編集部の最悪な一日の始まり

イースト編集部では、黒川デスク(山内圭哉)が高熱を出し、インフルエンザの疑い。

そんな中、編集長は気難しくて有名な作家・丸山先生(西村まさ彦)との食事会へ向かおうとしたその時、編集部にヒョウ柄のコートを着た女性が現れる。

演歌歌手の笹美鈴(小沢真珠)が

「人を暴力女みたいに書いて!」

と怒鳴りこんできた。

俺がGOを出した記事。殴られるのは俺。」と言って責任をとり、丸山先生の元へ向かう。

 

編集部に忍び寄る女

またしても、編集部へ忍び寄る女・・・。

その女は、実力派人気棋士桜庭の妻、和美(三倉茉奈)。

バッグからナイフを取り出し、ケイトの腕を刺す。

掲載すれば夫は帰ってくると思っていた。

あんな記事書いたお前のせいで・・・。」

・・・逆恨みからの犯行だった。

和美は、ケイトに再びナイフを振りかざす!

「一言多いんだよ、バカたれ。」

尾高がケイトをかばい、背中を射されてしまう。


オペ室へ入る尾高。

ケイトは、尾高の心配をする。

尾高の刺し傷は、不幸中の幸いだった。

 

病院でのケイトと尾高は・・・

ケイトは尾高の病室へ向かっていると、

尾高の病室から出てきた奥さんと子供とすれ違う・・・。

 

野中の告発

一方、野中は、真壁ケイトの父親は、無差別殺人事件の犯人、乃十阿徹だとリークする。

知らなくていいコト【第7話】感想

ケイトを刺した犯人は、第6話に登場した和美でしたね!

それにしても、今回の編集長がカッコよかったです!!

佐々木蔵之介さんの演技が光りましたね!!

編集長は、独身なのかな?と気になりました^_^;

前半は笑いどころ満載でしたが、後半は一気にシリアスモードへ突入し、ケイトをかばった尾高。

尾高さんは、いつもケイトのピンチに現れ、まさにヒーローですね。

そして、野中さん・・・、嫉妬からの告発かな?

知らなくていいコト【第8話】予告!

そして、次週は・・・

なんとケイトが、追われる立場に。

尾高さんの「怒りの鉄拳」が炸裂するわよ~!

次週も楽しみですね!

それでは、お読みいただきありがとうございました!!

ABOUT ME
はるはる
ご覧いただきありがとうございます。 年間100本のドラマを視聴しているドラマが大好きな主婦です。 好きなドラマの見どころや感想を綴ります。