シロでもクロでもない世界でパンダは笑う

【シロでもクロでもない世界でパンダは笑う】第1話ネタバレ!パロディ満載!流星くんの白衣姿に萌え♡

この記事では、日本テレビ系の新日曜ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」の第1話のネタバレについて解説します。

2020年の日テレ日曜ドラマとして、1月12日からスタートしました!

清野菜名さんと、横浜流星さんのW主演作となります!

超がつくほど、今一番注目されている横浜流星さんの作品ということで、とっても楽しみにしていたドラマです!!

グレーなまま過ぎ去ろうとする問題に、白か黒か、「最凶バディ」が華麗かつ痛快に、真実を暴いていきます。

待ちに待った、「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」の第1話のあらすじ、ネタバレを見ていきましょう。

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」第1話ネタバレ(1月12日放送)

それではさっそく、2020年1月12日にスタートした「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」の第1話の、あらすじネタバレをご紹介します!!

囲碁棋士の川田レン(清野菜名)はネガティブな性格のせいで試合に勝てず悩んでいた。そんなレンの唯一の楽しみは、医学生・森島直輝(横浜流星)と会うこと。世間では、悪人たちを懲らしめる謎の人物・ミスパンダが話題になっていた。そんな中、顔に包帯を巻いた女性が飛び降り自殺し、さまざまな噂が飛び交う。ある日、レンは直輝に呼び出され、パンケーキの店へ。直輝がパンケーキにシロップをかけると、レンの意識は遠のいて…

https://gyao.yahoo.co.jp/special/shirokuro/?source=external.chain_off#chain

シロクロつけるミスパンダだよ!

囲碁棋士の川田レン(清野菜名)23歳は、天才囲碁少女と呼ばれるほど注目されていた。

そんな彼女は、ネガティブな性格で、勝てる勝負にも負けてばかりで、いまでは囲碁喫茶でアルバイトをする日々。

ある日、バイト先の囲碁喫茶で、上坂という国会議員が木に吊るされたニュースを目にする。

そして、上坂が女性への性的暴行を行おうとする映像が、大ビジョンで公開され、世間の目に触れることに。

そこには、上坂を懲らしめる、話題の「ミスパンダ」という白黒つけるパンダの姿があった。

ニュースを見た囲碁喫茶のお客さんやお店のママ(椿鬼奴)も、

みんな知ってるよ!影で甘い汁をすっている輩をスパっとやってくれる!」と大絶賛。

臆病なレンは、自分はミスパンダのように生きることはできないと思うのだった。

愛菜が残した謎の動画

一方、「メンタリストN」という名で、バラエティ番組に出演した直樹。

収録が終わると、テレビ局の報道記者として働く恋人の佐島あずさ(白石聖)が待っていて、あずさの頼みで出演したけど、もう出ないと言う。

そして、あずさから、IT企業に勤めていた横山愛菜(山口真帆)という女性が、飛び降り自殺した話を聞く。

愛菜は自殺直前に、自身が撮った動画を残していた。

その動画は、顔全体に包帯を巻いた愛菜の姿で、「醜い私、さようなら」と言い残し、遺書代わりとなる動画をインターネットにアップしていたのだ。

たちまちネット上では、整形手術に失敗して自殺したのではないか?等様々な憶測がひろかっていた。

Mr.ノーコンプライアンス

あるビルでMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)が直樹を待っていた。

「全世界のすべての兵器や銃がひとつ残らず消えたとしたら、地球は、何トン、ダイエットできると思う?」と言う。

それから、直樹に愛菜が残した動画を見せると

この案件は、あなたが白黒をつけてください指示をだす。

その頃、全日テレビでは、噂になっている横山愛菜の事件について報道会議が行われていた。

神代一樹ディレクター(要潤)は、横山愛菜の整形手術は、花咲整形外科クリニックで行われ、整形ミスだったのではないかと言う。

花咲整形外科クリニックは、番組の強力なスポンサー。(高須院長風 笑

スポンサーを疑うわけにはいかないと、皆反対する中、裏はとっていると取材に向かう神代。

しかし、これはハッタリで、アポなんかとっていなかった。

取材に向かう、神代と、あずさ。

花咲院長に話を聞こうとするが、激高されてしう。

二人の過去

その頃、直樹は過去のある記憶がフラッシュバックしていた。

白骨化した遺体、ペンダント・・・。

一方、レンは、母と過ごした幼い頃の夢をみていた。

目を覚ましたレンは、ベッドサイドに置かれた写真を眺めた。

その写真はレンと母親、そしてもう一人の顔は黒く塗りつぶされていた。

パンケーキ

大学のキャンパスで直樹は、催眠療法につて語る門田教授の話を、熱心に聞いていた。

レンの姿を見つけ、「門田先生の診療を受けにきたの?」と声をかける直樹。

精神科医・門田(山崎樹範)のカウンセリングを受けているレンにとって、通院の楽しみは、医学生直樹と会うことだった。

時折、「パンケーキを食べに行こう」と誘ってくれる直輝に、レンはときめきを感じていた。

「パパパパ、パンケーキごちそうさまでした!」とドキドキしながらお礼をいうレンに、

「またいっしょに行こう、またメールするね」と言う直樹。

Mr.ノーコンプライアンスから指示を受けた直輝は、「これからパンケーキ食べにいかない?」とレンにメールを送る。

カフェで待ち合わせた二人。

ドキドキ舞い上がるレンを見て、「そんなに緊張しないでリラックスして」と優しく微笑む直樹。

パンケーキにメイプルシロップを回しかけ、催眠術をかける直樹。

レンの意識は遠のき、自殺した愛菜のこれまでの出来事がインプットされるかの様に駆け巡り・・・。

ビルの屋上には、ミスパンダに変身したレンの姿があった。

「出番だよ」と、直樹が言うと、

「待ちくたびれたよ、飼育員さん。」とミスパンダは答えた。

ミスパンダが白黒つけるよ!

愛菜の葬儀でミスパンダが現れる!

「本当は気になっているよね?もやもやしているよね?だって、あんな動画を残して自殺しちゃつたんだもんね。でも安心して!私がし白黒つけるから!」と、愛菜の自殺の真相を探る動画を流した。

実は、愛菜の動画には続きがあり、顔の包帯を取る姿が映し出された。

そこには、整形で美しくなった愛菜の姿があり、「花咲院長、本当にありがとうございました。」とお礼を言う彼女の姿が映っていた。

愛菜は、新たな人生を生きようとしていたのだ。

直輝は、IT企業社長の江本(和田正人)が愛菜の死に関わっていることをに気付き、捨てられたはずのトロフィーを置くという罠をしかけていた。

まんまと引っかかった江本は、直樹に襲い掛かる!

江本は手術台に拘束され、ミスパンダが「シロクロ摘出手術」を行うと宣言し、その様子が大ビジョンに映され、街ゆく人たちの目にとまる。

ミスパンダは、動画の続きがあるよね!と再び動画を流し、
「どうしても許せない人がいます。江本です。生きている価値がないと毎日言われているようなものだった。」と、メイク、ファッション、ヘアスタイルにわたり、屈辱的なセクハラとパワハラを受けていたという。

しかし、江本は、愛菜を愛していたと告白。

愛菜へのセクハラとパワハラは、江本のゆがんだ愛ゆえの行動だった。

整形後、愛菜は江本の部下・山崎とともに、この動画をネットにアップすると江本に迫ったが、愛菜の顔が変わったことに逆上した江本は、美しくなった愛菜の顔をトロフィーで何度も殴り、もみ合ううちに愛菜はビルの窓から転落してしまったのだ。

江本は自殺に見せかけようと、愛菜が撮影した動画の一部だけをネットにアップするように山崎に命じていたのだ。

メスを持ったレイは、手術台の江本の目の周りをパンダの様に黒くマジックでぬり、「暴れると私、失敗するかもしれないんで」というレイ(ドクターX 大門未知子風に笑)

すると「ここから出して・・・」という声がレイの脳裏にこだまし・・・

これからせっかく綺麗になって、前向きに生きようとおもっていたのに、そんなの不公平だよ!」と、江本にメスを突き付けた瞬間、

「うん、そうだね。もう帰ろう」と、直樹がレイを止めた。

「あー、もうおわりか」というミスパンダを抱きしめ、「お疲れ様」という直樹。

催眠術から覚めたレイ。

「君と僕は同じ(パンダの)模様なのかもしれないね。」と、眠ったレイをおんぶして歩く直樹。

Mr.ノーコンプライアンスの正体とは?

後日、江本がパンダの様に目の周りを黒く塗られたまま、木に吊るされた写真が新聞に掲載される。

直輝はMr.ノーコンプライアンスに呼ばれる。

そして、「白と黒が存在します。是非あなたにみてほしかった。また連絡します。」と愛菜の死の真相が明らかになったことを褒められる。

そこへ「失礼します。大臣。」と部下が声をかける。

Mr.ノーコンプライアンスの正体は、なんと現役の法務大臣・佐島源造だったのだ。

二人の過去の伏線

翌朝、目覚めたレイの腕には、記憶にない痣が残っていた。

そして、直樹は子供のころの誕生日を思い出していた。

「直樹おめでとう!いつでもパンダが守ってくれるよ。パトカーも白と黒でしょう?」と、パンダのぬいぐるみをプレゼントする警察官だった亡き父・哲也(田中圭)の笑顔があった。

しかし、父は数年後、白骨化した遺体で発見された。

パンダのぬいぐるみの目から、ICをとりだす。

その映像にはコアラが殺害しようとしている映像。

これをみた直樹は、パンダのぬいぐるみを抱きしめ、「パパ?どうして・・・」と、涙を流す。

一方、レンは病院へ見舞いに行く。

そこには、虚ろな目をしていたが、レンの姿を見ると「おかえり!」と微笑むレンの母・麻衣子(山口沙弥加)が入院していた・・・。

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」の第1話の視聴率は?

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」の、第1話の視聴率は、どれくらいだったのでしょうか?

視聴率が分かり次第、UPします♪

 

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」第1話まとめ

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」の第1話は、ミスパンダが悪い輩を懲らしめていく庶民の味方というキャラクターを面白おかしく表現してありましたね。

直樹が睡眠術をかけると、レンがミスパンダに変身しますが、レンは自分がミスパンダという事に気付いていないようね・・・。

むしろ、後ろ向きな性格のレンは、ズバズバと言いたいことをいうミスパンダのようにはなれないと思いつつも、少し憧れを抱いていかのように見えました。

レンは母との過去、直樹は父が殺された過去があり、お互い心に傷を抱えたもの同士、これから復讐劇へと展開していくのでしょうか?

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」第2話のテーマは「不正入試」です。

いったいどうシロクロつけるのか、楽しみです!!

ABOUT ME
はるはる
ご覧いただきありがとうございます。 年間100本のドラマを視聴しているドラマが大好きな主婦です。 好きなドラマの見どころや感想を綴ります。